私というパズル

私というパズル
13%
79%
8%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ジュピターズ・ムーン」「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」のコーネル・ムンドルッツォ監督が、自宅出産直後に悲劇に見舞われた女性の苦悩と再生を描き、主演のバネッサ・カービーが2020年・第77回ベネチア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したヒューマンドラマ。ボストンで暮らすマーサは、パートナーであるショーンとの間に授かった赤ん坊を自宅で出産する準備を整えていた。助産師イヴ立ち会いのもと、壮絶な痛みを乗り越えて出産するが、赤ん坊はすぐに死んでしまう。計り知れない悲しみと喪失感の中で、対立の絶えないパートナーや高圧的な母との関係に苦悩するマーサ。やがて彼女は、世間から誹謗中傷を浴びせられる助産師イヴと法廷で対峙することになるが……。主人公マーサ役を「ワイルド・スピード スーパーコンボ」のカービーが演じ、「トランスフォーマー」シリーズのシャイア・ラブーフ、「エクソシスト」のエレン・バースティンが共演。Netflixで2021年1月7日から配信。

2020年製作/126分/カナダ・ハンガリー・アメリカ合作
原題:Pieces of a Woman

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第78回 ゴールデングローブ賞(2021年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) バネッサ・カービー

第77回 ベネチア国際映画祭(2020年)

受賞

ボルピ杯(最優秀女優賞) バネッサ・カービー

出品

コンペティション部門 出品作品 コーネル・ムンドルッツォ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0Sad Poetic State of the Age

2021年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

I never had a kid, and I never lost a kid, so I don't know what I am missing in this film's mourning philosophy. However, I do see in the film a projection of this world, where all misfortune must be blamed on the first person coincidentally with any causal relation. I also see where the echoes of this sorry state come from the pain in past generations, presented by the protagonist's mother. Goood

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.0リアル過ぎる出産シーン。でも、映画の本番はその後

2021年1月10日
PCから投稿

悲しい

怖い

幸せ

冒頭25分間の自宅出産シーンがあまりにもリアルなので、そのイメージが先行し過ぎているような気がする。しかし、本番はタイトルが画面に表示されたその後。監督たちは出産直後に我が子を亡くした夫婦関係の崩壊や、ホワイトカラー(妻側)とブルーカラー(夫側)の断絶や、それ以上に深刻な母娘の亀裂に容赦なく言及して、観ている側をさらに暗い気持ちにさせる。舞台となるボストンの空に重くのし掛かるどす黒いの雲のように。果たして、主人公は深い喪失感をどう克服していくのか?夫との破綻した関係を修復できるのか?厳格すぎる母親とどう折り合いをつけていくのか?という風に、始まりはショッキングだが、突きつけてくる疑問符はすべて普遍的。大切なものを失った人間が出口を目指して徐々に再生していくプロセスは、始まりがショッキングな分、上向きに推移していく。発端となる"乳幼児突然死症候群"の原因究明や、助産婦が被告として出廷する裁判の詳細など、いくつか考察の甘さはあるものの、女性が生きる上での障害や苦悩、そして生き方そのものにまつわる諸問題を、性差や年代を超えて訴えかける本作のパワーは格別。主演のバネッサ・カービーがそれを演技以上に肉体で表現して、凄まじい迫力がある。演技は肉体表現だと痛感させるオスカー有力作である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

3.5すさまじい

JYARIさん
2021年5月6日
iPhoneアプリから投稿

本当にあったのではないかと思われるような
緊迫感と、
実際に出産しているのではとおもわれるような
現実感。

種を植えるシーンが印象的だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

4.5リンゴのストーリーが美しかった。

えみりさん
2021年4月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

リンゴのストーリーが美しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えみり
すべての映画レビューを見る(全17件)