シュシュシュの娘(こ)

劇場公開日

18%
38%
33%
5%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「22年目の告白 私が殺人犯です」「AI崩壊」などの商業作品で成功を収めている入江悠監督が、出世作の「SR サイタマノラッパー」シリーズ以来9年ぶりに自主映画として手がけた長編作。ある地方都市のはずれで暮らす25歳の鴉丸未宇は、毎朝のダンスを日課に、祖父の吾郎の介護をしている。市役所に勤める未宇は、普段からまったく目立たない存在で職場でも孤立しており、そんな彼女に寄り添ってくれるのは、同じ役所に務める先輩の間野幸次だけだった。そんな間野が、理不尽な文書改ざんを命じられた末に、市役所の屋上から身を投げて自殺した。吾郎から「仇をとるため、改ざん指示のデータを奪え」と告げられた未宇は、愛する間野の仇を取り、市政に一矢報いるため、ひそかに立ち上がることを決意する。未宇役を「ヤッターマン」の福田沙紀が演じるほか、吉岡睦雄、根矢涼香、宇野祥平、井浦新らが顔をそろえる。

2021年製作/88分/日本
配給:コギトワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
入江悠
製作
入江悠
プロデューサー
入江悠
関友彦
撮影
石垣求
照明
高井大樹
録音
古谷正志
整音
古谷正志
装飾
武富洸斗
小道具
武富洸斗
美術アドバイザー
田中真紗美
小道具制作協力
松永桂子
衣装デザイン
高橋正史
忍装束
高橋正史
スタイリスト
小宮山芽以
ヘアメイク
河本花葉
特殊メイク
百武朋
編集
入江悠
音楽
海田庄吾
アシスタントプロデューサー
大條瑞希
監督助手
宮本紘生
ロケーションコーディネーター
高畑祐史
制作主任
宮司侑佑
題字
堀向恵翠
スチール
伊藤奨
宣伝美術
寺澤圭太郎
崎田ハヤト
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ちょっとドジっぽい娘が、忍者の末裔だけに最後は悪い奴らを吹き矢で殺...

2021年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たまちゃん

3.5コメディとシリアスが入り混じった世界

2021年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

入江監督といえば「埼玉のラッパー」、それがとてもよかったので、同監督作品であるから観てみようと思った。
入江監督のワールドらしい、埼玉の地方の町で展開されるコメディタッチとシリアスさが混ざりあったような世界。テンポもよかった。地方の町のロケの風情あってこその雰囲気。
存在感のない、市役所に勤める地味な女子が化けていく様を描いていて、ラストはスカッとするような展開でよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯

2.5バイブスを感じなかった

bionさん
2021年9月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 好きなテイストなんだけどなぁ。もっとコメディーにふってくれれば、最後の展開も楽しめたかも。

 公文書改竄を材料に使うにはいいんだけど、もっとデフォルメするか、自殺に追い込まれるだけのシリアスパートを作って欲しかった。あの展開で自殺は、ちょっと無理でしょ。

 福田沙紀と宇野祥平のとぼけたやりとりは、面白かったし、神社の境内でのドッタンバッタンは、最高なんだけど、罪の重さと命のバランスがとれてない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
bion

3.5埼玉に住んでいるので程良い田舎感が落ち着く、愛ある作品

2021年9月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

コロナ禍で見えた政治的私欲と分断された今の社会を、見事に風刺しシュッと成敗。入江悠監督の気概が伝わるエンタメ作品。

先に余計なお世話だと思う話をしておくと、あんまり入江悠監督作品は相性がいいと言えない。『AI崩壊』も「ネメシス」もダメだったし、ダラダラした会話があんまり面白くないからだ。ただ、今回は違った。やりたいことのビジョンがかなり見えていて、そこに走らせていたのが印象的だった。

市役所で起きた自殺と文書改ざんの秘密を暴くために立ち上がった未宇。実は忍者の血が入っていた…!というタイトル通りの秘密を引っ提げて進む。深谷の丁度よい田舎がリアリティの中にある違和感を包み込む。展開に関しては、ややビハインドが長く劇的には見えにくいが、ラストはスカッと気持ちいい。根矢涼香の演技も観れたのがなんか嬉しかったしほんわかとした長回しも退屈から愉快に変わっていった。

そんな緩くもスパッといく世界で躍るのは、福田沙紀。コロナ禍で『SPEC』を網羅した自分にとって、最近の活躍が無かっただけに観れただけで満足度は高かった。それだけでなく、空気感をラストまでリードしてくれたのが良かった。また、彼女の反撃の狼煙が見れただけで嬉しかった。

作品を通して、社会の分断への怒りとミニシアターへのエールが詰まっている。そんな気概がバチバチ伝わってくる逸品。ちくわ食べ…吹きたいな。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たいよーさん
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シュシュシュの娘(こ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。