カラミティ

劇場公開日

カラミティ
29%
49%
11%
4%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」のレミ・シャイエ監督が、西部開拓時代のアメリカに実在した女性ガンマン、カラミティ(厄介者)・ジェーンの子ども時代を描き、アヌシー国際アニメーション映画祭2020で長編部門のクリスタル賞(グランプリ)を受賞した長編アニメーション。12歳の少女マーサ・ジェーンは家族とともに大規模な旅団に加わり、西へ向けて旅を続けていた。しかし旅の途中で父親が負傷し、マーサが家長として家族を守る立場になる。少女であることの制約にいら立つマーサは、家族の世話をする義務を果たすため少年の姿で生きることを決意。そんな彼女の生き方は、古い慣習を重んじる旅団の人々との間に軋轢を生む。さらにマーサを危機から救ってくれた中尉を旅団に引き入れたことで、盗みの共犯の疑いまで掛けられてしまう。

2020年製作/82分/G/フランス・デンマーク合作
原題:Calamity, une enfance de Martha Jane Cannary
配給:リスキット

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2020 Maybe Movies ,Norlum ,2 Minutes ,France 3 Cinema

映画レビュー

5.0全カットが見どころ

2021年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

アメリカの西部開拓時代の物語を、こんなに新鮮な気持ちで観られるとは。主人公のマーサ(カラミティ・ジェーン)は快活で好奇心旺盛で負けん気が強く、家族想いの女の子。カラミティ・ジェーンは、当時、男の世界だった西部の荒野で女性として活躍した数少ないガンマンの1人だ。ある意味、当時の西部社会の規範を打ち破るような人物だったのだと思うが、そんな彼女の本質が非常によく描かれている。馬車は男が引くものという規範を破り、男の履物であるズボンを履き、汚名を返上しようと自ら冒険にでかけていく。その勇敢さに宮崎アニメのヒロインを思い出す人も多いかもしれない。
アニメーション的には、とにかく色のセンスがすごい。あらゆるカットがひとつの絵画として美しい。ゴーギャンなどの影響ではじまったフォービズムに影響を受けたそうだ。全カットが見どころと言っても差し支えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

4.0大自然で飛び出す快活なアクションが最高

2021年9月26日
PCから投稿

引きの画面(遠景)では心の中がサーッと晴れ渡るような鮮やかな色遣いの雄大な描写が広がり、寄り(接写)では表情豊かな各キャラクターの感情や意志が気持ちよくリズミカルに飛び込んでくる。「ロング・ウェイ・ノース」のシャイエ監督が紡ぐこの独特なアニメーションは、今回もまた気の遠くなるほど果てしない大自然を進みゆくロードムービーでありながら、時折、瞬間的に沸点に達するかのような快活なアクションをもダイナミックに展開させ、観客の心を引き付けてやまない。主人公のカラミティ・ジェーンといえば西部開拓時代を代表するガンマンだが、この元祖女性ヒーローとも言うべき人物の幼少期、つまり「エピソード1」の中で彼女が自分の意志で決断し、行動し、何かを成し遂げていく様が力強く、楽しく、感動的だ。ちなみに字幕版では、このフロンティア精神を象徴する物語にフランス語のセリフが息づいており、その無二の混合ぶりも魅力の一つかと。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0厄介者? いや、勇気ある者

近大さん
2022年5月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大

4.0美しさとエンターテイメントの配分のよさ

mikyoさん
2021年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

レミ・シャイエ監督の新作は何度か過去に映画にもなったことのある女性ガンマン、カラミティ・ジェーンの子供時代の冒険活劇を美しい映像で描いたアニメーション。

美しい映像にただ見惚れてしまうが、ストーリーもなかなかアドベンチャーで眠くなることはない。家族で見るのもおすすめ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る