T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版

劇場公開日

T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版
T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

戦車同士の迫力の戦闘シーンや仲間との友情や絆、国を超えた男と男の戦いなど熱い内容で話題を呼んだロシア製戦争アクション「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のディレクターズカット版。2019年10月に日本で劇場公開されたインターナショナル版(通常版/113分)、20年2月に公開されたダイナミック完全版(139分)よりさらに長く、本編は3時間11分(191分)に。ニコライとステパンとの知られざる確執や、アーニャとイェーガーとの秘められた関係、イェーガーの軍人としての資質、そしてT-34の乗務員がどのように選出されたのかなど、戦闘やドラマ部分など新たなシーンが大幅に追加されている。第2次世界大戦下、ナチスドイツの捕虜となってしまったソ連の新米士官イヴシュキンは、収容所で行われる戦車戦演習で、ソ連軍の戦車T-34の操縦を命じられる。しかし、与えられたT-34は実弾も装備されず、演習で敵の砲火の的になることは明らかだった。そんな死の演習を前に、T-34の整備を命じられたイヴシュキンは、収容所の仲間とともに脱出計画を立て、実行に移す。

2018年製作/191分/G/ロシア
原題:T-34
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

映画レビュー

5.0【”生涯、君と共に・・” 唸りを上げる戦車砲弾、ソ連戦車VSドイツ戦車&ニコライ・イヴシュキン戦車長VSイェーガー大佐再び。アドレナリン大噴出のロシア製エンタメ作品、深みを増して再々降誕。】

NOBUさん
2020年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

5.0#59 どんなに長くても面白い

Yuko Kudoさん
2020年8月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

色んなエピソードが追加されて更に面白くなった。

3時間長の長さなんて全く感じさせない。

ニコライがイケメンすぎてアーニャじゃなくても惚れちゃう。

もっと長いバージョンもあったら公開してください。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Yuko Kudo

5.0時間だけでなく

Shizukaさん
2020年8月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

面白さと奥深さが増した!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Shizuka

4.5エンタメと人間ドラマが最高の作品!

イゲさん
2020年8月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

オリジナル版とダイナミック版は観賞済み。
3時間越えの長丁場だったけど飽きることなく観賞。
本作は登場人物の繋がりを重視した人間ドラマがなかり追加された感じ。
戦闘シーンも今まで観ていないシーンが追加されて満足度は高め。

エンタメ度もドラマ性も凄く高い。
自分的にはエンタメ重視のオリジナル版が好み。
だけど本作が観れて本シリーズの本当の凄さが解った感じがします。

意外だったのが女性の観賞客が多く、ざっくり5割は若い女性だった感じ。
自分の前席の女性は「座席はT-34に座りたかったけど34列もなかった(笑)」とか言っててその思い入れにビックリ(笑)

女性の皆さんは主役のニコライ目当てなのか?
気になるます( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
イゲ
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版」以外にこんな作品をCheck-inしています。