名も無き世界のエンドロール

劇場公開日:

名も無き世界のエンドロール

解説

岩田剛典と新田真剣佑が初共演し、第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を映画化。それぞれ複雑な家庭環境で育った幼なじみのキダとマコト。同じ境遇の転校生ヨッチも加わり、3人で支え合いながら平穏な毎日を過ごしてきた。しかし、20歳の時にヨッチが2人の前からいなくなってしまう。そんな2人の前に政治家令嬢でトップモデルのリサが現れ、マコトは彼女に強い興味を抱くが、まったく相手にされない。キダはあきらめるよう忠告するが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまう。そして2年後、裏社会に潜り込んでいたキダは、リサにふさわしい男になるため必死で金を稼いでいたマコトと再会する。マコトの執念と、その理由を知ったキダは、マコトに協力することを誓い、キダは「交渉屋」として、マコトは「会社経営者」として、それぞれの社会でのし上がっていく。そして迎えたクリスマスイブ、マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとするが、それは2人が10年の歳月をかけて企てた、ある壮大な計画だった。監督は「累 かさね」「キサラギ」の佐藤祐市。

2021年製作/101分/G/日本
配給:エイベックス・ピクチャーズ
劇場公開日:2021年1月29日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

映画レビュー

3.5岩田剛典と新田真剣佑の新境地 それと、中村アンがいい

2021年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

岩田剛典演じるキダ、新田真剣佑扮するマコトは、複雑な家庭環境で育った幼馴染み。
片や裏社会の交渉屋、片や会社経営者としてのし上がっていくさまが描かれているが、2人にとって新境地ともいえる役どころと言えるのではないだろうか。女性ファンならずとも、眼福に違いない。また、モデル役で出演している中村アンが、今回非常に説得力があった。

コメントする (0件)
共感した! 20件)
大塚史貴

3.0イケメン二人だけど

2023年8月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 3件)
共感した! 4件)
りか

1.5ラスト20分の前にひっくり返ってた

2023年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

なんのひねりもなく、最初30分~1時間くらいかな、でラストが見えました。という意味でつまんない映画でした。
配役 新田くん、自分の中では大根認定。ちょっとひどいが演出が問題なのかは不明だが彼の出演作2作観て同じ印象。岩田くんはまあまあ。
演出 正直、かったるい。一つの時間の流れにそれぞれの過去を織り込んでいく手法はよくあるんだけど、結論が早々に読めちゃうのでストーリーがつまらなくなる。
映像 音響 バカでかいテレビを観ているようだった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
zem_movie_review

4.0メロドラマだが、岩田くんが見られて良かった。

2023年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

メロドラマだが、岩田くんが見られて良かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
えみり
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る