おもかげ

劇場公開日

おもかげ
おもかげ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

幼い息子を失った女性の希望と再生の旅路を描いたミステリードラマ。エレナは元夫と旅行中の6歳の息子から「パパが戻ってこない」という電話を受ける。人気のないフランスの海辺から掛かってきたその電話が、息子の声を聞いた最後だった。10年後、エレナはその海辺のレストランで働いていた。ある日、彼女の前に息子の面影を持つ少年ジャンが現れる。エレナを慕うジャンは彼女のもとを頻繁に訪れるようになるが、2人の関係は周囲に混乱と戸惑いをもたらしていく。スペインの新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン監督が、2017年に製作しアカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされた短編「Madre」をオープニングシーンとして使用し、息子を失った女性の“その先”の物語を描き出す。第76回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門に出品され、エレナ役のマルタ・ニエトが主演女優賞を受賞。

2019年製作/129分/PG12/スペイン・フランス合作
原題:Madre
配給:ハピネット

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0蛇足感

2020年10月26日
PCから投稿

冒頭のワンカット撮影な、6歳息子からの「パパとはぐれた」って電話を受けた、母親(エレナ)の狼狽ぶりがすべてではないか。
どうやらここが、様々な賞を取った短編部分だったようだ。

あとは、喪失感にさまよう十年後を描いているものの、蛇足な印象。
人生ではいろいろな別れがある。
親、パートナー、子供、親友…
自分も多くの大切な人を喪ってきたので、そのつらさは分かる。
そこから立ち直ることが容易ではないことも。
しかし、延々とそのつらさを見せられてもきつい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コージィ日本犬

2.0がんばれヨセバ

Bacchusさん
2020年10月25日
Androidアプリから投稿

悲しい

単純

難しい

6歳の息子が父親との旅行中のフランスのビーチで行方不明となり10年後、息子に似た少年を見かけて巻き起こる話。

息子がいなくなったビーチのレストランで店長として働く主人公の前に、息子に似た少年をみかけ、思わず後をつけてしまったら、後日それに気付いていた少年がレストランに現れて、交流が始まって行く。

息子の生死について語られることはないけれど、「息子が失踪してイカレたスペイン人」と噂されているから、死んだという設定ではない模様。
それでも、息子ではないのは判っていて、でも、息子がここにいたらこんな子何だろうという思いから、積極的に彼女のもとにやって来る少年に心を掴まれて…。

主人公の思いはまあ、理解出来るし読み取ることは出来るけど…。
ジャンは噂を知っている?担ごうとしている?同情?何て考えがうかんでくる。

3人組との件でもどうかしてるを連発されて、そっちに印象を振ろうとしている?ここに関しては全然イカレている様に感じないのは日本人だから?

元旦那との件は、ちょっとイカレている感じもあったし、そこから後は確かにイカレていたけど…なんだそれ?どういう感情ですか?
ラス前までかなり面白かったけど、台無しにされた感じ。

ストーリー的には殆ど関係ないにしても、元旦那出してあんな会話するなら、10年前何があったか、そしてどう今に繫がるか、後出しでも良いけどもう少しみせて欲しいもんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus

3.5独特なミステリアスさに引き込まれる

KZKさん
2020年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 18 件)
KZK

3.0少年

2020年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

人は、それぞれ程度の差はあれ、心に闇の部分を抱えている。それが後々の人生に、どのような影響を及ぼすものかどうかは本人にしかわからない。
この主人公は最愛の息子を失い、失意のなか、その呪縛から逃れるために敢えて人気の多い避暑地で働き、様々な人と触れ合い、気を紛らわしているのではないかと想像できる。しかしながら、ぽっかりと空いた心の隙間は埋められずにいる。そこに登場した少年にかつての息子の影を見出し、心、かき乱されるのであるが、ちょっと間違えればストーカーまがいの行為とも捉えかねられない。
そういった主人公の心情を、より深く理解することはできなかったが、少年の心が清らかで、主人公に寄り添い続ける姿勢には共感が持てた。
しかしながら、危惧してた寝落ちを短時間繰り返したのは痛かった。なんとか後半は見続けられたので良かったが・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
オクやん
すべての映画レビューを見る(全8件)