劇場公開日 2020年10月23日

おもかげのレビュー・感想・評価

3.526
13%
44%
41%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全26件中、1~20件目を表示

3.0おもかげを追うだけの人生

2020年12月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねぴちゃん

4.0本作品のロドリゴ・ソロゴイェン監督が2017年に制作し、様々な国...

2020年11月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

本作品のロドリゴ・ソロゴイェン監督が2017年に制作し、様々な国で評価を受け、昨年のアカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされた18分の短編映画「Madre」
(この時受賞したのは「SKIN」でした)

短編の「Madre」が観られると知り、本作品の公開前に鑑賞しました。
18分ワンカットの映像は緊迫感のある内容でかなり心がざわざわしました。
この短編をそのまま使用した長編が
本作品の『おもかげ』

前々から公開を楽しみにしていたことと、短編のあのざわざわ感がどう展開するのかとても興味があったので、初日の10/23に鑑賞。

結論から先に書いてしまうと、個人的にものすごく好きな作品。自分の今年のベストムービの一つになるんじゃないかなぁ。

鈍く立ち込める灰色の空
波の荒々しさ
慌ただしく放たれるSpanishの口調

左から右側に2度
右から左側に1度
そして中央からこちら側に1度
この描写は主人公の心の動きが
こちらに伝わってくるようでぞわぞわした

その主人公エレナを演じるているのはマルタ・ニエトさん。彼女の憂いのある美しさもそうなんだけど、短編部分からの表情の変化が実に素晴らしくて、喪失感がある出逢いとともにだんだんと充たされてゆく表情が素晴らしかった。

カメラワークの独特な感じも好きだなぁ。カウンター越しの会話を広角な感じで映すところとか。

そして題名「MADRE」の意味は「母」
二人のMADREのところは、母親としての想いと1人の女性としての気持の部分が交差していてまたまたゾワゾワ。
全体的に観ている側に委ねてくる作りな気がするので、はっきりとしない部分もあるけれど、そこが自分には魅力だったかなぁ。
上映が終わる前にもう一度観ようと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイルドとみまる

3.5悲しみは当事者とでないと共有できない。

2020年11月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

どんなに現在の自分を好いて、理解しようとして、守ろうとしてくれても、過去に起こってしまった慟哭を伴う悲しみが共有されることはない。むしろ近づくほどに生じるのは疎外感。息子のおもかげを追うことで恋人が去り、最後に主人公が語りかけたのは皮肉にも、究極の怒りをぶつける対象でありながら、唯一共感しあえる同士でもある元夫だった。
スペインとフランス、国境は接していても何かと文化の違いがありそうな国柄のようだ。どちらかというとフランス人の上から目線。スペインの室内壁の色は漆喰の白そのまま、家具はシンプルな木製。こちらの方が日本人の感性に近いかな。引っ越しの荷物も少なそうで、見習いたいな、、、なんてバイパス思考も働いた。
世代の境、家庭内の境、国の境、海と陸の境、電話の此方と彼方の境。境の切なさが印象に残る映画だった。そして波の音と映像。息子が行方不明になったかもしれない現場で生きるなんて辛すぎる、と最初は思ったけど、沈む夕日と海辺に勝る癒しはないのかも知れない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トマソン

3.0オープニングは凄い。後半は・・・

TOMOさん
2020年11月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

引き込まれる緊迫したオープニング。
強く風が吹く荒波の音だけが響く、
人のいないビーチ。

まるで作品を観終わった後の私の気持ちのよう。

行方がわからなくなった息子の面影がある少年を追い、
その少年から一人の女性として愛される、、、
なんとも不思議な・・・

特に後半のエレナの行動は共感出来ず、、
少年を息子と重ねていたなら、
あんな行動をとるか・・・?
あえて狂気じみたところも描いたということなのか、、
途中でちょっと気分が悪くなってきてしまった。

…もやもやした感じが残るフシギな作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TOMO

3.0彼女だけがわからない。

MARさん
2020年11月15日
PCから投稿

悲しい

難しい

10年前、息子を失ってしまった母親が、息子がいなくなったビーチ(⁉)で働くなかで、息子のおもかげがある16歳の少年と出逢い、そこから巻き起こっていく不思議な物語。

序盤、短編部分での、息子がいなくなったとヒステリックを起こす母親の演技は鬼気迫るものがある。非常に緊張感のある場面だったが、話が10年後に飛ぶとがらりと雰囲気が変わり。。

美しい夕日とビーチに癒される空間。
見た目も若々しく美しい主人公だが、16歳の少年があそこまでグイグイ行くとは。
ワタクシも十代の時分には年上の女性に強いあこがれを抱いたものだが、まさかあんなことはできるわけもないよなぁ…と思いつつ、エレナとジャンの奇妙な関係が始まっていく。

エレナに憧れを抱くジャン、エレナに未練がある元夫、ジャンとエレナの関係を快く思わない彼氏、エレナを不審に思うジャンの家族。登場人物の誰にも感情移入できるが、唯一エレナの気持ちだけが読めない。

ジャンの友達たちにも、比較的溶け込めている印象、それでいて彼ら彼女らをうまくかわす能力も持ち合わせている大人なエレナだが、ジャンを見る目は母親としてのそれなのか?

個人的にはそうであってほしいと願いつつ、最後の車での展開は?
ジャンの気持ちはわかるがエレナは…そうはなってほしくはなかったかな。。

そして最後の最後のシーン。ああしたってことはつまり、このひと夏の物語の結果で、ずっと抱えていた思いに区切りがついたということか?

多くの謎は残るし、色々な解釈がありそうだけど、子供を失った一人の女性が立ち直る物語とのことなので、この解釈で正しければ個人的には良い物語だったので、そう思うことにしよう。
ホワイトアウト(というと意味が違うか?)な幕引きは手法として好き。

物語の他、賑わっていて綺麗なのに、どこか物寂しさも感じるビーチが美しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
MAR

4.0美しい風景

H1DE!さん
2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

性的な目線じゃなく
息子への愛情から始まる
少年への想い

凄くせつなかった

この感覚は
女性にしかわからない事
なんじゃないか?

フランスの風景や
バーの雰囲気
部屋の作り
ファッション
ライフスタイル

見てるだけで
溜め息出てきますね〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
H1DE!

3.0親子愛

2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごっとん

4.0歳下男子への愛は沼。。。

ZUNKOさん
2020年11月8日
iPhoneアプリから投稿

ブランチでLiLiCo姉さんがおすすめしていたので
観てみたら。。
久しぶりにヨーロッパ系のモヤモヤゆるゆるに、
なんというか、リラックスしながら
興奮出来るストーリーでした。

息子を亡くした母としておもかげを
彼に重ねるのは予告でわかっていたので、
もしかしたら、、あのファミリーの養子?みたいな、
もしかしたらエレナの本物の息子?の
ような期待も持ちながら観るのだけど、、
いつしか、男女関係に、恋に、落ちてしまえ!と
応援する自分がいました。。はぁ。

そして、恋心ってやっぱり10代から70代ぐらいの
間なら、立場に関係なく派生するものなのかなぁと
改めて人の気持ちの不確かさに感銘しました。

アラフォーアラサー女子なら
エレナの魅力はちょっと分けて頂戴なって
言いたくなると思います!
下着なんて簡素でもスレンダーなら良いのかな?
とか笑
私も仕事するときはお団子ヘアにしようかしら
なんて反芻する帰り道でした。

まだ19歳のジュールポリエ君の今後にも
いま自分で映画を作り始めたという
エレナ役のマルタニエトさんの
その作品にも期待が膨らみます!

アデュー!
今日はフランス系の白ワイン飲もっと。

@シネスイッチ銀座

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ZUNKO

3.0ひと夏の出来事

2020年11月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

冒頭の短編版とはまるで別人…
主人公エレナは表情も無く薄笑うだけの痛々しい日々を過ごしている…息子をただ、ただ想いながら…彼女が被害者である事実に胸が詰まった

が、息子によく似た少年ジャンと出会い母性が恋に向かって行く過程には共感は出来ない
ジャンの想いを止める事は不可抗力であろうともエレナ自身がジャンを受け入れる事は彼の家族やエレナを支える恋人に対しても残酷で大きな罪だ!
誰が幸せに?

ジャンにとって、この恋はひと夏の「想い」で済ませて欲しい…エレナ対しての「影」を残す事も無く…
そしてエレナにも今後再生へ向かう人生を歩んで欲しい

観手によって評価も印象も変わり違うだろう

ヴューブコーレバンの海辺がとても印象的でした
サーファーが浜辺を歩いてはいたが実際海には誰も入って居ない💦
あの荒削りな波を乗りこなすのはかなり厳しい…と、波・乗り子の私は余計なチェックをしてしまいました😁

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ねもちゃん

3.0ある意味驚きのラスト

minaさん
2020年11月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

王様のブランチの映画コーナーで紹介されているのを見て、スペイン語に反応して観に来てしまいました。

大切な人を失いそうな時に何もできない無力感、誰かのせいにせずにはおけない喪失感、色々なものから彼女を救ったのは「許し」だったのだと思います。

ジャンといる時のエレナは、とても美しかったなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mina

5.0結果的に観て良かったです。

じゅんさん
2020年11月7日
Androidアプリから投稿

サスペンス映画だと思って映画館に入ったのですが、青春映画になり、恋愛映画で終わりました。
最初の事件が 宙ぶらりんというところは 確かにサスペンス(宙ぶらりん)映画ではありますが。
 制作費が莫大なハリウッド映画と違って、クラシカルなフランス映画を観た時のような余韻が残ります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
じゅん

3.0母より女

hkr21さん
2020年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

短編はドキドキして、これからのストーリーに期待大きく
ワクワクしていたのですが…。
10年後のストーリーのエレナにまったく共感できずでした。
息子の「おもかげ」が残る少年に、どんな気持ちで接するのか…。
息子を思い描いて接してるにしたら、ちょっと怖い。
息子のおもかげのある少年に恋愛感情を抱いて接するなら、もっと怖い。
そこを、ぼやかしてるから余計モヤっとした。
どちらにせよ、母親であったのに、少年の家族に対しての配慮が全くないし、
相手の母親の気持ちは解らないんだ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hkr21

3.0途中から急に物語も撮影もダレた気がした。 エレナはジャンに息子を重...

2020年10月31日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
コーヒー

3.0それは、母の愛なの?あらたな恋なの?

2020年10月31日
Androidアプリから投稿

真実はすべて霧の中のような、観る人にその判断を委ねるような展開。

登場するどの人の気持ちも曖昧で、何かを我慢しているような。
スペインとフランスの境界で、2つの国の国民性もあぶり出すような。

子どもとわかっていても、16才の思春期男子が「子ども」か?と聞かれれば、微妙。
背伸びして、煙草は吸う、女性経験はある、お酒も飲む。
グイグイ来られたら、純粋な子どもの部分も持ち合わせているだけに、深みにハマってしまうかもしれない。

彼女の心の揺れ、抑えられない気持ち、観ているときの感情と、あとからやってくる気づきとが観た者の心を揺さぶる作品だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミツバチば~や

4.0母親不在の場所で一人息子が行方を断つ。心の深い傷は快癒するか?

2020年10月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

母親が不在の場所で一人息子が父親に捨てられたか?6歳の息子が父親とはぐれて母に救いを求める声だけが受話器越しに聴こえる。どうやらスペイン寄りのフランスの浜辺らしい。その事件以来10年浜辺の店で働く母親のエレナ。息子がいたら16歳か。バカンスでパリから来た一家の息子ジャンに行方不明の息子の面影を見るエレナ。ジャンは赤の他人であっても、我が子の成長の姿を重ねる。ジャンの行動の一つ一つが興味深く気になる。エレナにとり男女間の恋愛感情は生じないが16歳の少年は次第にエレナに惹かれて行くのはオトナの女性への興味と憧憬もあるだろう。ジャンの家族は息子を誘惑し堕落させるエレナを敵視し二人を会わせないように方策を講じる。感情の行き違いはMAX。恋人とやり直そうと引っ越し作業の真っ最中にジャンから一人で道に迷った、とSOSの着信。恋人を振り切り10年前の二の舞は踏まないとジャンの元へ急行する。発見した。エレナは狂喜乱舞。やっと母親の役割を果たし深い傷は癒えるか?たぶんこうして少しずつ気持ちにケリをつけていくのではないか?恋人はエレナを理解し深く愛している、しかし、エレナの心的外傷は自分でしか治癒できないのだ。ラスト、元夫に自ら電話をしたのは彼を許すことで自分の囚われている柵を解放しようとしているのではないか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bon voyage

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年10月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

気になって
短編を観た帰り前売り券を即購入
.
.
2017年製作の短編映画「Madre」
その先を描いた「おもかげ」
18分の短編はそのまま長編作品の冒頭へ
.
息子からの電話が切れた
それから10年後
エレナの物語が続く。
エレナは海辺に移り住んでいた
ここはあの子が居なくなった場所?
10年の間
エレナの時間は止まったままなのかな…
もし私がその立場だったら…
色んなことが頭の中を駆け巡る冒頭
.
息子の面影を持つ少年に出会う
2人の関係は…
その愛は母性なのか女性としてなのか
エレナの感情は
寄せては引く波のよう
出会ったことで
光が見え人生はまた動き出す
.
短編Madreとは繋がっているけど
違うお話
気になっていたその後を観てきました
.
子を失う母に自分を置き換え観てた
自分を…赦せる日がくるのか…
ずっとずっと苦しかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lilyrose

5.0母性愛と性的欲求は一緒なの?

2020年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
f(unction)

3.0おもしろいけど共感はしない

2020年10月27日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
三毛猫泣太郎

3.0蛇足感

2020年10月26日
PCから投稿

冒頭のワンカット撮影な、6歳息子からの「パパとはぐれた」って電話を受けた、母親(エレナ)の狼狽ぶりがすべてではないか。
どうやらここが、様々な賞を取った短編部分だったようだ。

あとは、喪失感にさまよう十年後を描いているものの、蛇足な印象。
人生ではいろいろな別れがある。
親、パートナー、子供、親友…
自分も多くの大切な人を喪ってきたので、そのつらさは分かる。
そこから立ち直ることが容易ではないことも。
しかし、延々とそのつらさを見せられてもきつい。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
コージィ日本犬

2.0がんばれヨセバ

Bacchusさん
2020年10月25日
Androidアプリから投稿

悲しい

単純

難しい

6歳の息子が父親との旅行中のフランスのビーチで行方不明となり10年後、息子に似た少年を見かけて巻き起こる話。

息子がいなくなったビーチのレストランで店長として働く主人公の前に、息子に似た少年をみかけ、思わず後をつけてしまったら、後日それに気付いていた少年がレストランに現れて、交流が始まって行く。

息子の生死について語られることはないけれど、「息子が失踪してイカレたスペイン人」と噂されているから、死んだという設定ではない模様。
それでも、息子ではないのは判っていて、でも、息子がここにいたらこんな子何だろうという思いから、積極的に彼女のもとにやって来る少年に心を掴まれて…。

主人公の思いはまあ、理解出来るし読み取ることは出来るけど…。
ジャンは噂を知っている?担ごうとしている?同情?何て考えがうかんでくる。

3人組との件でもどうかしてるを連発されて、そっちに印象を振ろうとしている?ここに関しては全然イカレている様に感じないのは日本人だから?

元旦那との件は、ちょっとイカレている感じもあったし、そこから後は確かにイカレていたけど…なんだそれ?どういう感情ですか?
ラス前までかなり面白かったけど、台無しにされた感じ。

ストーリー的には殆ど関係ないにしても、元旦那出してあんな会話するなら、10年前何があったか、そしてどう今に繫がるか、後出しでも良いけどもう少しみせて欲しいもんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bacchus
「おもかげ」の作品トップへ