【「おもかげ」評論】濃密なサスペンス短編を予想もつかない形で発展させた、ある母親の謎めく心の軌跡

2020年10月24日 21:00

観客をまさしく宙吊り状態に投げ出したまま幕を閉じる短編の“その後”を描く長編映画
観客をまさしく宙吊り状態に投げ出したまま幕を閉じる短編の“その後”を描く長編映画

いきなり冒頭、息もつまる見どころがやってくる。マドリードの自宅アパートにいる若い母親エレナのもとにかかってきた1本の電話。その電話の主は、離婚した元夫とフランスを旅している6歳の息子イバンだ。母子の微笑ましい会話は、なぜかイバンが誰もいない海辺に置き去りにされていることが明らかになるにつれ、不穏な空気が漂い始める。そしてひとりぼっちのイバンの身に危険が迫るや、エレナの漠然とした不安はより具体的で生々しい戦慄へと変わり、ついには決定的な恐怖と化していく。

ある日突然、ひとりの母親の穏やかな日常が崩壊する約15分の出来事を映像化したこのオープニングシーンは、ロドリゴ・ソロゴイェン監督が2017年に発表し、米アカデミー賞短編映画賞にノミネートされた「Madre」をそのまま使用したもの。ワンシーン&ワンカットで撮られているため、電話の向こう側の息子の姿は一切映されず、最終的に彼がどうなってしまったのかも描かれない。観客をまさしく宙吊り状態に投げ出したまま幕を閉じる短編の“その後”を描く長編映画、それが「おもかげ」だ。

はたして主人公エレナの息子は何者かに誘拐されたのか、彼はどこへ消えてしまったのか……。冒頭シーンに続いて息子の捜索が始まるのかと思いきや、映画は観客の予想を裏切って“10年後”へと時制を飛躍させる。息子の失踪現場からほど近い海辺の町で暮らしているエレナの前に現れたのは、消えた息子の面影を宿す十代半ばの少年。すると、ふたりは年の差も周囲の目もお構いなく、それが運命であるかのように猛烈に惹かれ合い、親密な結びつきを深めていく。

最終的に成就するはずのない禁断の愛の行方から目が離せない本作は、広角レンズとステディカムを駆使した長回しの映像スタイルが特異な浮遊感を醸し出す。とりわけ真っ白な波しぶきが悠々と押し寄せる浜辺の情景が圧巻。劇中に幾度となく挿入されるその神秘性を湛えたショットは、エレナが繰り返し見る“夢”の光景でもあり、最愛の我が子を奪われた彼女の埋めようのない喪失感のシンボリックなイメージにもなっている。

冒頭の濃密なサスペンス短編を意外な形で発展させたソロゴイェン監督は、悲しみの牢獄に囚われた母親の再生への道のりを紡ぎ上げた。しかも鬱蒼とした森のシダのように、最後まで解かれないミステリーと人間の感情の不可解さが絡みついたその心の軌跡は、途方もなくスリリングで夢幻的な映画体験をもたらすのだ。

(高橋諭治)

シネマ映画.comで今すぐ見る

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
おもかげ(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 藤岡弘、の息子・藤岡真威人、仮面ライダー1号/本郷猛役に挑戦!「やらなきゃならない宿命」

    1

    藤岡弘、の息子・藤岡真威人、仮面ライダー1号/本郷猛役に挑戦!「やらなきゃならない宿命」

    2021年11月30日 04:00
  2. 「マトリックス レザレクションズ」は「続編ではない」 脚本家が「独立した作品」と明言

    2

    「マトリックス レザレクションズ」は「続編ではない」 脚本家が「独立した作品」と明言

    2021年11月30日 11:00
  3. 山田涼介が大怪獣の死体処理に奔走「大怪獣のあとしまつ」予告、ポスター、13人の豪華追加キャスト発表

    3

    山田涼介が大怪獣の死体処理に奔走「大怪獣のあとしまつ」予告、ポスター、13人の豪華追加キャスト発表

    2021年11月30日 07:00
  4. 「ピンク・フラミンゴ」50周年記念 ジョン・ウォーターズ「マルチプル・マニアックス」元旦に日本初公開

    4

    「ピンク・フラミンゴ」50周年記念 ジョン・ウォーターズ「マルチプル・マニアックス」元旦に日本初公開

    2021年11月30日 12:00
  5. Netflix版「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星が鋭い視線を向けるキーアート&場面写真披露

    5

    Netflix版「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星が鋭い視線を向けるキーアート&場面写真披露

    2021年11月30日 08:00

今週