はりぼて

劇場公開日

はりぼて
35%
53%
11%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人間の狡猾さと滑稽さを浮き彫りにする様子を描いたドキュメンタリー。市議14人をドミノ辞職に追い込んだ「政務活動費を巡る調査報道」で日本記者クラブ特別賞などを受賞した富山のローカル局チューリップテレビが、その後3年間にわたって取材を重ね、テレビ番組放送後の議会のさらなる腐敗と議員たちの開き直りともいえる姿を追う。2016年、チューリップテレビのスクープ報道により、「富山市議会のドン」といわれる自民党重鎮の不正が発覚した。これを皮切りに議員たちの不正が次々と判明し、半年間で14人もの議員が辞職する事態に。富山市議会はその反省をもとに厳しい条例を制定するが、3年半が経過した2020年には、議員たちは不正が発覚しても辞職せず居座るようになっていた。そんな議員たちを取材し、政治家の非常識な姿や滑稽さを目の当たりにしていく記者たちだったが……。

2020年製作/100分/G/日本
配給:彩プロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
服部寿人
撮影
西田豊和
編集
西田豊和
テーマ音楽
田渕夏海
音楽
田渕夏海
音楽プロデューサー
矢崎裕行
語り
山根基世
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)チューリップテレビ

映画レビュー

5.0私たちははりぼてであり、政治家はカラスである

2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

カラスが良い。カラスのインサートショットや本筋とは関係ない公園のカラス駆除のエピソードが挟まれるのだが、これが良いメタファーとして機能している。
公園課の職員が「カラス禁止」の立て看板を設置しながら言う。「カラスは看板の文字を読めないけど、公園に来た市民がカラスを監視してくれればいなくなる」。
富山市議会の屋根に大量のカラスが群がるショットがある。不正を働く市議会議員たちは、汚い金に群がるカラスのようなものだと言っているわけだ。そして、それは市民が監視をせねばならない。
その権力の監視役たるメディアがこの作品の主人公だ。地道な調査報道で領収書の捏造を暴き、多くの市議を議員辞職に追い込むことに成功する。だが、不正が次から次へと発覚し、次第に議員側もスキャンダル慣れしてしまい、辞職しなくなっていく。結局、何も変わらないことに愕然とする。
メディアが主人公だが、メディアを持ち上げるわけでもなく、自分たちもまた「はりぼて」であることを示唆して映画は幕を閉じる。市民も政治家もメディアもはりぼてから人間にならないといけない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
杉本穂高

5.0お笑いな悲劇

redirさん
2022年6月11日
iPhoneアプリから投稿

出でくるおっさん、みな、あまりにも薄汚く知性もなく、この人らが選挙に出て当選するて、どーゆーことなんですか、と思う、たまたま自民党員なる謎の人らが人口対比たくさんおられる富山県なのか、相対的に日本国の縮図であり本当にこのような高額な報酬もらいさらに血税を泥棒するような人らが議員とかなんとかいうタイトルで人前で偉そうにしているが反知性というかノー知性な方々で、富山だけじゃないよな。自民党とか維新とか選挙すれば勝つわけだしな。
せっかく待ちに待ったこの映画、やっとネット配信で見られたのでもう一度見たいがあまりにおっさんたちがあまりに汚らしくて2回目見る気になかなかなれない。制度として、とかなんなの。市政のトップの人の無責任ぶりも笑える。それに対しチューリップ の報道の方たちの潔さよ。
トップの人が嘘をついたり横領したりする日本国なので、畏れ多いほどに美しい立山連峰を据えたこの土地でも当たり前のようにこうなってしまうし、また、なにかおこぼれを期待してか知らんけど、自民党の党員も辞めず税金もなんも無駄遣いされていると思いながらまた自民党に投票してしまうのだろう。農協の人とかなのか。意味不明。
議員の給料10万上げると。
生活苦しいとか、議員辞めたら生活苦しくなるとかおかしいこといっぱいいってるが、市民は
月に10万も収入なくて苦しい生活してる人かいるのに、と嘆き怒っている。
よその国なら、これだけの茶番からすもたぬきもびっくりな恥ずかしい人らにはまず支援者が怒り支援者が問い詰めるだろうと思うよ。日本てダメな国。ジャーナリストもほとんどだめだけどこの監督さんたちのような意欲と使命ある人もたくさんおられる。

日本て、ゲスなところだね。あらためて。 そしてゲスにゲスされても怒らないところだね。五百旗頭さん皆さまどんどんやってほしい。応援したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir

4.0富山市議会

2022年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2016年に発覚した富山市市議会議員の政務活動費不正取得事件を追い、今なお続いていて、むしろ開き直っていることに驚く。
日本の縮図とも思うが、テレビ局にまで手を伸ばしているのは誰だろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0永久に追求し続けること

Tomさん
2021年12月23日
iPhoneアプリから投稿

不正を働く人たちは、見つからなければラッキー、喉元すぎれば熱さ忘れるといった感覚なのだろう。

だとしたら、不正を許さない立場の人たちも同じぐらい粘り強く追求を続けていかなければならない。
メディア側も市民も、ものすごく耐久力が必要だと思った。
誰かが疲れたら次の人が、年を取ったら若い人が代わりに、飽きることなく引き継いでいかなければいけない。

コレクティブを見終わった時と同じような気持ち。

監督が想像していたより若くて、今後の活躍が期待できそうで、それが唯一の希望。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tom
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る