お名前はアドルフ?

劇場公開日

お名前はアドルフ?
10%
50%
28%
12%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2010年にフランスで上演された舞台「名前」をドイツで映画化し、ディナーに集まった5人の男女が、子どもの名づけを巡って繰り広げる舌戦を描いた会話劇。ライン川のほとりにたたずむ優雅な邸宅。哲学者で文学教授のステファンと妻エリザベスは、弟トーマスとその恋人、友人の音楽家レネを招いて自宅でディナーをすることに。しかし恋人の出産を間近に控えたトーマスが、生まれてくる子どもの名前を独裁者ヒトラーと同じ「アドルフ」にすると発表したことから大騒ぎに発展。友人レネも巻き込んだ大論争の末、話はドイツの歴史やナチスの罪へと展開し、やがて家族にまつわる最大の秘密まで暴かれてしまう。ステファンを「帰ってきたヒトラー」のクリストフ・マリア・ヘルプスト、弟トーマスを「はじめてのおもてなし」のフロリアン・ダービト・フィッツが演じる。監督は「ベルンの奇蹟」のゼーンケ・ボルトマン。

2018年製作/91分/G/ドイツ
原題:Der Vorname
配給:セテラ・インターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2018 Constantin Film Produktion GmbH

映画レビュー

4.0タブーは何のためにある?

2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ほぼワンシチュエーションの数人の登場人物で展開するので、舞台劇っぽいなと思っていたら原作は舞台のようだ。しかも、フランスの舞台らしい。
ある夫婦が生まれてくる子どもにアドルフと名付けようとする。姉夫婦は猛反対する。ドイツでは、ナチスとヒトラーに関するあらゆるものがタブーである。アドルフなんて名付けたらネオナチなのかと思われてしまう。
タブーを作ることについて僕は考えさせられた。ナチスのハーケンクロイツは今日、欧州ではタブーである。しかし、あのマークのモデルはナチスより歴史が古いものだ。タブー視することによって、ナチスよりも歴史の古いマークが、永遠にナチスのものになってしまった。
アドルフという名前自体もヒトラーより歴史が古いに決まっているわけだが、タブー視すればするほど、それはヒトラーのものになってしまう。本当は、ナチスやヒトラーが奪ったそれらを奪還しなくてはいけないのではないか。
ゲイコミュニティの旗印のピンク・トライアングルはナチスが同性愛者を識別・差別するためのマークだった。ドイツのゲイコミュニティは、あえてそれをシンボルにした。結果、今そのマークはナチスのものではなく、性的マイノリティたちのシンボルになった。
タブーとは誰のためのものなのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

4.0名前ひとつで90分。

miharyiさん
2022年4月17日
PCから投稿

雰囲気が、あのブラックコメディ『おとなの事情』に似ていると思ったけれど、
名前ひとつで90分も引っぱったことに拍手したい(笑。
飽きることなく最後まで付き合わされました。
脚本最高。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

4.0面白い

kenさん
2021年11月23日
iPhoneアプリから投稿

ちょっとした冗談から家族の溜まってたものを吐き出す。

テンポも良い。フィッツの作品をもっと多く見たくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ken

4.0映画でも面白い

2021年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

家族と友人を招いた食事会で、妻の出産を控えた叔父が、いたずら心で息子の名前をアドルフにすると言い出す。
みんなは嫌悪感を露わに、非難し始める。
これを契機にいろんな秘密の暴露合戦が始まる。
舞台劇だが映画でもとても面白い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る