僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46

劇場公開日

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46
僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気アイドルグループ「欅坂46」の初のドキュメンタリー映画。「乃木坂46」に続く「坂道シリーズ」第2弾のグループとして2015年に結成され、16年にデビューした欅坂46は、アイドルという枠を超えた圧倒的なライブパフォーマンスと独創的な世界観でファンを魅了。NHK紅白歌合戦出場や全国での大規模アリーナツアー、異例のロックフェス参戦などを実現させ、破竹の勢いで坂道を駆け上がっていく。デビューから約3年半となる19年9月には2日間の東京ドーム公演を成功させるが、20年1月、絶対的センターだった平手友梨奈が突然脱退する。そして、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって活動自粛を余儀なくされるなか、同年7月に無観客配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!」を開催。その場で、20年10月開催のライブをもって欅坂46としての5年間に幕を閉じ、グループ名を改めて再出発することを発表する。激動の5年間の活動の中で、メンバーたちは胸の内にどんな思いを抱いていたのか。メンバーやスタッフの証言をはじめ、初公開となる貴重な記録映像の数々、そして再編集されたライブパフォーマンスの映像などを交え、欅坂46の5年間を映し出す。監督は「AKB48」や「THE YELLOW MONKEY」のミュージックビデオ、ドキュメンタリーなどを多数手がけてきたことで知られる高橋栄樹。

2020年製作/137分/G/日本
配給:東宝映像事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2020「DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会

映画レビュー

5.0何が本当で何が嘘か? 「答え」はないが、「答えを導き出すための情報」は十分にあった。

2020年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

まず最初に前提から言うと、私は欅坂46をほぼ知りません。ただ、そんな私でも十分に面白かったと思うほどの「ドキュメンタリー映画」であり、「一つのアイドルグループの実態をよく表現できた見事な映画」でした。
私がこの作品に興味を持ったのは、平手友梨奈というキーワードをあまりに多く目にする機会があったためです。
「やらせ疑惑」などのネガティブな報道から、「欅坂46の絶対的なセンター」というポジティブな報道など、何が本当で何が嘘か判断できない状況にありました。
そこで、その答えを見つけるために本作を見てみました。
まさに、本作のタイトル通りの「僕たちの嘘と真実」を探しに。

そもそも「欅坂46の絶対的なセンター」という言葉すら、私は理解できていなかったのです。それは、他のアイドルグループなどを見ていても、「センター」というのは形だけのような気がしていて、そこまで重要なものなのか?と思っていたからです。
ただ、欅坂46というグループは独特で、「センター」というポジションに他のメンバーが合わせていく形態になっていったようで、結果的に「センター」を際立たせることで存在感を発揮しているグループだと知りました。
他のメンバーも自然と、センターを輝かせるために自分がいると割り切っていたのにも驚きました。
これは上手く作用すれば良いのですが、「センター」の重圧が凄く、一歩間違えれば崩壊しかねないほどの構造と言えると思います。
そこで、映画「響 HIBIKI」で主演を見事に演じた平手友梨奈は、どんな人物かを中心に眺めました。
最初は違和感を持つほど、ごくごく「普通の女の子」でした。
では、なぜそんな彼女が「響 HIBIKI」の主人公のように尖り、「やらせ報道」などが出るまでになっていったのか?
途中でドタキャンなど、本作には想像以上にリアルな現場が映し出されていました。
現場にいる大人から見ると「無責任では?」という視点さえ出て、その言葉を誘導しようとするスタッフもいます。果たして、他のメンバーはどのように思っていたのかは、彼女らの単独インタビューで確認してみてください。
一つだけ印象的なキーワードを挙げると、「感受性が強い」という言葉がありました。
確かに、「不協和音」や「黒い羊」など、入り込むと病みそうな曲が多いんですよね。
私は、本作を見ながらナタリー・ポートマン主演の「ブラック・スワン」という映画を思い出しました。
いずれにしても、死者などが出なかったことが一番良かったとさえ思います。
おそらく人生で最も多感な時期に様々な葛藤を抱えた彼女らが5年間全力で走り続けた軌跡がライブ映像も含めて見事に集約されていました。
新型コロナ騒動で公開が一旦延期になりましたが、その期間も無駄にせずさらにブラッシュアップして完成形に近づけたメンバーやスタッフもよく頑張ったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
細野真宏

3.5平手とグループの共依存関係とファン不信を示唆する「勝ちにいく」という言葉。そして渋谷を見下ろす不安定なインタビュー映像が印象的

taro653さん
2020年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taro653

5.0荒ぶる神が去った後は…

玉吉さん
2020年9月25日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

興奮

欅坂の事は、正直言うと平手とねるくらいしか知らなかったが、サイレントマジョリティーから歌とパフォーマンスには注目してきた。
やっぱりライブは圧倒的で、他のアイドルとは一線を画すので見た方が良い。
鑑賞した今思うのは、みんなで平手を神のように祭り上げ、崇拝、依存してしまった結果、誰も近寄れなくなってしまい、制御不能状態が続き解散にまで行ってしまったということ。
いきなりトップに立ってしまった事も大きいんだけど。
2年目の時に平手に休養を取らせていたら、もう少しましだったのかもしれないけどね。
グループ内でコミュニケーション取れないような精神状態になっている子を、無理矢理スタッフが引きずり回しているのは見ていられなかった。
まあ、平手の構って欲しいような演技的な部分もかなり感じ、それにウンザリしている子もいた。
菅井キャプテンが新生グループをまとめてくれるのなら、未来はあると信じます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
玉吉

4.5「イソ」は「てち」が良くないですか⁉️

2020年9月25日
iPhoneアプリから投稿

平手友梨奈(てち)さん以外のメンバーの顔が分からず🙇、しかもメンバーが46人いると思っていたくらいの状態(予備知識無し)で鑑賞してきました😅
ドキドキしながら映画館に、でも結構おじさんいました👍ドキュメンタリー映画として素晴らしいです‼️
ファンでは無くても充分楽しめました。

メンバーの皆さんは中高生でアイドルオーデイションを勝ち抜いてくるのだけど、そうは言ってもまだまだ「子ども」。感受性が強く繊細なお年頃のデビュー前の映像は、アイドルスターというよりは、その辺にいる女子中高生と何ら変わりないです。

「てち」(当時14歳)も最初は、全く同じように見えました。しかし、デビュー曲「サイレントマジョリティ」から一曲一曲リリースするたびに、表現者として急激に変化。

曲や歌詞の持つ意味合いを自分の中に取り入れて表現することで「眼光」「表情」「立ち振る舞い」など、15歳前後の「それ」とは思えないほどの一種「狂気性」も感じました。

繊細で感受性が豊かであることに加え、普通は自分を守るために作動する「リミッター」が、かからないかのように、心身の限界を超えてパフォーマンスしてしまう。

特に舞台裏は壮絶で、曲間にソファに横たわったまま「うわ言」を繰り返し、出番とともに、大人たちが両脇を抱えて舞台まで引きずり出す。

その年齢の低さと、強い存在感が微妙なバランスで成り立っているので、時には壊れてしまい、大切なステージを休んでしまうことも。NHK紅白でも失神してましたよね😅

大人への反抗などのテーマ性のある曲とは裏腹に、大人たちから商品として扱われているようにも見え、繊細な「心」はどうなっているのか?心配になりました。

しかし今でも「てち」の存在感は凄く、「若いのに」なのか「若いから」なのかわからないけど、大人になるにつれ、どうやって変化するのか楽しみです。

映画は5年間を記録しているので、当初、清楚な衣装で一生懸命にパフォーマンスする女の子たちの今は、それなりに大人びた感じになるわけで、清楚な衣装も少し似合わなくなってくる。

メンバーの加齢に対して、ファンの方の心理構造がどのように変化していくのか?

「組織論」「マネジメント」「エンターテイメントとアート」など色々書きたい事はあるのだけど、また長くなるので他のメディアに記します😊

そういえば、梨泰院クラスの日本バージョンがあったら、イソは「てち」が良くないですか⁉️
皆さんどう思います❓

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おから先生
すべての映画レビューを見る(全71件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」以外にこんな作品をCheck-inしています。