僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46のレビュー・感想・評価

4.271
52%
36%
7%
2%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全71件中、1~20件目を表示

5.0何が本当で何が嘘か? 「答え」はないが、「答えを導き出すための情報」は十分にあった。

2020年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

まず最初に前提から言うと、私は欅坂46をほぼ知りません。ただ、そんな私でも十分に面白かったと思うほどの「ドキュメンタリー映画」であり、「一つのアイドルグループの実態をよく表現できた見事な映画」でした。
私がこの作品に興味を持ったのは、平手友梨奈というキーワードをあまりに多く目にする機会があったためです。
「やらせ疑惑」などのネガティブな報道から、「欅坂46の絶対的なセンター」というポジティブな報道など、何が本当で何が嘘か判断できない状況にありました。
そこで、その答えを見つけるために本作を見てみました。
まさに、本作のタイトル通りの「僕たちの嘘と真実」を探しに。

そもそも「欅坂46の絶対的なセンター」という言葉すら、私は理解できていなかったのです。それは、他のアイドルグループなどを見ていても、「センター」というのは形だけのような気がしていて、そこまで重要なものなのか?と思っていたからです。
ただ、欅坂46というグループは独特で、「センター」というポジションに他のメンバーが合わせていく形態になっていったようで、結果的に「センター」を際立たせることで存在感を発揮しているグループだと知りました。
他のメンバーも自然と、センターを輝かせるために自分がいると割り切っていたのにも驚きました。
これは上手く作用すれば良いのですが、「センター」の重圧が凄く、一歩間違えれば崩壊しかねないほどの構造と言えると思います。
そこで、映画「響 HIBIKI」で主演を見事に演じた平手友梨奈は、どんな人物かを中心に眺めました。
最初は違和感を持つほど、ごくごく「普通の女の子」でした。
では、なぜそんな彼女が「響 HIBIKI」の主人公のように尖り、「やらせ報道」などが出るまでになっていったのか?
途中でドタキャンなど、本作には想像以上にリアルな現場が映し出されていました。
現場にいる大人から見ると「無責任では?」という視点さえ出て、その言葉を誘導しようとするスタッフもいます。果たして、他のメンバーはどのように思っていたのかは、彼女らの単独インタビューで確認してみてください。
一つだけ印象的なキーワードを挙げると、「感受性が強い」という言葉がありました。
確かに、「不協和音」や「黒い羊」など、入り込むと病みそうな曲が多いんですよね。
私は、本作を見ながらナタリー・ポートマン主演の「ブラック・スワン」という映画を思い出しました。
いずれにしても、死者などが出なかったことが一番良かったとさえ思います。
おそらく人生で最も多感な時期に様々な葛藤を抱えた彼女らが5年間全力で走り続けた軌跡がライブ映像も含めて見事に集約されていました。
新型コロナ騒動で公開が一旦延期になりましたが、その期間も無駄にせずさらにブラッシュアップして完成形に近づけたメンバーやスタッフもよく頑張ったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
細野真宏

3.5平手とグループの共依存関係とファン不信を示唆する「勝ちにいく」という言葉。そして渋谷を見下ろす不安定なインタビュー映像が印象的

taro653さん
2020年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taro653

5.0荒ぶる神が去った後は…

玉吉さん
2020年9月25日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

興奮

欅坂の事は、正直言うと平手とねるくらいしか知らなかったが、サイレントマジョリティーから歌とパフォーマンスには注目してきた。
やっぱりライブは圧倒的で、他のアイドルとは一線を画すので見た方が良い。
鑑賞した今思うのは、みんなで平手を神のように祭り上げ、崇拝、依存してしまった結果、誰も近寄れなくなってしまい、制御不能状態が続き解散にまで行ってしまったということ。
いきなりトップに立ってしまった事も大きいんだけど。
2年目の時に平手に休養を取らせていたら、もう少しましだったのかもしれないけどね。
グループ内でコミュニケーション取れないような精神状態になっている子を、無理矢理スタッフが引きずり回しているのは見ていられなかった。
まあ、平手の構って欲しいような演技的な部分もかなり感じ、それにウンザリしている子もいた。
菅井キャプテンが新生グループをまとめてくれるのなら、未来はあると信じます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
玉吉

4.5「イソ」は「てち」が良くないですか⁉️

2020年9月25日
iPhoneアプリから投稿

平手友梨奈(てち)さん以外のメンバーの顔が分からず🙇、しかもメンバーが46人いると思っていたくらいの状態(予備知識無し)で鑑賞してきました😅
ドキドキしながら映画館に、でも結構おじさんいました👍ドキュメンタリー映画として素晴らしいです‼️
ファンでは無くても充分楽しめました。

メンバーの皆さんは中高生でアイドルオーデイションを勝ち抜いてくるのだけど、そうは言ってもまだまだ「子ども」。感受性が強く繊細なお年頃のデビュー前の映像は、アイドルスターというよりは、その辺にいる女子中高生と何ら変わりないです。

「てち」(当時14歳)も最初は、全く同じように見えました。しかし、デビュー曲「サイレントマジョリティ」から一曲一曲リリースするたびに、表現者として急激に変化。

曲や歌詞の持つ意味合いを自分の中に取り入れて表現することで「眼光」「表情」「立ち振る舞い」など、15歳前後の「それ」とは思えないほどの一種「狂気性」も感じました。

繊細で感受性が豊かであることに加え、普通は自分を守るために作動する「リミッター」が、かからないかのように、心身の限界を超えてパフォーマンスしてしまう。

特に舞台裏は壮絶で、曲間にソファに横たわったまま「うわ言」を繰り返し、出番とともに、大人たちが両脇を抱えて舞台まで引きずり出す。

その年齢の低さと、強い存在感が微妙なバランスで成り立っているので、時には壊れてしまい、大切なステージを休んでしまうことも。NHK紅白でも失神してましたよね😅

大人への反抗などのテーマ性のある曲とは裏腹に、大人たちから商品として扱われているようにも見え、繊細な「心」はどうなっているのか?心配になりました。

しかし今でも「てち」の存在感は凄く、「若いのに」なのか「若いから」なのかわからないけど、大人になるにつれ、どうやって変化するのか楽しみです。

映画は5年間を記録しているので、当初、清楚な衣装で一生懸命にパフォーマンスする女の子たちの今は、それなりに大人びた感じになるわけで、清楚な衣装も少し似合わなくなってくる。

メンバーの加齢に対して、ファンの方の心理構造がどのように変化していくのか?

「組織論」「マネジメント」「エンターテイメントとアート」など色々書きたい事はあるのだけど、また長くなるので他のメディアに記します😊

そういえば、梨泰院クラスの日本バージョンがあったら、イソは「てち」が良くないですか⁉️
皆さんどう思います❓

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おから先生

4.0平手の平手による平手のグループ

2020年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

欅坂は平手友梨奈しか知らない私でも入り込めました。
しかし平手は偉大なる中ニ病としか思えない。あるいは天才ゆえの苦悩とも言われてますが、そこまで天才とも正直思わない。モーニング娘と違い歌も口パクなんだからあの位のパフォーマンスはできるでしょう。運営側が平手を甘やかして神格化してしまったきらいがある。
しかし欅坂の楽曲は秀逸。さらに平手の現況にマッチしてしまっている。ここまで平手ありきのグループだったら平手脱退後改名は致し方ないかも。

結構語っていた石森虹花(この映画で知りました)ストレスたまってたのだろうね。今までの48、坂道グループのドキュメンタリーでは一番良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

5.0単なるアイドルではない、素晴らしいパフォーマーでした

haginoさん
2020年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
hagino

5.0欅坂46の苦悩と試練と成長と飛躍のドラマ

ひろさん
2020年9月22日
スマートフォンから投稿

欅坂はほとんど知らなかったけど見てみた。結果的には非常に見応えがあった。ここまで覚悟を持って試練を乗り越えてアイドルをされているとは。平手さんがいたのも、離れて解散→再スタート切ったのも、全てが彼女たちの成長と飛躍のためには、素晴らしいドラマであったと思いました。またいつか、テンポラリーなもの(1曲とか)でも、合流して欲しいですね。ひとつ言えるのは、これはDVDで見ればいいや、と言う代物ではないです。DVDだと多分普通のドキュメンタリーです。映画としての出来も素晴らしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろ

4.0角を曲がる、泣けました

mabさん
2020年9月22日
スマートフォンから投稿

泣ける

平手友梨奈ちゃんの5歳上の女ですが、
あの若い年齢であんなに表現ができて
グループのセンターを頑張りながら
舞台裏でのしんどそうな姿
握手会での事件もあったり
本当にすごいと思います。

脱退の理由、「今は話したくありません。話したいときに話す機会があれば話します」
いつか本人から聞ける日を楽しみにひっそり応援したいと思います。

映画自体は、平手ちゃんメインすぎるかなとは思いましたが、、
ゆっかーも大変なポジションだと思うので本当に無理せず頑張って欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mab

4.5良かった。

さん
2020年9月21日
iPhoneアプリから投稿

アイドルグループ「欅坂46」のドキュメンタリー映画ということで、感動系でお涙頂戴系かと思いましたが、そんな印象は全く受けませんでした。

デビューから現在まで留まることを知らない彼女たちの進化、増え続けるファン、大きくなる期待。しかしそれは彼女たちにとって大きなプレッシャーとなり、歯車を狂わせていく。

最初から最後まで圧倒時なライブ映像とメンバーの想い。一瞬も目が離せないとはまさにこの事だと痛感しました。

欅坂46ファンだけでなく、欅坂46を知らない人でもある意味ひとつのフィクション映画のような感覚で楽しると感じました。

絶対的なエースを欠き、改名し、再スタートを切るということでますますの躍進が期待される彼女達をぜひその目に焼き付けておきたい一作。

※あまりにも映像が衝撃的すぎるのでポップコーン等の食べ物はほとんど食べられないことが予想されます。通常よりも少ない量にすることをオススメ致します。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
遥

5.0面白すぎたぁ

2020年9月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かわうそ

4.5強さの裏にある弱さ

nakaryuさん
2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿

欅坂46と平手友梨奈を応援し続けてきたファンへのプレゼント的な映画。表現されているのは一部なんだろうけど、平手友梨奈の絶対的な存在感とその表現力、そこに至るまでの信じられないほどの葛藤、欅坂46が目指した他とは違う道への歩みが、克明に表現されており、ファンとしては興奮する。ライブシーンも多く、思わず手を握り潰すほどの高揚感も味わえた。一方で、なぜそこまで平手友梨奈が強さを持っていたのかという疑問が湧いた。それは、身を心も潰れるまで向き合い続けた弱さにあるのではないか。常人には計り知れない心の内にはなにがあるのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nakaryu

4.0"表現者"として対峙する彼女たち、その姿に嘘はあるのか

2020年9月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

アイドル知識ゼロな私でも、没入するほどの高い熱量を覚える作品だった。
欅坂46として、アイドルを越えるべく作られたアイドル。そのセンセーショナルで異端な雰囲気は、群を抜いた表現力で出来ている。そのセンターは平手友梨奈であり、絶対君主へとなっていった。それは、周りの甘えでもあり、彼女を孤独に導くものでもあった。ダンサーのTAKAHIROが言っていた、「背負い人」の意味からも分かるように、負を背負って吐き出すエネルギーを彼女たちは表現している。重く苦しく、出口の見えない中でもがく彼女たちに、鳥肌が立ちっぱなしだった。
これは、残されたメンバーの再生の物語であり、同時に、平手友梨奈という天才が"消費"された物語。真っ直ぐ向き合う姿が真実ならば、改名の胸の内こそ、嘘があるのではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かわちゃん

4.0ファンの人達って?

2020年9月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

2015年にデビューしてから現在までをメンバーの証言と共に追っていくドキュメンタリー。
.
デビュー当時は普通にみんなとはしゃいでた少女が、秋元さんの言葉だったり欅坂のプロデュースによってそれにのめり込みすぎて孤立してボロボロになっていく姿が悲しい。失神寸前の子を引きずって舞台まで連れていって終わったあとも引きずられてく、もはやコントに見えてくるけどこれが大真面目だから狂ってる。
.
私が衝撃だったのは欅坂は圧倒的な平手友梨奈という存在がセンターにいるからその枠が空いた時に誰もやりたがっていないこと。普通アイドルってAKBみたいにセンターをメンバー同士で奪い合うものなのに。
.
徐々にセンターがいないことをメンバー全員で乗り越えて行くような形になる。印象的だったのが二人セゾンで急にセンターを踊り始めた小池美波がファンの人全員が敵になっても欅坂を守りたかったから踊ったって言うところがあるんだけど、この子達ファンのことを味方って思ってないんだって。味方はメンバーでそれ以外は敵なんだなと思った。
.
そもそも欅坂のファンの人ってどういう感じなんだろう?あの平手ちゃんのパフォーマンスが見たいのか、普通にそれぞれ推しがいるのか?熱狂的にあの病んだパフォーマンスを求めているのだとしたらファンも狂ってないかと思う。それが欅坂を結局壊すことになっちゃったんじゃないか。(あーファンの人に叩かれそう笑).
.
私は欅坂のパフォーマンスについては元から痛々しくて見ていられなかった。いつも見る度に不安になってた。私も長年ジャニーズのオタクをやってるけど、もしこれが自分の好きなグループだったらどう応援すればいいのかわからない。
.
最後に、ライブ映像はめっちゃ迫力あってよかった!あの振動重厚感はアリーナとほぼ同じ!こういう時期だからこそよりコンサート行きてええってなった!
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
せつこん

4.5睨む目付きが素敵だった!

れいさん
2020年9月19日
Androidアプリから投稿

ふだんアイドルグループ見なくて欅坂のことは(紅白で倒れた子がいた)位しか知らず。
でも新聞の映画評で(平手さんてどんな人?)と興味がわき鑑賞。

なんだか後半は平手さんが孤立して見えて心配だった。
14歳やそれより早くショービズ始める子は他にも居るが、平手さんは年上の大勢をまとめるセンターをずーっとやらされ…
今までに例のない圧が、彼女の細い肩に掛かってたろう。

「大人の責任て何ですか」の問いに私は「子供を傷つけず成長を見守ること」だと心の中でこたえた。

心身削ってみんな仕事してたね。
自分を好きでいてね。
って思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
れい

4.0納得

おっけさん
2020年9月19日
Androidアプリから投稿

平手友梨奈のパフォーマンスがいかに抜きに出ているのか、
欅坂にとって彼女がどんな存在なのか、
それゆえにどれだけこのグループを続けていくことが難しいことなのか、
だからこそ改名-再出発が必要なこと、
見ればその全てが納得できる映画です。

ただ、ここで描かれたものが真実ならば・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おっけ

3.0「なかったこと」にされてしまうことが不安

yaさん
2020年9月18日
Androidアプリから投稿

時系列の操作と引き算の重ね方が巧みで、ひとつの作品としての強度が高い映画だと思います。
そしてその強度ゆえに、描かれなかったことが「なかったこと」にされてしまうことが不安でこのレビューを書きました。

ライブシーンは非常に素晴らしかったです。
メンバーの息づかいや歌っている声など、通常のライブ円盤では絞られるような音がはっきり聞こえることでより臨場感が増していました。
「ガラスを割れ!」「黒い羊」「誰がその鐘を鳴らすのか?」など、欅坂46のライブの世界に強烈に引き込まれました。

一方で、5年間を2時間半にまとめるためとはいえ、「『天才』と、その周囲の苦悩・成長」として、観た人がわかった気分を得やすい切り取り方をしている印象が強いです。
メンバーが楽しかった思い出としてしばしば挙げるライブ「欅共和国2017」や、メンバーだけで一つの宿に泊まって料理やBBQをしプールの中で皆ではしゃぎながら不協和音を踊った「KEYAKI HOUSE」の様子は1秒も出てきません。
卒業・脱退メンバーはともかく、現役のメンバーのインタビューもかなり限られた方々のことばに限られています。
ひらがなけやきの存在は影も形もありません。
ただのファンからみえていた部分だけでも、あまりにも多くの出来事が削られ、恣意的な切り貼りがされています。

「実在しない存在」や「死んだ人」が中心に据えられた作品であれば、その存在が周辺の人物のことばによって描かれることは多々あります。
ですが、平手さんは今現在を生きている生身の人です。
平手さんのインタビューを撮ることができなかった以上、とれる選択肢は多くなかったと思います。
それでも、生きている人を扱うなら、せめて握手会の殺人未遂事件と怪我については触れる必要があったと思います。
(公式にアナウンスがあっただけでも、2018幕張のガラスを割れ!での落下事故以降、完治が難しい怪我を抱えていますし、2019年全国ツアーも怪我が原因で休んでいます)

監督はドキュメンタリー映画であってもカメラがいることによる被写体への影響は免れないこと、「客観的な真実」などありえないという旨のことをおっしゃっていますし、それには完全に同意します。
それでも、作品の強度を高めるためであれば、実際に存在する人たちそれぞれの「事実」も積極的に削ったこの作品が、欅坂46の正史として語られる可能性があるのはやるせない気持ちになります。

個人的には、欅坂46の振付師のTAKAHIRO氏がこの映画の試写をみた際の「時の流れに散らばった、ガラス瓶の破片をいくつか覗いたようでした。」ということばを覚えていたいな、と思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ya

4.0サイレントマジョリティー

めりおさん
2020年9月18日
スマートフォンから投稿

平手さんは1人で角を曲がったワケだが、
キミは君らしく生きてゆく自由があるべきなのに才能あるマイノリティーに追随するように仕向けた運営、らしく生きてゆく為に離脱して行くメンバー達。狂った歯車どころか部品の欠けた時計。製品としての価値が無くなり再構築という名の改名。と言った流れか。
1つの終焉と見るか物語の途中と見るか、時を刻み始める新しい部品はるんるんと推測するが果たして。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
めりお

4.5何度も見直したいと思う

2020年9月17日
スマートフォンから投稿

泣ける

興奮

難しい

欅を好きになったのはアンビバレントの辺りなので、初期の平手や、グループの雰囲気を知る事ができ良かった。またライブにも行った事がなかったため、出冒頭の「ガラスを割れ」から迫力が凄く、鳥肌が止まらなかった。

世間には笑わないアイドルと言われていたり、今までのアイドルとは全く違う世界観であるパフォーマンス。センター固定という新しいやり方。
風変わりなグループと認知される理由として、それまでのアイドルファンが作り上げた固定概念に、これらの特徴が当てはまらないからだ。

そういった性格を持つグループだからこそメンバーは苦しんだのかもしれないが、そこに惹かれたファンも沢山いる。
だからこそライブも他のアーティストとは特別に違うと感じるし、2時間半、内容が重く見るのに耐えたが、もっと応援したいと感じたし、
ファンにこんなに複雑で、繊細で、美しい感情を与えるグループは他にないなと思った。

音響も素晴らしく、最高だった。ドキュメンタリーでここまで感動させられるとは思わなかった。
これからも応援します。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ペトラ・ラル

5.0よかった

tacoさん
2020年9月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

CGだらけで、実写だかアニメだかわからないような映画ばかりのなかで、ひとのアクションが感動をうむんだと、このドキュメントは云っているんだと感じました。
 CGだらけの映画なんて、ぼくはイヤだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taco

5.0今まで以上にファンとメンバーが熱をぶつけ合える

2020年9月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

難しい

メンバーの表現への熱意。覚悟。苦悩。
いままで知りえなかったような場面がたくさんあった。想像以上の真実は、衝撃だった。
彼女たちの美しさの中に燃える情熱があることを知り、ファンももっと強い想いで表現を受け止めることが出来る。
欅は、本当にアイドルの形を変えたと思う。

ところで、この映画に映っているのは全て実際にあったこと、“真実”である。そして真実が明かされることで、ネットやメディアで囁かれていた噂、憶測、勝手なイメージの中の何が“嘘”で何が“真実”だったのかを考えるきっかけになる、そんな映画だと思う。(そして、それらはの中には“嘘”が多く含まれている、本当の欅坂はもっと違う姿をしているんだ、というメンバーたちの強い思いは、映画の中で語られていた通りだ。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けーしも
「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」の作品トップへ