色男ホ・セク

劇場公開日

色男ホ・セク

解説

人気K-POPグループ「2PM」のジュノが男性妓生(キーセン)を演じ、朝鮮時代を背景に描くロマンス。美しく整った容姿と優れた技芸、女を酔わす話術を兼ね備えたホ・セクは、生まれ育った妓房が経営の危機に瀕していることを知り、女性客相手の男性妓生になることを決意する。相棒ユッカブとともに宣伝活動に乗り出し、噂を聞きつけた女性たちで店は大繁盛。彼女たちはたちまちセクに魅了されていった。そんな中、セクは町で美しい女性へウォンと出会う。これまでどんな美女にも心をときめかせることがなかったセクは、自分にまったくなびこうとしないヘウォンにひかれ、猛烈なアタックを開始するが……。セク役のジュノのほか、「二十歳」のチョン・ソミン、「エクストリーム・ジョブ」のコンミョンらが脇を固める。

2019年製作/110分/G/韓国
原題:Homme Fatale
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019 CJ ENM & BRAINSHOWER & JYP PICTURES. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0女性に束の間の自由をもたらした男の妓生

2021年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

男の妓生というものが実際に存在したのかどうかわからないが、この設定が当時の女性の苦難をあぶり出している。儒教の影響下にあった李氏朝鮮時代、女性は厳格なまでに貞淑に生きることを強要されていた。夫が亡くなって寡婦となった後も亡き夫と家族に尽くさねばならない。烈女という概念に縛られた不自由な女性たちが、男の妓生に通う時だけ、束の間の自由を享受している。男には癒しの場がたくさん用意されているのに、女には許されないのはおかしいと言うホ・セクの主張は説得力がある。
妓生は、高級官僚などを相手にするから、芸事には秀で、知識も必要な職業だったが、当時妓生は卑しい身分とされていた。しかし、ホ・セクはわざわざ身分の低い職業をやることをためらわなかった。彼にとって妓生は家族だったからだ。
2PMのジュノがはまり役だ。タイトル通り「色男」ではなくては務まらない役柄だが、彼にピッタリだったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

4.5またみたい

2022年5月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

コロナ禍になってから、制限がかかる映画館で見た。後半は、ストーリー思わぬ展開に ほろっとせられてしまった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
どりちゃん

3.0この結末ではなくてもよかったんではないかと思うけど

UNEmiさん
2022年5月1日
PCから投稿

当時の朝鮮では、今想像するよりずっと階級の壁は高かったのかな。

ナンソルちゃんが絶妙すぎる。
私的には本作のMVPは彼女。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

4.0男妓生を演じたジュノ

M hobbyさん
2021年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
M hobby
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る