宇宙でいちばんあかるい屋根

劇場公開日

宇宙でいちばんあかるい屋根
19%
58%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

作家・野中ともその同名人気小説を映画化し、「愛唄 約束のナクヒト」の清原果耶が映画初主演を果たしたファンタジードラマ。14歳のつばめは、隣人の大学生・亨にひそかに恋心を抱くごく普通の女の子。両親と3人で幸せな生活を送っているように見えたが、父と、血の繋がらない母との間に子どもができることを知り、どこか疎外感を感じていた。誰にも話せない思いを抱える彼女にとって、通っている書道教室の屋上は唯一の憩いの場だった。ある夜、いつものように屋上を訪れたつばめの前に、ド派手な装いの見知らぬ老婆が現れる。その老婆「星ばあ」がキックボードに乗って空を飛ぶ姿に驚きながらも、不思議な雰囲気を漂わせる彼女に次第に心を開き、恋や家族の悩みを相談するつばめだったが……。監督・脚本は日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作「新聞記者」や、清原も出演した「デイアンドナイト」を手がけた藤井道人。

2020年製作/115分/G/日本
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
野中ともそ
脚本
藤井道人
企画
前田浩子
プロデュース
前田浩子
プロデューサー
金井隆治
共同プロデューサー
高口聖世巨
飯田雅裕
アソシエイトプロデューサー
筒井史子
ラインプロデューサー
森太郎
撮影
上野千蔵
照明
西田まさちお
録音
岡本立洋
美術
部谷京子
装飾
田中宏
スタイリスト
SAKAI
ヘアメイク
福島久美子
編集
古川達馬
音楽
大間々昂
主題歌
清原果耶
主題歌(作詞・作曲・プロデュース)
Cocco
VFXスーパーバイザー
大澤宏二郎
スーパーバイジングサウンドエディター
勝俣まさとし
助監督
逢坂元
制作担当
栗林直人
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2020「宇宙でいちばんあかるい屋根」製作委員会

映画レビュー

3.5映画初主演の大役を見事に演じ切った清原果耶。世界観に慣れれば良作。

2020年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

2016年公開の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で小松菜奈の中学生時代を演じてから、ある種のスター性のようなものを感じつつも、まだ主演までは早いのか、と思っていたら、本作で「14歳の中学生」役で映画初主演を果たした清原果耶。
「3月のライオン」「ちはやふる 結び」など、脇役での演技しか見てこなかったので、まずはフルバージョンの清原果耶の演技の上手さに驚きました。
本作は日本アカデミー賞で作品賞を受賞した「新聞記者」の藤井道人監督作品です。「清原果耶×藤井道人監督」としては2019年公開の「デイアンドナイト」がありましたが、「デイアンドナイト」は作品のトーンが暗く、2人の良さがそれほど出ていないと感じました。
それが本作では一転して、「14歳の中学生の、お隣に住む大学生への淡い恋心」などを描いていてファンタジー色さえもあります。
正直、桃井かおりが最初に出てきた時には面くらいましたが、ただすぐに作風に慣れると思います。
しかも、だんだん桃井かおりの良さが出てきます。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」においてもそうですが、とにかく最後まで焦らず見届けることが大事な作品だと思います。
例えば、「なぜ本作は2005年を描いているのか」はずっと分かりませんでしたが、終盤に分かりました。このように、意外と設定もキチンとしている作品でした。
また、お隣の大学生を演じている伊藤健太郎ですが、このところ、急激に演技の上手さが出てきて魅力が増しているように思います。
予定では2021年春のNHK連続テレビ小説の「おかえりモネ」では清原果耶がヒロインを演じるなど、本作は世の中の一歩先を行く作品になっているのも注目点です。(評価は難しく他作品とのバランスを考え★3.5にしていますが、★4に近い気もします)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 23 件)
細野真宏

4.5清原果耶のピュアさと表現力は◎。屋上のセット感が惜しい

2020年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

2017年の「3月のライオン」から清原果耶に注目し、主演ドラマも観てきたので、遅すぎとさえ思える映画初主演作。場数を踏むたび着実に表現力を伸ばしてきたが、ピュアさが変わらないのも彼女の魅力の一つだ。

藤井道人監督は「デイアンドナイト」で清原のファムファタール的資質を引き出したが、今回は家族や学校での悩みと淡い恋心を抱くごく普通の中学生・つばめ役に起用。思いや感情を内に向かわせがちな14歳が、毒舌だが妙に頼れる星ばあ(桃井かおり、悲しい表情が絶品)と出会い、自らの殻を破って変わる姿をさわやかに描いた。

つばめの憩いの場である雑居ビルの屋上は、ファンタジーと捉えるならある種の異空間として存在すべき重要スポットなのに、安っぽく仕立てられたセット感丸出しのルックに…。他のロケ撮影シーンの映像がごく現実的なタッチで統一されたのに、屋上セットだけ半端に浮いているのが惜しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
高森 郁哉

4.0切なく心温まる青春ファンタジー

2022年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

楽しい

観終わって、映画って良いなって思わせる、切なく心温まる良作である。本作は、14歳の少女の青春ファンタジーである。少女とその周りに起きる出来事を人生の喜怒哀楽として捉え、浅過ぎず、深過ぎず、程よく掘り下げている。笑いあり涙ありのバランスの取れたエンタメ作品として楽しめる。

本作の主人公は、多感な14歳の女子中学生・つばめ(清原果耶)。彼女は、実父と義母の三人暮らしだったが、両親に子供ができ、居辛さを感じていた。また、近所に住んでいる幼馴染の朝倉亨(伊藤健太郎)に恋心を抱くようになっていた。そんなつばめの唯一癒される場所は、通っている書道教室の屋上だった。ある日、突然その屋上に見知らぬ老婆(桃井かおり)が現れる。最初は老婆と距離を取っていたつばめだが、次第に打ち解け老婆を“星ばあ”と呼ぶようになる。そして、つばめは星ばあに色々な事を相談していく・・・。

最初は、何の変哲もない青春物語だと思っていたが、星ばあの登場で作品の雰囲気がガラリと変わった。不思議な青春ファンタジーになっていった。星ばあを演じる桃井かおりのアクの強い存在感が際立っていた。作品の方向性をぶち壊してしまうのではと心配したが、さすがに、芸達者の桃井かおりは自身の役柄をしっかり心得ていた。変幻自在の演技で、時には祖母のように、時には母のように、時には姉のように、そして時には親友のように、つばめ役の清原果耶と接し、彼女の青さ、瑞々しさを上手く引き出していた。つばめの人生の案内役になっていた。

清原果耶は、多感な少女役を台詞だけでなく全身で表現していた。特に、立ち姿の演技が光っていた。立ち姿だけで、つばめの想いが画面を通して伝わってきた。主題歌の歌唱を含め表現者としての非凡さを感じた。

ラストシーン。つばめのアイデアを活かした、本作らしい切なく心温まるものだった。
本作は、つばめのひと夏の成長を通して、人生の喜怒哀楽を巧みに表現した良作である。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 17 件)
みかずき

4.0宇宙でいちばん明るい屋根

2022年4月9日
iPhoneアプリから投稿

父親の再婚
義理の母の妊娠
実の母には新しい家庭

思春期の子には重すぎるストーリー
なはずなのに、
綺麗な映像
綺麗な音楽
ほしばあの存在で
現実と非現実をいったりきたりしてるようなふんわりとした不思議な世界だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
まきまき
すべての映画レビューを見る(全155件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る