劇場公開日 2020年9月4日

宇宙でいちばんあかるい屋根のレビュー・感想・評価

3.7124
21%
61%
14%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全124件中、1~20件目を表示

3.5映画初主演の大役を見事に演じ切った清原果耶。世界観に慣れれば良作。

2020年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

2016年公開の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で小松菜奈の中学生時代を演じてから、ある種のスター性のようなものを感じつつも、まだ主演までは早いのか、と思っていたら、本作で「14歳の中学生」役で映画初主演を果たした清原果耶。
「3月のライオン」「ちはやふる 結び」など、脇役での演技しか見てこなかったので、まずはフルバージョンの清原果耶の演技の上手さに驚きました。
本作は日本アカデミー賞で作品賞を受賞した「新聞記者」の藤井道人監督作品です。「清原果耶×藤井道人監督」としては2019年公開の「デイアンドナイト」がありましたが、「デイアンドナイト」は作品のトーンが暗く、2人の良さがそれほど出ていないと感じました。
それが本作では一転して、「14歳の中学生の、お隣に住む大学生への淡い恋心」などを描いていてファンタジー色さえもあります。
正直、桃井かおりが最初に出てきた時には面くらいましたが、ただすぐに作風に慣れると思います。
しかも、だんだん桃井かおりの良さが出てきます。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」においてもそうですが、とにかく最後まで焦らず見届けることが大事な作品だと思います。
例えば、「なぜ本作は2005年を描いているのか」はずっと分かりませんでしたが、終盤に分かりました。このように、意外と設定もキチンとしている作品でした。
また、お隣の大学生を演じている伊藤健太郎ですが、このところ、急激に演技の上手さが出てきて魅力が増しているように思います。
予定では2021年春のNHK連続テレビ小説の「おかえりモネ」では清原果耶がヒロインを演じるなど、本作は世の中の一歩先を行く作品になっているのも注目点です。(評価は難しく他作品とのバランスを考え★3.5にしていますが、★4に近い気もします)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
細野真宏

4.5清原果耶のピュアさと表現力は◎。屋上のセット感が惜しい

2020年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

2017年の「3月のライオン」から清原果耶に注目し、主演ドラマも観てきたので、遅すぎとさえ思える映画初主演作。場数を踏むたび着実に表現力を伸ばしてきたが、ピュアさが変わらないのも彼女の魅力の一つだ。

藤井道人監督は「デイアンドナイト」で清原のファムファタール的資質を引き出したが、今回は家族や学校での悩みと淡い恋心を抱くごく普通の中学生・つばめ役に起用。思いや感情を内に向かわせがちな14歳が、毒舌だが妙に頼れる星ばあ(桃井かおり、悲しい表情が絶品)と出会い、自らの殻を破って変わる姿をさわやかに描いた。

つばめの憩いの場である雑居ビルの屋上は、ファンタジーと捉えるならある種の異空間として存在すべき重要スポットなのに、安っぽく仕立てられたセット感丸出しのルックに…。他のロケ撮影シーンの映像がごく現実的なタッチで統一されたのに、屋上セットだけ半端に浮いているのが惜しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
高森 郁哉

4.0予想以上に良かった。

momo8さん
2020年10月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

伊藤健太郎君が出演してるので、時間調整で鑑賞しましたが、とても良かった。
桃井かおりさん演じる星ばぁのシーンはファンタジーなんだけど、違和感が無く受け入れられる。
桃井さん、相変わらずお綺麗ですが白髪が…まぁそ、れも素敵で、年齢に抗ってない感じがいいです。だんだん希林さんに近づいてきたなぁ~と思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
momo8

3.5ひとつ屋根の下で暮らせば他人も家族

2020年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

血の繋がりは関係ない。「夫婦はもともと他人」当たり前のようでその言葉にはっとさせられた。

少し前に「家族という病」という言葉が流行したように、みんな家族というものにそれぞれの悩みを抱えている。相続における血縁トラブルや一人親家庭の社会問題が広がり、離婚・再婚・事実婚・同性婚と婚姻関係の多様化も進み、拡張家族のように家族のあり方も見直される現代に、本当に大切な人と人のつながりを考えさせてくれる作品。

その家族の象徴が「屋根」なんだよね。同じ時間・空間をともにすることでその絆は築き上げられていく。でもどこが一番ではなく、いろんな色や形がありそれぞれに違った灯りがある。

藤井道人監督は、そんな温かいメッセージの映画を丁寧に優しく紡ぐ。だからこそ、ファンタジーもチープにならずにリアリティのある物語に仕上がっている。

そして「表情」と「間」をとても大事につくられている。この映画においては清原果耶の存在が欠かせない。彼女の顔のアップが印象的につづき、それだけで見事に表現している。

またストーリーの大事なポイントを敢えて描かずスローな展開なのに、突然起こす緩急で最後まで飽きさせない。そして最後に大きく表示されるタイトルがすっしりと腹落ちする。

最後に、桃井かおり演じる星ばあの染み渡る言葉を紹介する。
「やってから後悔しなさい」
「時間を気持ちよく使いなさい」
「本当に大事なものには近づいてはいけない。この距離がいい」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画野郎official

2.0令和版 角川アイドル映画?

2020年10月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

まぁ、配給、宣伝が角川さんなので、往年の
角川アイドル映画とは違いますが(笑)
というか、昭和の頃の方が面白かったし、
質高い!!

清原さんは大好きな女優さんなので、
本当に本当に期待してたんです!今作品。
出演されてる作品ほとんど観てます。
演技力、素晴らしいです。

でも、ガッカリ、、、、。

それは演出と脚本があかんと思うんです。

あのさー、不思議な人との交流が
ファンタジー、、、じゃないと思います。
あのさー、やたら主演女優のアップカット多いの
大人の事情っすか?
あのさー、後出しジャンケン脚本、つまらないん
だよね。

つばめの心情の描き方が上澄みすくってるだけ
なんだよな。
あと、星ばぁとの繋がり、描き方雑じゃない?
密になっていく過程弱い。
どーしてあんな関係性になれたんだ?
予算の、都合があるんだろうけど、
ラストを飾るあのシーン。
なぜ、そこを切り取るのか?の意味づけが弱く
盛り上がりがないんだよ。欠けるんだよ。
重要なセリフを裏付ける描き方も少ない。

こーすりゃ、感動するんでしょ?感、満載。
上から吊り下がってたアレ、申し訳ないけど
吹き出しちゃいました。

もっと、もっと、ちゃんと物語つくりましょーよ。
演出考えましょーよ。

俳優陣、女優陣、、、宝の持ち腐れ映画だよ。
残念。本当に。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バリカタ

3.5清原果耶、映画初主演お疲れさま👋😃💦

2020年10月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

ちょっと気になっていた女優の初主演と言うことで、観に行ってきました。
作品じたいはこれといって、たいしたものではないのですが。
大女優桃井かおり相手に、しっかり演じていたと思います。
これからの活躍を、期待します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
イロエンピツ

4.0このタイトルなのが好き

q2q2san4さん
2020年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画を観ようと思うまでは、清原果耶さん余り印象に残ってはいませんでした。
TVで好きなアーティストを答えられてて、観ようと思っている映画の主演女優ということもあり、そのアーティストを聞いてみたら、私のすごく好きな感じで、「好きな歌手と聞かれて、この歳でこのアーティストと答えるんだ。」と思ったり、歌も力みがなくていい感じに歌うな(この映画のEDの歌もよかった)と思ったりしていました。そして自分の好きな映画の一つである「ジョゼと虎と魚たち」のアニメ版の予告で声優をしてるのを聞き、普通にうまいなと感じたりしていました。
なので、映画を観るにあたり自分の中では彼女に対する基準が「結構ハードルあげてしまっている」と、どことなく感じていたのですが、そのハードルは軽く高く飛び越えていかれました。
映画冒頭はあたりでは「清原果耶グ~カワ!!」て感じでしたが、進んでいくうちに「カワイイ」というより、アンニュイ中にメリハリがある演技をする「なんともいえない表情がとてもいい」女優という感じに変わっていきました。
桃井さんとの二人芝居も無駄に力むところが見られず自然でした。桃井さんがどこかしら楽しく演技されているのでは?と感じてしまいました。
そして私にとって久々の「桃井かおり」は以前に増して「桃井かおり」で、いい味だされていました。
大女優と大器の競演をみれてとてもよかったです。
派手さはなく、しっかりと着実、物事が一歩一歩ちゃんと進んでいくような、ゆっくりとした映画なので、そこまでに至るプロセスが自然と入って来て、「ウルッ」っと来やすかったです。ゆっくりとしたリズムですが、長く感じられず、ゆるりと観れました。
内容は全く似ていませんが「何か“耳をすませば”」みたいな映画だな」と思って観ていました。
真上や俯瞰からのアングルと後半の1カット長まわしがは良かった。
それと笹川役の醍醐虎汰朗くんの生意気中坊がとっても良かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
q2q2san4

3.0伊藤健太郎という役者を好きになった

nawadeさん
2020年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
nawade

4.0観る前の想像よりも良かった。

NomoAtuさん
2020年9月29日
iPhoneアプリから投稿

清原果耶さんの初主演と言うことで、アップで捉えて彼女の魅力を存分に愛でるような作品かなぁー。
と、思ってました。
(まー、それでも良いや。と思い観たんですが、)

だがしかし、いざ観てみたら思いの外に、作品の映像の雰囲気も話の展開も何ていうか ちょうど良い塩梅 で
自分の好きなタイプの映画でした。
(チョット気になる部分もあったけど😁)

もちろん、主演の清原果耶さんが主人公なので、出演シーンも多く、彼女を愛でる映画と言えるのかも知れませんが、彼女以外のキャストの方々の演技も素晴らしく。

キャストの方々の演技力があるからこそ、ちょうど良い塩梅な話と雰囲気が成り立っている映画だなと感じました。
皆さん書かれているように感動するシーンもあり観て良かった映画です😀
個人的には、坂井真紀さんに感情を動かされました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NomoAtu

3.5つばめちゃんの姿に心を打たれます。

2020年9月28日
iPhoneアプリから投稿

良かった点はつばめちゃんが人と向き合っていく姿が見られたところ。時に人から行動の理由をもらったり、時に自ら行動したりしながら、自分の周りの人たちとの関係を紡いでいく姿に心を打たれました。自分は家族との関係をうまく築けたとは言えない身なので、その部分は思わず涙が浮かびました。
人間関係と向き合っていく彼女の成長がこの話のメインだと思うので、ファンタジーな部分はなくても良かったのかなとも思います。
かなり個人的な感想になると、最後のシーンはとても粋な演出に見えました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
伊藤弘晃

4.5何度も自然に涙が溢れました

2020年9月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

観ている人に気づかせるように作られているなと感じた。考えるところが多くて個人的に好きでした。
星ばあのネーミングの所は少しなぜ?と違和感はありましたが、共感できたり感動しました。
もう一度観てみたいと思える作品で素晴らしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
べんきぃー

4.0素敵な作品

koさん
2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿

なんといっても清原果耶ちゃんが素敵だった。思春期の少女の心の揺れや複雑さ、素直さを完璧に表現できていた。今時、純粋さや透明感をしっかり出せる女優さんって少ないと思う。今年は色んな映画作品には出演してるから次の作品も楽しみ。

この作品自体も素敵でした。核家族化していっている現代、若い子とおばあちゃん世代が関わることが少なくなっています。わたしは小さい頃に祖父母を亡くしてるから、つばめと星ばぁのやりとりをみながらすごく羨ましいなと感じました。祖父母とはたまに会うくらいだったし、小さい頃は人見知りだったからしっかりと祖父母と話した記憶がない。もっと色んなことを話したかったな、この映画をみながらそんなことを思ってました。

若い子とおばあちゃん世代が色んなことを話したり、一緒に過ごすことでお互いが影響し合い、色んなことが学べるはず。もっともっとこの世代達の交流が増えていってほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ko

4.0主題歌もきれいだった

2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ぽよの友達

3.0あたたかい気持ちになれるファンタジー

woodyさん
2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
woody

4.0美しい

2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
イナヅマゴロー

4.0この世界観嫌いじゃない

2020年9月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

桃井さん、素晴らしい。男たちの旅路から見てるけど、上手いよね。
実年齢は婆でもおかしくないのだろうけど、肌も歯もキレイで、老けメイクしてる感じです。

この大女優と渡り合った清原さん。
大きな鼻が大画面映えします。
歌声も清々しいです。
これから大活躍してください。

原作読んでないですが、説明的なセリフが少なくても、ちゃんと話の流れが入ってくるのは、脚本が良いのかな。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Orchid Knight

3.5星空とクラゲに癒された。。。

2020年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悩みを抱えた中学生と、空を飛ぶ星ばあの不思議な物語。

父と継母の間に子供が生まれることで自分の居場所を奪われるような。
学校で元カレとの変な噂を立てられ、学校も居心地が悪く。
唯一の一人の時間を楽しむための書道教室のビルの屋上には謎の老婆が現れて。

家にも学校にも居心地が悪いってかわいそう。。。

最初は距離を取っていた星ばあ(確かにズケズケ物事言うし、空は飛ぶし怪しいわ)に心を開き、
手助けされながら成長していく姿はよかった。

ひどいことを言ってしまった継母に、生まれてくる子用の靴下をプレゼントして謝るシーン、
そして、最後の糸電話のシーン。
すごくすごく感動しました。

映像は全体的にきれいで、星空とクラゲは本当に癒されました。

なんで2005年スタート?っていう謎だったけど、
最終的にあー、こういう葛藤を乗り越えての2020年なんだな。って

実母の血を完全に継ぎましたね。
ひばりの描く水墨画、個人的に好きです。

でも、中学生の設定は少し無理を感じました。
いくら今の中学生が大人びているとはいえ・・・。
ましてや、中学で謹慎?(停学?どっちだったか忘れたけど)

伊藤健太郎さん、いろいろな映画やドラマに引っ張りだこですが、今作も安定のかっこよさでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ひれはる

2.0親子関係に深酷な問題を抱えている観客専用の映画なのかも。

2020年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーは、高校の文化祭の出し物でよく似た話を見かけるような、そんな低水準の、中身の薄い話です。

たまたま私の両隣に座っていた人たちが泣いている気配を感じましたが、それはおそらく、この作品が、親子関係に問題を抱える観客が自分を投影して涙を流させる構造の映画だったからだと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お水汲み当番

3.0「生きろがテーマ」

2020年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
ヨッシー

4.0鑑賞後だからこそ,タイトルがバッチリ&ピッタリじゃん?

2020年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

いつも勝手な事ばかり言わして貰う。
映画作品って非現実な世界観を創れるから面白い訳であり…。
この作品は観終わってからこそ,本当に其れ相応なタイトルだと感じさせられた‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
サクちゃん
「宇宙でいちばんあかるい屋根」の作品トップへ