劇場公開日 2020年7月3日

MOTHER マザーのレビュー・感想・評価

3.5103
11%
57%
22%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全103件中、1~20件目を表示

4.0もう一つの「万引き家族」。見終わった後の気持ちがこれ程まで違うのは何故だろう?

2020年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

まず、本作は大まかな題材が「万引き家族」と似ています。
そして、共にビターなラストでしたが、気持ちの「重さ」が全く異なりました。
では、何故ここまでの違いが出るのでしょうか?
それは、本作の「実話の要素が重すぎる」という点が最大の理由でしょう。
さらに、もう一つ、主演が長澤まさみだったから、というのも大きいと思います。
要は、「好感度が圧倒的に高い女優」に、みんながトコトン嫌がるような「好感度ゼロの役」をやらせたらどうなるのか、という、ほぼ実現不可能なことをやってのけている点が、本作の特殊性としてあるのです。
社会が成り立つには、最低限の共通の価値観の「常識」というものが必要になります。
そのため、「働けるのに全く働かずに遊びまくり子供らに迷惑をかける親」は傍から見ると嫌気しか起こりません。
まさに、そんな「働くのをトコトン嫌がり、どんな悪い事をしても、できるだけラクをして生きていこうとする母親」を長澤まさみが演じているのです。
しかも、これまで通り「演技派」なので、これがまたリアルに演じ切っていて、見ている側が複雑な気持ちになってしまいます。
さらに、「自由奔放で行き当たりばったりの生き方」でも、自分一人で生きているのなら、これほどの強い気持ちは動かないのかもしれません。
ただ、この母親は「自分の子供をどう育てようと私の勝手でしょう」と、時には子供を洗脳するような言動で操り続けているので、さらに嫌悪感が増すわけです。
とは言え、これはあくまで実話をモチーフにした「映画」に過ぎません。
1本の映画でこれだけ心が動かされるのは、ひとえに役者が全員上手いから、ということもあります。
最初から50分まで登場する「小学生の時の息子」は、窪田正孝の少年期を思わせるような顔立ちで是枝作品にも出ていそうな演技の上手さで、50分以降の「5年後の息子」も初の演技とは思えないほどの「名役者」でした。
子供への目線に立つと居た堪れない気持ちになったりもしますが、個人的な感情を抜かして純粋に評価すると、これ程までに人の感情を動かすことができた点で、映画史に残るくらいの作品と言えますね。
役者全員の見事なアンサンブルに加えて、長澤まさみの新境地が見どころと言えると思います。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 33 件)
細野真宏

3.5時間と共に衝撃度が増! ラストは誰かと語りたくなる作品。

2020年7月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

「実際に起きた事件」に着想を得て、ニュースなどでは見ることが出来ない母子の裏側を「フィクション映画」として製作された衝撃作。
息子は学校には行かず、ずっと母親と一緒にいる。そして、その母親は奔放で天真な姿を見せ息子を励ます一方、金銭面で困ると、息子に悪事をさせるなど世間的には「困った母親」。
事ある度に「誰にも渡さない」と言い、息子を所有物としている姿勢には一貫性がある。ただ、その他については、私には一貫性が無くブレているようにしか見えない。そんな難しい役柄を演じているのが長澤まさみ。本作でも他作品と同様に、違和感のない力演で、率直に本作で再び演技の幅を広げたことを実感する。
そして、そんな母親に対して忠実な息子。共依存という難題も考えさせられる息子役(少年期)は、本作がスクリーンデビューの奥平大兼。鋭い眼差しと役柄のギャップが印象的で、この先どのように活躍していくのかが気になるくらい頼もしい存在感があった。
母子の「要役」となる阿部サダヲは、映画「彼女が名を知らない鳥たち(2017年公開)」とは真逆に近い役柄を演じている。「阿部サダヲが出て来たら笑える」という感覚は捨てる覚悟で本作に挑むことがオススメ。
本作では、息子がこれまでとは違った普通の生き方をできるチャンスに巡り合える時がある。でも結局は母親の言うがままにする息子の気持ちは、本作を最後まで見ないとわからない。さらに、本当に重い事件は「見た者」にしか感じることができない行間がある。
劇中、私は、内容がキツくて苦しいと感じながらも、「この先はどうなってしまうのだろう?」という気持ちが率先して、エンドロールまで上映時間を気にする隙がなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
山田晶子

4.0好評価につられ

2020年7月10日
Androidアプリから投稿

話題作で好評価につられ見にいきました
長澤まさみさんの体当たりの演技はドキドキしました
話の内容が重く気持ちよくはないのですが
同じような中途半端な展開が続き
飽きてしまう所がありフラストレーションがたまります
親を息子に殺させる心情をもう少し深く描写してほしいと感じました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おかみさん

2.0期待した私が悪うごさいました。

momo8さん
2020年7月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
momo8

3.5どんより映画

2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿

実話ベースで毒親を長澤まさみが演じてるって興味湧くなあと鑑賞。
この毒親が本当に酷い、どこかに同情の余地があれば感情移入できるが、息子を洗脳して、ダメ男にべったり、働かない、子供の将来も考えない、まさに自分本位に生きていてそれを長澤まさみが演じてるのがすごいんだが演技も良ければ目がやばい、罪悪感なんてまるで無さそうな表情でまさにモンスターでした。
息子は本当にかわいそうで母親への愛情を求めてなんでもしてしまう。
そして、このイケメン少年がまた演技がうまくて感情を抑えながらも親に逆らえないジレンマをうまく演じていた。
演出もぶれぶれカメラだったりざらっとした画質だったりドキュメンタリーチックな間をもたせてたり、工夫されていた。
祖父母のシーンも日常会話から入るからより残酷さが際立って、あーやめて!踏みとどまって!!ってなりました笑

ツッコミどころとしては、いい事言ってた建設会社?の社長!結局やるんかい!笑
あと夏帆さんはなんだか悲壮感すごい表情すぎて、いつもその顔だなあと。

あまり救いのないラスト、あの母は息子が帰ってきても変わらないだろうし息子もずっと母親に依存して生きていくんだろうなぁと重たい気持ちで映画館をでました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好

4.0母子の愛は普遍的だ!

2020年7月9日
スマートフォンから投稿

こんなにも、息子の母に対する愛情を見せつけられた作品は初めてだ!
それほど見事なまでに母、秋子と息子、周平が
心の奥底で結びついていた!
母役、長澤まさみの品のかけらもない毒親役も見事であったが、周平役の奥平大兼の新人ながら演技を超えた演技に魅了された。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kstyhiromi

4.0#共依存·洗脳·愛

さん
2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿

実際におきた「祖父母殺人事件」をモチーフにしているフィクション作品ということで一応事件をおさらいしてから本編へ…
仕事もせず、男にもお金にもだらしない。 悪事をする際は子供を使い常に支配下において置く胸糞悪い最低な母親。
そんな親でも子供にとっては全てなんだと感じさせられる場面が沢山あるのが同じ母親として見ているのが辛くなってきてしまう。
優しい手を差し伸べてくれる大人は周りにいたのにその手を払ってでも母の元を離れず、言いなりになっている姿はもはや洗脳なのかと。
共依存の成れの果てと一言で終わらせてしまうのも何かしっくりこないのは彼の中にある「母への愛」という芯の強さなのかもしれない。

#mother #共依存 #ネグレクト
#大人になりきれない母親

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
結

0.5くそつまらん

2020年7月9日
Androidアプリから投稿

長澤まさみが戦犯。観客をバカにしてる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
テツトミタ

4.5サイコパスの母親

2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ichigoichie

4.0共依存の怖さ。子どもを持つ人、教育者には観てほしい作品。

2020年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

素晴らしい作品だと思います。
こういった問題を提示してもらう作品は好きです。ただエンターテインメントではないので、それを期待されるとちょっと楽しめないと思います。

子どもを持つということを改めて考えさせられる作品です。
どうしてもかわいいので、共依存になってしまうという気持ちは理解できます。
ただ親の気持ちにより、子どもが親から離れられない、自主性を発揮できない、
結果、狭い世界でしか生きられないという悪循環に陥ってしまいます。
だからある意味怖い作品でもあります。

長澤まさみの演技がいいですね。特にラストシーンの彼女のupは注目です。
これは監督の演出なのか、長澤まさみのアイデアなのかは不明ですが、
私は彼女の表情に、やられた! と感想を持ちました。
皆さんはどう感じられるか? これは観てのお楽しみとします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ごぶさん

3.0当て逃げ

極令さん
2020年7月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

単純

面白いんだけど当て逃げ感のが多くて、なんで次にいけんの?って思いました
みんな演技は良かったですがこの人それだけ?って人もいました
祖父母の件はゆきづり感と身勝手な感じが現代的な描写にみえて良かったって言うのは変ですが映画にたいしての理解ができました

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
極令

3.5二人の周平がうまい。

2020年7月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

実際にあった殺人事件をモチーフにしていてストーリーは濃厚。
全く働きもせず親戚や知人から金をせびってはその金をギャンブルや男につぎ込む母、秋子。
そして学校にも行かせてもらえずそんな母と転々としながらその日暮らしの生活を送る息子、周平。
しかもいつからか秋子は周平に金の工面をさせるようになる。

長澤まさみが初の汚れ役ということで話題になってますが、正直秋子には雰囲気が合ってなかったかな、と思います。
もっと深く秋子の心情を見せてほしかった。
阿部サダヲも演技力は申し分ないですけど、この二人のキャスティングはちょっと狙い過ぎだったかも。

逆に息子の周平を演じた二人は素晴らしかった!本当に最近の10代の役者さんの演技は妙にリアルでドキッとしてしまう。

「その女、聖女か怪物か。」
いや、どっちでもないただの自堕落な最低の女です。それでもそんな母への愛を語る息子。結局息子なしでは生きられない母。歪んだ関係ですけど確かにそこに愛情はあったのだと思う。

けれどそんな生活もやがて限界を迎える。起こってしまった悲し過ぎる殺人。
でもそれは年齢を重ねる毎に普通の生活への圧倒的な憧れを抱いた周平にとって、母の呪縛から解放される最悪の手段だったのかもしれない。

実話がベースなんて考えたくないけどこれが紛れもない現実。日本の片隅では今日も、沢山の周平が助けを求めている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はるたろう

4.0かなり重たい。

2020年7月8日
Androidアプリから投稿

オラは、小さい頃に離婚で、母親が家を出たので、母親と言う者をイマイチ理解できないので、こんな育児放棄する母親に依存するのでしょうか??ってことが素直な感想です。学校に行ってなくても、テレビで知識は、増えるものだしって考えます。
長澤さんの狂気が凄いなって、改めて感心します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
酒呑童滋

4.0ゴミクズのよう

2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
maryo_teenager

3.0愛とはなにかを訴えかけられた作品

chimakoさん
2020年7月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chimako

3.5長澤はクズでも何でも魅力的 2、3回なら助けてもいい(笑) それに...

2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

長澤はクズでも何でも魅力的
2、3回なら助けてもいい(笑)
それにしても凄まじいまでのクズっぷりでしたね。子ども、どうして逃げない?本作見る限りはかなりチャンスがあったはず。でも実際はもっと洗脳に近かったんだと思う。原作、読みたい。
阿部サダヲは違うかった。中途半端なクズではなく、ここはもう徹底したクズが似合う人が良かった。窪塚洋介とか(失礼)
にしてもこれが相当真実に近いなら、警察と福祉局は終わってますね。義務教育も受けさせない親からは強制的に保護できる権限くらい与えないと。夏帆の役とか何?自己満でしかない。
しかし本作、結局あれはどうだった?何だった?の疑問も多し、やや残念。
まあ妖艶長澤まさみを見ればそれで価値あり。

スクリーン8 座席K-11 後ろにカップル、うざし(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0切なくて、哀しくて 心に響く…

2020年7月8日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

観終わりました。涙が溢れてしかたない。
それもラストの周平の放つ 言葉と……
長澤まさみ演じる母 秋子と 夏帆演じる 児童相談員とのシーンを観て……エンディングの出演者名がスクロールされる中、泣きじゃくってしまって声を押し殺すの大変だった……。感動の度合いは、やっぱり自分自身の中の何かに響くか響かないかなんだと思うんですが…涙は、特にそう感じます。全くの同じ体験では無いにしても、トラウマのように刻まれている傷が少しチクッとする……私も特に「母」という言葉に弱いから。
もちろん、ここまでの酷さは無いにしても…今思えば大人になった今思えば…様々な幼少期の記憶が蘇る度、今も尚 心がチクリと痛む……から。

でも、この映画はそんな潜在意識や前情報などなくても たまらなく響きますよ。もう、スクリーンの中に入っていってこの子たちを抱き締めて、私が育てるって言いたくなる!それくらい出演者の演技が素晴らしいです。長澤まさみさんは、本当に素晴らしい女優さんになられてますね。キングダムの時の勇姿からは、天と地ほどにかけ離れた クズの最低の母親役なんですけど……なんだか、何故だか…少し分からなくもないってゆうか。絶対 ダメな事だけど…ここまでの依存し合った状況もあるんだと 愕然としました。子供の頃の周平役の郡司 翔くん!!!少年役の新人の 奥平大兼くん……日本の映画界もなかなかです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎。特に大兼くんの多くを語らずも、心を打つ 才能に驚かされます………

内容は書きません。重いです。楽しくは無いです。でも…感じるんですいろんな想いを。しみじみと。夏帆ちゃんが いい。私個人的に好きな女優さん💓💞なのです。ひたすら可愛い!

是非、スクリーンでこの衝撃、哀しみ、切なさを体感してみて下さいね♡♡

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
sweetberry

4.0重い…

H1DE!さん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

実際にはこの様な親子って
沢山いるんだろうなぁ〜

母親に洗脳されて
支配されて
自分を押し殺して

「子供をどう育てようと
親の勝手でしょ」

あたかも自分の所有物かの様に
言う母親

それは違う
子供は所有物ではない

観てて凄く息がつまる思いで
悲しくなった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
H1DE!

3.5母性はどこに

ダラさん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

秋子さん。
一見するとごく普通の家庭環境で育ったように見えましたが、あなただけがどうしたもんだ。
親や環境などは二の次で、人間ってのはやはり生まれ持ってのモノってのが勝ってしまうのでしょうかね。

それと気になったのが、働かずあんなグータラな生活してんのに、あのスタイルの良さ。
ふつうだったらブクブクになりそうなもんなのに、
羨ましいです。
私なぞ、このコロナのたった3ヵ月で5キロも体重増加してんのに。
これもやっぱり、生まれ持ってのモノですかね〜
タメイキ。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ダラ

3.5こうしている今も

ke_yoさん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ke_yo
「MOTHER マザー」の作品トップへ