劇場公開日 2020年7月3日

「時間と共に衝撃度が増! ラストは誰かと語りたくなる作品。」MOTHER マザー 山田晶子さんの映画レビュー(感想・評価)

3.5120
11%
60%
21%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5時間と共に衝撃度が増! ラストは誰かと語りたくなる作品。

2020年7月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

「実際に起きた事件」に着想を得て、ニュースなどでは見ることが出来ない母子の裏側を「フィクション映画」として製作された衝撃作。
息子は学校には行かず、ずっと母親と一緒にいる。そして、その母親は奔放で天真な姿を見せ息子を励ます一方、金銭面で困ると、息子に悪事をさせるなど世間的には「困った母親」。
事ある度に「誰にも渡さない」と言い、息子を所有物としている姿勢には一貫性がある。ただ、その他については、私には一貫性が無くブレているようにしか見えない。そんな難しい役柄を演じているのが長澤まさみ。本作でも他作品と同様に、違和感のない力演で、率直に本作で再び演技の幅を広げたことを実感する。
そして、そんな母親に対して忠実な息子。共依存という難題も考えさせられる息子役(少年期)は、本作がスクリーンデビューの奥平大兼。鋭い眼差しと役柄のギャップが印象的で、この先どのように活躍していくのかが気になるくらい頼もしい存在感があった。
母子の「要役」となる阿部サダヲは、映画「彼女が名を知らない鳥たち(2017年公開)」とは真逆に近い役柄を演じている。「阿部サダヲが出て来たら笑える」という感覚は捨てる覚悟で本作に挑むことがオススメ。
本作では、息子がこれまでとは違った普通の生き方をできるチャンスに巡り合える時がある。でも結局は母親の言うがままにする息子の気持ちは、本作を最後まで見ないとわからない。さらに、本当に重い事件は「見た者」にしか感じることができない行間がある。
劇中、私は、内容がキツくて苦しいと感じながらも、「この先はどうなってしまうのだろう?」という気持ちが率先して、エンドロールまで上映時間を気にする隙がなかった。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 15 件)
山田晶子
RIRIKAさんのコメント
2020年7月12日

阿部サダヲさんの演技は本当に
凄みがありました
さすが演技派ですネ😊

RIRIKA
山田晶子さんのコメント
2020年7月11日

cinemaオタク女 さま

おっしゃる通りです!
阿部サダヲさんは、演技力が安定しているので、どんな作品でも見る前から毎回楽しみです。
本作では大事な役どころを見事にこなして、迫力もありましたね⭐︎

コメント、ありがとうございます!

山田晶子
cinemaオタク女さんのコメント
2020年7月10日

阿部サダヲさん、相変わらず上手いね~😁。

cinemaオタク女
「MOTHER マザー」のレビューを書く 「MOTHER マザー」のレビュー一覧へ(全120件)
「MOTHER マザー」の作品トップへ