劇場公開日 2020年9月18日

  • 予告編を見る

TENET テネットのレビュー・感想・評価

3.7900
27%
47%
18%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全900件中、1~20件目を表示

5.0ノーランの妥協なき映像的探究は、“映画の再発明”の域へ

2020年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

知的

ノーランは過去作で常に時間をテーマにしてきたと語られるが、ただ単に時間をいじってきたわけではない。一貫していたのは、映画内で流れる時間をコントロールし、その映像によって喚起される観客の感覚や思考を開拓、刷新していくことだった。

“映画内の時間”と映像に関して「TENET テネット」と最も関連があるのは「メメント」だ。冒頭、主人公が銃を撃つショットが逆再生され、床の空薬莢が跳ね上がり銃身に収まる描写がある。同作は10分しか保てない男の記憶を観客に疑似体験させるため、短いシークエンスを時間軸と逆に構成。それを最初に示唆する仕掛けとしての冒頭場面だったが、この逆再生による人や物の動きにセンス・オブ・ワンダーを感じ、「TENET テネット」に発展させたと考えられる。

逆再生自体は目新しくもないが、SF設定で時間を順行する者と逆行する者が同時に存在し、格闘や戦闘さえ行うという、前代未聞のアクション場面(CGを極力使わず、リバース動作の演技と逆再生映像を巧みに編集)を生み出した。人が目にするものを映像で再現する、編集によって時間を操作する(時間を飛ばしたり、過去に戻ったり)という映画黎明期の発明を、さらに進化させて新たな知的刺激をもたらす本作は、映画の再発明と評したい偉業だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 50 件)
高森 郁哉

4.0ノーラン流の「007映画」への落とし前

2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

クリストファー・ノーランにはかねてから「007映画」を撮りたいらしいという噂があった。しかしその際、彼ははっきりとこう言ってきた。「もし、作るなら新たな解釈で自分らしい作品である必要がある」と。確かに、「テネット」は主人公のエージェントが第3次世界大戦も引き起こしかねない未知のツールを所有する悪漢の野望を挫くべく世界中を行脚し、ロケーション映画の楽しさを満喫させつつ、途中で謎めいた美女と接触するという、もろ「007映画」のルーティンを踏襲はしている。が、扱うのが時間の前進と逆行が同時に起こるという誰も描いことがない(多分)世界観だ。このとんでもない映画を観て、バーバラ・ブロッコリーとマイケル・G・ウィルソン(「007映画のプロデューサー・コンビ)は胸を撫で下ろしているに違いない。「やっぱりノーランに頼まなくてよかった」と。劇中での白眉は、何と言っても前進と逆行が入り乱れるハイウェイでのカーチェイスシーンだと思う。それは、かつて「007映画」が手を変え品を変え投入してきた肝入りのカーチェイスシーンに対する、ノーラン流の落とし前、と僕は解釈した。他にも、人間の知覚と視覚を上回る理論の応酬が全編を埋め尽くすが、個人的に最も驚愕したのは、エリザベス・デビッキ演じる悪漢の妻、キャットが、191センチのボディにハイウエストのスーツを着て、I MAXスクリーンの上下ギリギリ(言い過ぎかもしれないがそう感じた)で闊歩する場面。それは、理論を超えた人間の超自然を表現していて、思わず仰け反ってしまったのだった。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 55 件)
清藤秀人

4.0興奮と混乱が一気に押し寄せた

2020年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮と混乱が一気に押し寄せた。私はまだ多くを理解できていないし、理解という呪縛から解き放たれてもいない。ただ、こんな映画は初めて。それだけは断言できる。長らく時間との格闘を続けてきたノーランだが、さながら本作は「007」に時間の概念を掛け合わせた怪作と呼ぶべきか。主人公、宿敵、ファムファタール、マクガフィンと全ての立ち位置は明確なのに、この映画は決して線形に進まない。そこが厄介だ。そもそも我々にとって「時間軸」とは、ストーリーから振り落とされないための安全ベルトのようなもの。この固定観念のネジをちょっと緩めただけで、こんなに慌てふためく自分がいる。来るべき新時代の映画はかくも容赦なく進化していくのだろうか。その意味で本作は革命であり、パンドラの箱。少なくとも、たった一度見ただけではスタート地点に立ったに過ぎない。真の冒険は、起こるべきことを把握した上での、二度目以降に始まるのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 82 件)
牛津厚信

4.0時間の順行しか許されない映画館フォーマット

2020年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

難しい

もうここまで来ると、ノーランは「映画」という概念すらブッ壊すつもりなんじゃないかとすら思う。IMAXカメラでの撮影にこだわって劇場体験を半ば強要する一方で、その難解さは繰り返し観られる配信視聴向きとくる。もちろん、本物志向のアクションはスクリーンや音響施設が良いほどにその威力を増すし、“これぞ映画体験”と感動させてくれる。でも一方で、“そこちょっとよくわからなかったからもう一度見せて!”と映画館フォーマットでは叶わない欲求にジレンマを抑えられない。時間の逆行という新しい世界の可能性を描きながら、われわれ観客は時間の順行しか許されない映画館フォーマットの限界にイライラさせられるというわけだ。そうなると、決まった時間、決められた椅子に縛り付けられる映画館フォーマットって果たしてベストなんだっけ?という疑問すらわいてくるのだが、果たしてノーランはそのへんどう考えているのだろうか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 82 件)
オスカーノユクエ

4.5“巨匠感”を感じさせる大スケール映像と大風呂敷のSFストーリーによる怒濤の展開

2020年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「ダークナイト」以降、IMAXカメラ撮影による大スケール映像とCGに頼らないクラシックな絵作りで、なんてことない場面でも“巨匠感”を感じさせる大作を送りだしてきた、クリストファー・ノーラン監督。
本作では、「インターステラー」以上に大風呂敷を広げたSFストーリーが繰り広げられます。過去作上映に参加した人は再見(カットが追加されていて、微妙に違いますが)となる冒頭のオペラハウスのシーン以降、スパイ映画のような潜入シーンが続き、中盤のあるポイントからこの映画の真骨頂といえる怒濤の展開が待っています。ある理由で死んだ目をしているヒロイン(?)のエリザベス・デビッキの存在感も印象に残りました。
IMAXフルサイズ(画面比率1.43:1)の絵力と、普通の会話シーンでもグワーンと大きな通低音が鳴る大音響で、2時間半があっという間でした。幾つか確認したいところがあったので、近いうちに見直す予定です。

コメントする
共感した! (共感した人 37 件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

4.5視覚と概念の両面から「人間の脳の限界」に挑んでくるクリストファー・ノーラン監督の集大成的な作品。

2020年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

初期の頃から「凝った作品」を作ることで、これまでになかった体験を観客にさせることに心血を注いできたクリストファー・ノーラン監督。
しかも、これだけCG全盛時代になっても、あくまでリアルに拘り、必要とあらばビルも本当に爆破しますし、本作「TENET テネット」ではボーイング747を購入して爆破しています。
本作はクリストファー・ノーラン監督作で最高の製作費となっていますが、それでも、購入したボーイング747は、事前にエンジン部分を取り除いて売却するなどして、意外とコストパフォーマンスは考えられているのです。
本作ではこれまでと同様に内容をとことん考え、遂に設定が「時間の逆回転」にまで行っています。しかも、これは「ドラえもん」のタイムマシンといったレベルの話ではなく、キチンと物理学的な考察を行なっていて、「時間の逆回転」をした場合に、人間は酸素を吸うことができるのか、等も考えられています。
クリストファー・ノーラン監督念願の初のスパイ映画というだけあり、撮影が7か国も飛び回るなど展開が速くなります。
そしてリアリティーのある「時間の逆回転」という概念に思考が追い付かなくなったり、視覚的にも「順行するもの」と「逆行するもの」が行き交ったりと、ここでも思考の混乱が出ます。
このように、視覚と概念の両面から「人間の脳の限界」に挑んでくるのです!
細かいトリックを含めると平均的には100個くらいは気付けない部分が出てくるのかもしれません。
ただ、不思議と2回目を見ると理解度が上がったりと、謎解きができてきて知的なエンターテインメント作品として成立することが分かってきます。それは、まさに名作「インセプション」や「インターステラー」と同様に。
とは言え、今回の「TENET テネット」は、少し難易度が高いのかもしれません。私は、本作がクリストファー・ノーラン監督の集大成的な作品で、これが「多くの人たちが楽しめるエンターテインメントのピークのライン」だと思っています。
本作によって「時間のトリック」の限界にまで到達したと思われるクリストファー・ノーラン監督が、次に挑むのはどんなジャンルなのか、今から楽しみになってきます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 71 件)
細野真宏

3.0A Rubik's Cube in Time

2020年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

難しい

After last year's Avengers, I wanted to roll my eyes once the time traveling elements came into play in Tenet, but the film's science manages to avoid too many noticeable glitches in the Matrix. Really, the film stays afloat because it's too hard to understand--so much metaphysical and biographical information to take note. It beckons a rewatch to be complete. Noisy, but perhaps, brilliant.

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
Dan Knighton

2.5なんか面倒くさい。

きくもさん
2021年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

途中から何をやってるのか分からなくなった。じっくり考えれば理解できるのかもしれないけど、そうするほどの魅力はない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きくも

4.0頭で考えないで 感じて

isukeeさん
2021年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

っていうバーバラが吐露した言葉、
これが本作の本質だった

逆行すると酸素は吸えないのに、
車のエンジン(内燃機関)は普通に駆動するのはなんで??!!
ブリットも薬莢の火薬の爆発で飛んでる、
酸素取り込めないのになんでそうなる??!!
というような疑問が次々と浮かんできて、
解消されることなんてない疑問だらけで頭がグルグル

作中で科学的根拠を追いかけると、内容は無茶苦茶で、
整合性なんてあったもんじゃないって観てる途中で気づいた

きっと考えたらダメなんだろうな、感じよう、と
まるでブルース・リーじゃないか!と思いながらも
途中から見方を切り替えた。

そんな訳で初見じゃ さっぱり分からん、
けど兎に角 面白い!
「時間の前と後ろからの挟撃作戦」っていう
斬新すぎるコンセプトが本作全体を貫いていて、
その緊迫感を煽りに煽りまくるBGMが過剰に鳴り響いた
これがやたら効く!音楽班が秀逸なのね

もう一回観よう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
isukee

1.0ノーラン監督

千恵蔵さん
2021年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ダークナイトやインセプション、インターステラーなど世に送りだした鬼才ノーラン監督作品。観終わってから気づいたけどノーラン監督の崇拝者が高評価でそれに惑わされた。
観ている最中は何が何だかまったく理解出来なくて、過去も未来もごちゃごちゃ。辻褄があわない。もう一度鑑賞したら素晴らしい作品なのかもしれないけど今はまだ最低。デンゼルワシントンの息子が主演だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
千恵蔵

5.0やっぱノーラン好き!

2021年11月6日
iPhoneアプリから投稿

観よう観ようと思いながらもインターステラーで話に着いて行けなくて、そこから少し敬遠気味だったノーラン作品。

前評判から今回も難しいかもしれないと思い、なかなか手をつけられずに公開からかなり経ってしまった。

でも今レンタルで安いし、最近観たい作品も減ってきたので、とうとう重い腰をあげる事にした。

結果から言うと、全然分からん!
でもなんか面白い!でした。

逆行理論、エントロピー、アルゴリズム、プルトニウム241?
良く分からんワードが多々出てきて頭の中を掻き乱してくるけど、そんなのは一度置いといて、観た事ない映像で気持ちを持っていかれました。
あと、やっぱりテンポが良いし、シリアスな展開が続いてるのに心がしんどくない。

やっぱりノーラン作品は面白いなぁ、と思った。
コレは何回観ても良いかな、と思えるような良い作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マッチャン

4.0字幕版翻訳が不親切すぎ

2021年10月17日
Androidアプリから投稿

内容とは無関係のレビューです。字幕版を見ましたが、翻訳が不親切すぎてよくないと思いました。一度観ただけでは分かりづらい構成なので、せめて翻訳でわかりやすくすればもっと簡単に理解できる話だと思います。吹き替え版のことはわかりませんが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
pink whale

4.0何回か観ないと難解

ガブさん
2021年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ガブ

2.5時間差で興奮度も逆行

2021年10月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

当時話題だった本作。IMAXで観ました。劇場での鑑賞を前提とした作りだけあって、大画面を余すことなく使って繰り広げられる活劇に、最初は興奮しました。
この監督の作品、構成はすごく「おおーマジか」と思うしCGに頼らない本物志向も個人的には大歓迎なんですが、イマイチ感情が昂らない。何でしょうね、登場人物に感情移入が出来ないというか、構成の複雑さを魅せたいがために俳優の感情演出にあまり重きを置いていないというか、何か感動しないんですよね。複雑な方程式を解いた時の達成感みたいなのは味わえるけど、感動小説を読んだ時の至福感は無いみたいな。それを求めてる観客は最初からお断りなのかもですけど。
今回は登場人物にも余り魅力を感じませんでした。ロバートパティソン?はカッコよかったけど、デンゼルワシントンの息子さんは凄腕のスパイには見えなかったし、ヒゲ剃って欲しいなぁ。。ヒロインもスタイルいいんでしょうけど凄く華奢に見えて、揚げ物食べさせたくなりました。ケネスブラナーは何故ロシア人役なのでしょう??
インターステラーは個人的には良かったんですけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
A Lonely DINOSAUR

3.0むずい、ムズイ、

2021年9月30日
iPhoneアプリから投稿

軽い気持ちで見てたら、途中から取り残されてました。置いてきぼり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もひょもひょ

5.0さすがノーラン監督、今回も「時間」で大遊び

・・・さん
2021年9月26日
iPhoneアプリから投稿

演出 ★★★★★
音楽 ★★★★★★
ストーリー ★★★★★

「時間」を面白く複雑に変化させるのがノーラン映画の面白いところで、今回も素晴らしい作り込みでした!

ストーリーに関して初見ではついていくのがやっとでなんとなーくわかった…かも?くらいでしたが、それよりも音楽の素晴らしさよ。映像を邪魔せず存在感や没入感を与えてくれて、しかも音楽自体も印象的。素晴らしい。
こんなに映像と音をうまく融合している映画はななかなかないのでは…?

結局、愛/友情というベターな部分を大切にしている人間らしさがノーラン監督作品の可愛いくていいところですよね。やっぱり人間が主体の映画だと感じます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
・・・

3.5レビュー

2021年9月22日
iPhoneアプリから投稿

迫真の映像はまさにノーランクオリティ😇
事前情報なしでもそこそこ楽しめましたが、より伏線回収のカタルシスを得るためには、事前に大まかな情報があった方が良いかもしれません✨

過去作との比較で賛否が割れますが、普通の映画の中だとやはりハイレベルでした😎

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みそしる

3.0分からん!!

アトラさん
2021年9月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

話が理解出来なかった。なので何してるのか良くわかない。とにかく止めようとしてるのはわかったけども。
私には難しかった。インセプションも分かんなかったから合わないのかも。
デンゼル・ワシントンの息子さんなんだね。いい顔してると思う。髭がすごかった。
ロバートさんが私の好きなクリス・パインに似てるかなとちょっと思ってしまった。
奥さん背が高いなと思って身長調べたら190以上だった!綺麗な人だった。
話が分かれば楽しいんだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アトラ

2.5う~ん。

hatoさん
2021年9月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

う~ん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hato

4.0凄いねノーラン

2021年9月12日
iPhoneアプリから投稿

難解すぎて話追っていくのが大変だったけど、ハラハラしどおしで面白かったです。世界救うのも大変だ。
一回じゃ面白さは堪能できないかも2回3回見てなるほどねーってなる映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
マツコです
「TENET テネット」の作品トップへ