海辺のエトランゼ

劇場公開日

海辺のエトランゼ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

紀伊カンナの同名BLコミックを原作に、沖縄の離島で出会った小説家の卵と少年の初々しい恋を描いた劇場アニメ。小説家の卵・橋本駿は、ある事情で実家を飛び出し、離島の民宿に身を寄せている。ある日、海辺で物憂げに佇む少年・知花実央のことが気になった彼は、軽い気持ちで声をかける。若くして両親を亡くし親戚の家に預けられていた実央は、ひとりの人間としての自分を見つめてくれる駿に好意を抱いていく。2016年発売のドラマCD版に続き、駿役を村田太志、実央役を松岡禎丞が担当。原作者の紀伊カンナが自ら監修とキャラクターデザインを手がける。BLアニメレーベル「BLUE LYNX」の1作。

2020年製作/59分/日本
配給:松竹ODS事業室

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
紀伊カンナ
脚本
大橋明代
監修
紀伊カンナ
コンテ
大橋明代
キャラクターデザイン
紀伊カンナ
総作画監督
渡辺真由美
エフェクト作画監督
橋本敬史
美術監督
空閑由美子
色彩設計
柳澤久美子
撮影監督
美濃部朋子
編集
坂本雅紀
音楽
窪田ミナ
主題歌
MONO NO AWARE
音響監督
藤田亜紀子
音響効果
森川永子
録音調整
林淑恭
アニメーション制作
スタジオ雲雀
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29

(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

映画レビュー

4.0アニメーション映画の新たな形を模索している作品。沖縄の温かく優しく包み込むような空気感も表現できています。

2020年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

「おっさんずラブ」という作品が社会現象的な大ヒットしたことによって「BL作品」が一つのジャンルとして確立しつつあるように思えます。
時代の変化と共に世の中の目も変わっていることを意味していて、私はこの流れはとても良い傾向だと思っています。
ただ、まだマーケットが読めない面があるため公開規模を小規模公開と増やせない一方で、映画として作品のクオリティーは上げなければならない、という狭間で制作者の苦悩も感じられます。
そんな中で出された答えの一つが本作のように1時間という上映時間で、最大限作品のクオリティーを上げて勝負する、という試みだと思います。
本作ではその試みは成功していて、作画のクオリティーも高く、沖縄を舞台に、ちょっと切ない「小説家の卵と少年の初々しい恋愛」を丁寧にしっかりと描けていました。
好きになった人がたまたま同性であっただけで、何ら特別なことではない恋愛映画でした。
むしろ通常の恋愛映画は当たり前のように増えすぎているので、このような変化球的な作品が出てきた方が映画業界も活性化していく気がします。
本作は原作コミックでは「春風のエトランゼ」という続編もあるようなので、本作がヒットして続編映画ができたらいいな、と思える作品でした。
「海辺のエトランゼ」は沖縄を舞台にしているだけあって、あの温かく優しく包み込むような時間と空気感も見事に表現されていて、本作はそこも見どころだと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
細野真宏

4.0「ギヴンも良かったがこちらもいい」

2020年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

海辺のBLアニメ映画と言う情報だけで鑑賞。何も調べないでも内容分かって面白い。
R15などが付かないでこのBL描写が見れたのは凄かった。

「ギヴン」も良かったですが、こちらも作品が丁寧に作られていて、ゆっくりと流れる音楽がまたいい。
BL作品にハマってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヨッシー

4.0"男が好きでもおかしくないよ"

2020年9月13日
スマートフォンから投稿

幸せ

原作を読み映画を見た者です。
とにかく映像美が素晴らしいです。沖縄の美しい風景は勿論、登場人物の作画がとても綺麗です。涙を流すシーンは特に美しくて、終始見惚れてしまいました。食事のシーンも出てくる料理全てから匂いがしてきそうな程リアルで、見ていてお腹が一杯になりました笑
内容は漫画「海辺のエトランゼ」を丸々一冊、端折らないで映像化したというような感じでした。起承転結がハッキリしているという感じではなく、2人とその周りの人達から繰り広げられる日常と、その中で進展してゆく2人の関係を見守るという感じの映画です。同性愛だからこその苦悩や葛藤がとてもリアルに描かれていたと思います。男が好きでもおかしくない、ただの普通の恋だよ。この2人の純愛にとても心が洗われましたし、癒されました。見終わった時に笑顔になれて心が満たされる、そんな映画だと思います!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
夢見心地

1.01800円で上映時間が1時間 短かくて高い。 オタク相手の足元見て...

2020年9月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

1800円で上映時間が1時間
短かくて高い。
オタク相手の足元見てること前提の作品なのかな。
その割に世間的にセンシティブな内容を1時間でやるのは無理があったよなと思う。

刺激的でショッキングな内容
途中でトイレに立つ時間もあるいみ考慮されているオタク女子に対し計算された作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぶるるん
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る