大コメ騒動

劇場公開日

大コメ騒動
12%
37%
39%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

富山県出身で「超高速!参勤交代」を手がけた本木克英監督が井上真央を主演に迎え、大正時代に富山県の海岸部で発生した「米騒動」で活躍した女性たちの姿を痛快に描いた。1918年(大正7年)8月、富山の海岸に暮らすおかか(女房)たちは、毎日上がるコメの価格に頭を悩ませていた。夫や育ち盛りの子どもたちにコメを食べさせたくても高くて買えない現状に困ったおかかたちは、コメを安く売ってくれと米屋に嘆願に行くが失敗し、おかかたちのリーダーであるおばばが逮捕されてしまう。おかかたちの願いもむなしく、コメの価格高騰はとどまることを知らなかった。そんな中、ある事故をきっかけに、我慢の限界を迎えたおかかたちがついに行動に出る。主人公・松浦いと役を井上、姑役を夏木マリ、夫・利夫役を三浦貴大がそれぞれ演じるほか、室井滋、立川志の輔、西村まさ彦、柴田理恵、左時枝ら富山県出身俳優たちが顔をそろえる。

2021年製作/106分/G/日本
配給:ラビットハウス、エレファントハウス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2021「大コメ騒動」製作委員会

映画レビュー

4.0日本にも運動で社会が変わった実例があった

2021年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本は社会運動で世の中を変えることはできないと思っている人が多いように思う。実際、昭和・平成の歴史を振り返ると、運動は無力だったかもしれない。しかし、この国の歴史にも実際に社会運動で大きく世の中が変わった実例があったのだ。それがこの映画が描く米騒動だ。
シベリア出兵によって米が戦地に送られた結果、国内の米価格が高騰。家族に食わせる米がなくなった女性たちが米の価格を下げろと迫る。
女は侮られていた。運動に参加した者の中で唯一の男性だけは逮捕されたが、女性たちは逮捕する価値もないと判断された。しかし、その運動はやがて全国に飛び火し、遂には時の内閣が倒れるまでにいたった。
運動もずっと一枚岩でなく、だれか裏切っているのかもと疑心暗鬼の心から村八分にされる者が出るなど、田舎的コミュニケーションの暗部も描かれるし、メディアがフェイクニュースばりに大げさに煽ったことで運動が広がったという、功罪相半ばするようなポイントも描かれる。
生活のために戦った人々の偉業を描いたこの作品は、コロナ禍の今だからこそ、現代人に響くはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

3.5井上真央、さすがの安定感

2020年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

井上真央にとっては、「白ゆき姫殺人事件」以来、約7年ぶりの主演映画となる。もともと子役時代から演技力には定評があり、今作でもその実力は遺憾なく発揮されている。また、本木克英監督も史実を“料理”するのは得意分野で、「母は強し」という今作に込められているテーマをきっちりと観る者に届けてくる。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
大塚史貴

2.0中途半端

みみずさん
2021年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

今更なので多くを書くつもりはない。
話としては単純なので、どう描くかが重要になるのだろう。
その観点では著しく中途半端。
コミカルな要素を盛り込みたかったような雰囲気はあるが、
個人のキャラクター以外では笑うようなシチュエーションはほぼなかった。
では、心の琴線に触れるようなエモーショナルなシーンがあったかと言えば、
それもまたなかった。
淡々と時間が過ぎ、淡々と終わった。
夏木マリの存在感だけが印象に残った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みみず

2.0古き男尊女卑と経済格差をみせる

2021年11月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

あの時代で生き抜く為の闘いに本気の人々を描いている。
この時代からの闘いがあったからこそ、現代の女性の立場、権利の上昇、正統性みたいな事が定まっていったのだと思うと感慨深い。

学習や知識の向上によって変わっていった現代が未だに大した変化を迎えてないのが歯痒い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る