わたしの叔父さん

劇場公開日

わたしの叔父さん
28%
55%
11%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

デンマークの農村を舞台に、体の不自由な叔父と一緒に家畜の世話をして生きてきた女性に訪れる人生の転機を、時にユーモアを交えながら美しい映像で描いたヒューマンドラマ。幼い頃に両親を亡くし、体の不自由な叔父と2人で暮らす27歳の女性クリスは、家業である酪農の仕事を手伝いながら日々を穏やかに淡々と過ごしている。そんな彼女には、獣医になるという夢があった。ある時、教会で出会った青年マイクからデートに誘われたクリスは、訪れる変化に戸惑いながらも胸のときめきを隠せない。将来の夢と恋に悩むクリスに気付いた叔父は、姪の幸せを静かに後押しするが……。2019年・第32回東京国際映画祭コンペティション部門で最高賞にあたる東京グランプリを受賞した。

2019年製作/110分/G/デンマーク
原題:Onkel
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2019 88miles

映画レビュー

4.0反復と変化。そこに浮かび上がるユーモアと人間描写が素晴らしい

2020年12月31日
PCから投稿

また北欧から秀作が届いた。長年二人ぼっちで支え合ってきた叔父と姪。冒頭からしばらく台詞は無く、まるでサイレント映画を見ているかのように、わずかな表情と単調な身のこなしだけで、もう何年も変わりばえのない農場の暮らしが描かれていく。かくも丁寧に刻まれる反復。だが映画における反復とは、やがて生じるズレの予兆でもあることを私たちは知っている。果たして、父娘のような二人に訪れる転機とはーーー。互いの幸せを願うほど身動きが取れなくなっていく、この踏み出したいのに踏み出せない、もどかしい関係性の描写が実に素晴らしい。時に身を切るように切なく胸に迫るものの、かと思えば笑っちゃうくらい辛辣であり、それでいて優しく、愛おしい。この匙加減がなんとも絶妙だ。何より魅力的なのは、深刻なテーマを扱いながらも、仄かなユーモアが作品内に絶えず光を宿し続けるところ。彼らに幸せが訪れますようにと願わずにいられない作品である。

コメントする
共感した! (共感した人 14 件)
牛津厚信

5.0素晴らしい映画(ネタバレ)

2021年12月31日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
marumaru218

5.0説明的セリフがほぼないのが、日常のルーティンを表現している。それに...

えみりさん
2021年11月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

説明的セリフがほぼないのが、日常のルーティンを表現している。それにしても、ほぼ会話がない。景色が美しい。
ツンデレ。
デートの手助けをする叔父さん、
聴診器のシーンは美しい。二人の愛が切ない。
病院の中でも繰り返される日常。
ラストシーンは、互いが互いを探り合う視線が、互いに言及できない闇を写していてすごいと思う。
叔父さんは、彼女を縛りたくなかったんだろうけど、デートも邪魔するくらいだから、わざとコケたくらいにしかやはり思えない。3人でデートするあたりから、もう、ちょっと病的ではある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えみり

4.0わたしの幸せは…

2021年10月30日
iPhoneアプリから投稿

見たことがないような映画だった。
デンマーク映画。だからではないだろう…
自国でも最初は上映館数は少なかったらしい。でしょうね。と思う。

27歳の未婚女性クリスと その叔父さんの静かな日常のルーティンを丁寧に細やかに映像でこちらに伝えて来る。二人の沈黙を埋めるかのように、TVからのニュースが流れている…音楽もなく、殆どセリフもない。最初はどうして二人なんだろう?と思っていると、次第に二人の関係が解って来る。

クリスは14歳で親を亡くした後、ずっと叔父さんと二人暮らしで、牧場を営んで暮らして来た…そして、ある時、叔父さんが脳卒中?で倒れて身体が不自由となり、クリスは叔父さんの着替えから食事の世話、牧場の仕事を甲斐甲斐しくこなして来たことがわかる。

そんなクリスに訪れる恋の?予感。デートに誘われるが、叔父さんも着いて来る…

獣医になりたいと思ってたクリスに獣医のヨハネスが本を貸してくれたり、牧場を離れた事がないクリスを都会の講演会に誘う。好意を寄せるマイクも、獣医も、クリスの幸せを願っているからこそ…広い世界を見せようとする…

叔父さんも、そうなのだ。クリスを自分の犠牲にしたくないのだ。マッサージ師を頼んだのも、デートに付き添ったのも、相手が相応しいかを確かめたかったのだ、と思う。クリスが自由になれるように…

でも…恐れていた事が起きる!それを機にクリスは獣医の夢も、恋も…潔く捨ててしまう!

そして、やがて…穏やかないつもの静寂の中で二人の生活が、いつものように繰り返される…

でも…いつもの静寂を埋めていた物が…
壊れる。
そこで 終わる…! え?

見終わって、あれ?何だったんだろう?
私のような思慮浅い人間は観ていけない映画だったかもしれない😨と焦った( ̄▽ ̄;)

その後 思い返し思ったのは この映画は 二人が築いて来た長い年月の内の ある数ヶ月?数週間?を切り取って私達に見せていただけなのだ。

そして、クリスと叔父さんの絆が、映画では描かれていない過去で、どんな風に育まれて来たかを想像する、させる映画なのだと思った。

周りがクリスの幸福を願っているのは解る。でも…

幸福を決めるのはクリス自身なのだ。

叔父さんは傷付き寂しかった子供のクリスを どんなに深く愛して来たのだろう。そして、クリスにとって叔父さんは たった一人の肉親であり、倒れる前の叔父さんは きっと逞しく頼り甲斐があり、優しい、かっこいいヒーローのような人物としてクリスには思えていたのかもしれないと思った。だから、クリスは叔父さんが大好きだったのだ。そう思う。
叔父さんは 決して外見が良いとは言えない。でも…その瞳は慈愛に満ちて、優しい。姪の初デートの為にヘアアイロンを買ったり、髪の毛をカットしてあげたり。誕生日に獣医に必要な聴診器をプレゼントしてくれたり…
きっと 叔父さんは ずっと昔から優しかったんだろう…。

クリスにとって 幸せとは…
ずっと叔父さんの傍に居て、
叔父さんを世話し、叔父さんと共に食べ、
叔父さんと共に仕事し、叔父さんを毎朝 起こす事。

だって…大好きな叔父さんだから!
恋よりも、夢よりも、

「わたしの叔父さん」が大切だから。

クリスの選択は仕方なくなんじゃない!
彼女が、自ら望んだ選択。

叔父さんも そんなクリスと またいつもの静かな毎日を送るのを 淡々と受け入れる。

この先 どうなるか分からないけど…
いいじゃないか….。彼女が幸せなら…

東京国際映画祭でグランプリを受賞したことで、デンマークで話題になり、上映館が何倍も増えたそうだ。
こういう作品を芸術作品というのかな?

ただ、心に何かを残す 不思議な余韻の有る映画だったのは確か…。

[ 追記 ]

レビューを書いてから、その後、じわじわと映画の良さが胸に来ています。

☆ 赤石商店 土蔵映画館にて
9/30鑑賞

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
レモンブルー
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る