劇場公開日 2021年1月29日

「反復と変化。そこに浮かび上がるユーモアと人間描写が素晴らしい」わたしの叔父さん 牛津厚信さんの映画レビュー(感想・評価)

3.829
28%
56%
12%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0反復と変化。そこに浮かび上がるユーモアと人間描写が素晴らしい

2020年12月31日
PCから投稿

また北欧から秀作が届いた。長年二人ぼっちで支え合ってきた叔父と姪。冒頭からしばらく台詞は無く、まるでサイレント映画を見ているかのように、わずかな表情と単調な身のこなしだけで、もう何年も変わりばえのない農場の暮らしが描かれていく。かくも丁寧に刻まれる反復。だが映画における反復とは、やがて生じるズレの予兆でもあることを私たちは知っている。果たして、父娘のような二人に訪れる転機とはーーー。互いの幸せを願うほど身動きが取れなくなっていく、この踏み出したいのに踏み出せない、もどかしい関係性の描写が実に素晴らしい。時に身を切るように切なく胸に迫るものの、かと思えば笑っちゃうくらい辛辣であり、それでいて優しく、愛おしい。この匙加減がなんとも絶妙だ。何より魅力的なのは、深刻なテーマを扱いながらも、仄かなユーモアが作品内に絶えず光を宿し続けるところ。彼らに幸せが訪れますようにと願わずにいられない作品である。

コメントする
共感した! (共感した人 14 件)
牛津厚信
「わたしの叔父さん」のレビューを書く 「わたしの叔父さん」のレビュー一覧へ(全29件)
「わたしの叔父さん」の作品トップへ