i 新聞記者ドキュメント

劇場公開日

  • 予告編を見る
i 新聞記者ドキュメント
i 新聞記者ドキュメント
24%
41%
13%
1%
21%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画「新聞記者」の原案者としても話題を集めた東京新聞社会部記者・望月衣塑子を追った社会派ドキュメンタリー。オウム真理教を題材にした「A」「A2」、佐村河内守を題材にした「FAKE」などを手がけた森達也監督が、新聞記者としての取材活動を展開する望月の姿を通して、日本の報道の問題点、日本の社会全体が抱えている同調圧力や忖度の実態に肉迫していく。2019年・第32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品され、同部門の作品賞を受賞した。

2019年製作/113分/G/日本
配給:スターサンズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
河村光庸
製作
河村光庸
エクゼクティブプロデューサー
河村光庸
プロデューサー
飯田雅裕
石山成人
アソシエイトプロデューサー
塩沢葉子
上尾歩
監督補
小松原茂幸
撮影
小松原茂幸
森達也
編集
鈴尾啓太
音楽
MARTIN
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019「i 新聞記者ドキュメント」

映画レビュー

3.5記者クラブに阻まれる森監督

2019年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

劇映画の方はいまいちのれなかった。『新聞記者』というタイトルなのに、主人公の記者が自分で情報を取ってこれない。内調のリークに頼りっきりでそれで本当に権力の監視としての役割を果たせるのかと心配になった。ジャーナリストを描いた作品の醍醐味は、やはり記者が足で情報を稼いで、点と点をつないで真実にたどり着くというプロセスにあるのではないか。
その点、このドキュメンタリーの主人公、望月氏はアクティブに全国を駆け巡り、自らの力で情報を稼いでくる。現場で見て、聞いた実態を官房長官に質問という形でぶつけているのだ。劇映画の方もそういう姿をもっと描いてほしかった。
本作は、そんな望月記者の官邸との戦いと平行して、記者クラブの壁と戦う森監督の姿も映し出す。望月氏は官房長官の壁に阻まれるが、森監督はその手前の記者クラブの壁に阻まれる。こういう二重構造をしっかり見せるのは上手い。単なる政権批判にとどまらず、メディアの構造問題も見事に浮き彫りにしている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
杉本穂高

1.5記者として1つ大きな役割は空気を壊すこと

shimoさん
2020年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

4.0国民の下僕がやりたい放題

ミカさん
2020年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

日本では、日本国民が総理や議員に対して賃金を払っています。つまり、総理や議員は国民から雇われた人達です。

仮に一般企業で雇われた人間が社内で、

・毎日虚偽の報告をする
・友達に安く会社の土地を売る
・友達に会社の仕事の中抜きをさせる
・友達に会社のお金を配りまくる
・社内でコロナを人為的に流行らせる

としたら、どうでしょう。クビどころか逮捕です。

ところがどういう訳か、雇われ人である総理や議員にはこれが当てはまらないようで、雇い主である国民がコロナで困窮しているのにも関わらず、逆に莫大な給料を手にしています。そして、雇い主である国民に知られたら激怒される数々のことを、主要なメディアでは全く突っ込んで報道していません。

新聞記者が質問をすることは先進国では普通の事なのに、質問をしている望月記者がクローズアップされること自体、日本が異常な国という事なんですよね。私はとてもナイスな記者だと思うのですが、むしろ望月記者みたいな方が他にいないということなのでしょうか。

劇中にも出てきましたが、記者クラブという謎の組織があることもメディアのトップが総理と会食することも、他の先進国ではあり得ないことです。森監督はこの異常なメディアの実態を、望月記者を通じて浮き彫りにしていましたが、高齢者の様に国内メディアにしか頼る事ができない方が多いのも現実です。本当にどうしたら良いんでしょうね。しかし、知り合いの高齢女性は、読売新聞から東京新聞に購読を変えてから自民党支持をやめました。主要メディアが真実を報道すれば、日本も変われるのだと思います。

最近ロイターが、日本政府が電通に発注した仕事が異常に中抜きされている記事を出していました。しかし、国内メディアでは全く報道されていません。つまりは、政府が税金を使って電通を特別扱いすることと官邸や電通に不利な報道を出さないことは地続きなのでしょう。

だからこそ、記者の皆さんには是非頑張って欲しいと思いました。日本の記事がまともであれば、独立系でもメルマガでも国内の情報にお金を払います。今の政府には税金を払いたくありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ

4.0そうそう、こっちが観たかった。

JYARIさん
2020年7月31日
PCから投稿

「新聞記者」を観てから、本作を鑑賞。
最近ドキュメンタリー映画が好きなのだが、本作はそれを象徴する一作だ。
特に森達也監督はシーンの狭間に様々な意図を散りばめる。

そして望月記者、わたしでも名を知っている溜池夫婦。
そこまで踏み込むかというシーン、ここはカットしなくて大丈夫なのかと思うシーン。

現実だからこそ、どの登場人物も精一杯にその時を生きている。
それが垣間見れるのがドキュメンタリーの良さだろう。

そして結末に「i」の意味をもってくる。
深く納得できた。これから私たちが大切にすべきものだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全60件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「i 新聞記者ドキュメント」以外にこんな作品をCheck-inしています。