カセットテープ・ダイアリーズ

劇場公開日

カセットテープ・ダイアリーズ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1980年代のイギリスを舞台に、パキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していく姿を描いた青春音楽ドラマ。87年、イギリスの田舎町ルートン。音楽好きなパキスタン系の高校生ジャベドは、閉鎖的な町の中で受ける人種差別や、保守的な親から価値観を押し付けられることに鬱屈とした思いを抱えていた。しかしある日、ブルース・スプリングスティーンの音楽を知ったことをきっかけに、彼の人生は変わり始める。出演は「キャプテン・アメリカ」シリーズのヘイリー・アトウェル、「1917 命をかけた伝令」のディーン=チャールズ・チャップマン。監督は「ベッカムに恋して」のグリンダ・チャーダ。

2019年製作/117分/G/イギリス
原題:Blinded by the Light
配給:ポニーキャニオン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5いつの時代も音楽は若者をたぎらせる

2020年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いつの時代も音楽は若者の心をたぎらせる。そして音楽は人種を超える。イギリスの保守的な田舎の町に暮らすパキスタン系の高校生が、ブルース・スプリングスティーンの音楽に出会って、成長していく姿を爽やかに描いている。保守的な田舎町の人種問題も、音楽と若者というモチーフもありきたりだけど、ありきたりな作品に収まらない、輝きに満ちた作品だ。
ブルース・スプリングスティーンは、青春をテーマに歌ったり、社会派的なメッセージ・ソングを歌うこともあるミュージシャンだが、そんな彼の姿勢と本作の社会派+青春という姿勢は絶妙にマッチしていて、映画と音楽の幸福なカップリングが成立している。グリンダ・チャーダ監督の作品では『ベッカムに恋して』に近い作品だ。あれはインド系の少女の話だったが、こちらはパキスタン系の少年の話。民族的には近い両国には複雑な歴史があるが、その複雑さを『英国総督 最後の家』で描いている。イギリス・インド・パキスタンの3国の関係と複雑さ、引き裂かれた思いなどを背負って、こういう爽やかな青春映画を作るという姿勢が素敵だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

3.0差別偏見をもろともせず

2022年6月26日
iPhoneアプリから投稿

自分を押し通していく。

それが1人の歌手からで。
カセットテープが流れ出るメロディに心惹かれる青年の物語

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
walkindude

4.0ブルース・スプリングスティーン、さすがっす

2022年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

「パキ」と言われ差別を受けながらもブルース・スプリングスティーンの歌を聴いてから生き方まで変わってしまう主人公。
感受性が強く果敢な年頃だけにブルース・スプリングスティーンの爆発力が大いに背中を押した。

ウイ・アーザ・ワールドで歌うブルース・スプリングスティーンは礼儀正しく歌になると心がこもった必死さが伝わってくる。私も大好きだ。

物語が進むにつれ主人公が成長していくのが感じられたのは言うまでも無い。
友達関係も不器用ながらうまく築けて行けそう。
これがブルース・スプリングスティーンではなくビートルズやエルトン・ジョンだとまた違った展開になったんだろうな。
それよりカセットを貸してくれたループスに出会わなかったら映画にもならなかったかんではないか、いや、ホンマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Elton Shin

4.5音楽青春映画

猫柴さん
2022年3月28日
iPhoneアプリから投稿

パキスタンからの移民でイギリスの田舎町にすむ
青年。

80年代イギリスの貧しく閉鎖的な雰囲気の中で
差別を受け、貧困に喘ぎながら
厳格な父に支配される毎日

ある時、友達の勧めで聴いた

アメリカのミュージシャン
ブルーススプリングスティーンに心を打たれて

受け身だった毎日が変わっていく、、、

青春時代に音楽に救われた覚えのある人なら
共感できるストーリーだ

国境や人種をこえて
音楽がもつパワーに心踊らされる。

ブルーススプリングスティーン知らなくても
楽しめる映画だと思う。

ラストはありきたりではあったけれど

スピーチの内容は胸をうちます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
猫柴
すべての映画レビューを見る(全116件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「カセットテープ・ダイアリーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。