鉄道運転士の花束

劇場公開日

鉄道運転士の花束

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

定年間近の鉄道運転士が同じ仕事に就いた息子を一人前の運転士に仕立て上げる姿を、ブラックユーモアを交えて描いたセルビア映画。定年間近の鉄道運転士イリヤは現役時代に電車の事故で28人を殺してしまったという不名誉な記録の持ち主。イリヤが養子として迎えた息子シーマは、義父の仕事を継ぐ準備をしていた。イリヤは折に触れシーマに「事故は避けて通れないものだ」と話すが、運転士の業務についたシーマは夜も眠れないほど不安にかられてしまう。仕事をはじめて3週間、シーマは無事故を続けていたが、ついにその緊張感に耐えられなくなる。そんな息子を助けるため、イリヤは自殺志願者を探し、ビルなどから飛び降りるかわりに電車に轢かれてほしいと無茶な交渉を進めるが……。監督、脚本はカンヌ映画祭短編部門で審査員賞受賞経験もあるミロシュ・ラドビッチ。

2016年製作/85分/G/セルビア・クロアチア合作
原題:Dnevnik masinovodje
配給:オンリー・ハーツ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM

映画レビュー

3.0独特のブラックさと、ほのぼの系ハートウォーミングの谷間をゆく

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

大感動できたり、大笑いできたり、というわけでもないのだが、何だか妙に心をくすぐるものがある。それはひとえに、日本ならばブラックジョークの度合いが過ぎるとコンプラに引っかかりそうな内容が、このセルビア=ボスニア合作では実にユニークに味付けされて俎上に上がっているからだろうか。お国柄を感じさせる「笑える、笑えない」のラインには多少ヒヤヒヤ。でも決して人の生死を安易に持ち出しているわけでなく、映画の重要な柱として用いているので、嫌な後味が残ることはない。

これは少年の通過儀礼の物語だ。血は繋がってなくても、それ以上の絆で繋がった父と子がいる。初老の鉄道運転士は子どもに対して「恐れるな。きちんと前を見て、経験を重ねて、進んでいけ」と遺言にも近い意志を伝えようとする。かくも親から子へ「人生の踏み出し方」を伝授する意味では、レトリックはどうあれ、万国共通の普遍的なテーマとして受け取ることができた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

1.0期待を外しまくり…

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
突貫小僧

3.0轢いてからこその一人前!?

2019年8月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

JR職員、日本の鉄道関係者が観たら、爆笑の嵐になるのではないか!?

笑える内容がシュールに描かれている割りに、ソコを狙っているわけでは無い演出が目立っているような、轢いてナンボな価値観に奇想天外な世界観。

特に不条理で非常識な人物が出て来る訳ではないのに、何かが変で一人一人がズレている!?

最後は皆、ハッピーエンドってな不謹慎で不快な気持ちになるようなテーマをギリギリに、ホンワカと和んで鑑賞している自分に笑けてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.5なに、これ。

peanutsさん
2019年8月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ブラック過ぎて全く感覚がわからんかった。鉄道シーンだけ好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts
すべての映画レビューを見る(全10件)