鉄道運転士の花束

劇場公開日

鉄道運転士の花束
15%
46%
30%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

定年間近の鉄道運転士が同じ仕事に就いた息子を一人前の運転士に仕立て上げる姿を、ブラックユーモアを交えて描いたセルビア映画。定年間近の鉄道運転士イリヤは現役時代に電車の事故で28人を殺してしまったという不名誉な記録の持ち主。イリヤが養子として迎えた息子シーマは、義父の仕事を継ぐ準備をしていた。イリヤは折に触れシーマに「事故は避けて通れないものだ」と話すが、運転士の業務についたシーマは夜も眠れないほど不安にかられてしまう。仕事をはじめて3週間、シーマは無事故を続けていたが、ついにその緊張感に耐えられなくなる。そんな息子を助けるため、イリヤは自殺志願者を探し、ビルなどから飛び降りるかわりに電車に轢かれてほしいと無茶な交渉を進めるが……。監督、脚本はカンヌ映画祭短編部門で審査員賞受賞経験もあるミロシュ・ラドビッチ。

2016年製作/85分/G/セルビア・クロアチア合作
原題:Dnevnik masinovodje
配給:オンリー・ハーツ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM

映画レビュー

3.0独特のブラックさと、ほのぼの系ハートウォーミングの谷間をゆく

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

大感動できたり、大笑いできたり、というわけでもないのだが、何だか妙に心をくすぐるものがある。それはひとえに、日本ならばブラックジョークの度合いが過ぎるとコンプラに引っかかりそうな内容が、このセルビア=ボスニア合作では実にユニークに味付けされて俎上に上がっているからだろうか。お国柄を感じさせる「笑える、笑えない」のラインには多少ヒヤヒヤ。でも決して人の生死を安易に持ち出しているわけでなく、映画の重要な柱として用いているので、嫌な後味が残ることはない。

これは少年の通過儀礼の物語だ。血は繋がってなくても、それ以上の絆で繋がった父と子がいる。初老の鉄道運転士は子どもに対して「恐れるな。きちんと前を見て、経験を重ねて、進んでいけ」と遺言にも近い意志を伝えようとする。かくも親から子へ「人生の踏み出し方」を伝授する意味では、レトリックはどうあれ、万国共通の普遍的なテーマとして受け取ることができた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

平和な時代にも人は殺されている

2021年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 一介の鉄道運転士にしては刑事や軍人のように眼光の鋭い俳優。なんか見たことある人のような、、、
 「アンダーグラウンド」のラザル・リストフスキーではないか。
 平和な時代のセルビアでも人は死ぬ。いや、殺される。鉄道に。事故で死なせてしまった人数を自慢げに話す運転士仲間たちの描写に批判的な意見が多いが、これらの意見はすべて近代社会に生きる人間すべてに帰ってくるブーメランとなる。
 鉄道に限らず、高速道路や航空機でも毎年のように死者が出ている。我々の社会は死者が出ることを前提としてこのようなインフラ整備に血税を注ぎ込み続け、むしろそれを発展や成長という誇るべき価値と認識しているのだ。
 運転士になってまだ事故に遭っていない若者が、いずれ遭遇することになる事故と殺人におびえている姿は、近代社会に生きる者が、上の価値観に疑問を抱き人命の犠牲を畏れるとまともには生きてはいけないことの現れではなかろうか。
 長い内戦で多くの死者を出したセルビアで、平和が訪れたあとでも人が殺され続けている。いや、我々の生きる世界そのものが、そのように絶えず人命を犠牲にして動き続けている皮肉。
 主人公のシニカルなセリフの多くがこうした世界観から出ているものとして観ると実にすんなりと腑に落ちる映画となる。
 しかし、車両基地らしきところで車両を改造した住居がなんとも魅力的だった。とくに図書室のようになっていた恋人の部屋。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
佐分 利信

3.0フィルムの雰囲気

ミカさん
2021年8月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

フィルムの雰囲気がクストリッツァみたいでした。物語は淡々としていましたが、内容はシニカルですね。これ日本だと、シャレになりません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

3.5線路は幸せを運んでくる、ごくたまに。

栗太郎さん
2019年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「俺は線路にいたガキを拾ってきただけだ」と言いながら、我が子以上の愛情でシーマを育てるイリヤ。これぞ東欧の映画と言わんばかりのシュールさが満載。
鉄道運転手は人を轢き殺してなんぼ、の価値観で生きる人々。確かに、避けきれない事故はあるだろうが、彼等の、電車が来るのに線路に入り込む方がわるいんだものしょうがないえじゃねえか、って開き直りが、なんだか誰かのために嫌な役回りを買って出てやっているんだって清々しさにすら感じてしまう。今の日本じゃ確実にコンプライアンスに引っかかり、メジャーで制作することなんてできないストーリー。だけど、そのなかに、不器用ながらも隣人を愛する人ばかりが出てくれば、これはもう子供にだって勧めたくなる。世の中悪いことばかりだけど、けして悪意ばかりではないよ。夢は大きくなくたっていい、誰かが幸せになるためならそれは素晴らしいことだよ、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
栗太郎
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る