鉄道運転士の花束

劇場公開日

鉄道運転士の花束
15%
51%
26%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

定年間近の鉄道運転士が同じ仕事に就いた息子を一人前の運転士に仕立て上げる姿を、ブラックユーモアを交えて描いたセルビア映画。定年間近の鉄道運転士イリヤは現役時代に電車の事故で28人を殺してしまったという不名誉な記録の持ち主。イリヤが養子として迎えた息子シーマは、義父の仕事を継ぐ準備をしていた。イリヤは折に触れシーマに「事故は避けて通れないものだ」と話すが、運転士の業務についたシーマは夜も眠れないほど不安にかられてしまう。仕事をはじめて3週間、シーマは無事故を続けていたが、ついにその緊張感に耐えられなくなる。そんな息子を助けるため、イリヤは自殺志願者を探し、ビルなどから飛び降りるかわりに電車に轢かれてほしいと無茶な交渉を進めるが……。監督、脚本はカンヌ映画祭短編部門で審査員賞受賞経験もあるミロシュ・ラドビッチ。

2016年製作/85分/G/セルビア・クロアチア合作
原題:Dnevnik masinovodje
配給:オンリー・ハーツ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM

映画レビュー

3.0独特のブラックさと、ほのぼの系ハートウォーミングの谷間をゆく

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

大感動できたり、大笑いできたり、というわけでもないのだが、何だか妙に心をくすぐるものがある。それはひとえに、日本ならばブラックジョークの度合いが過ぎるとコンプラに引っかかりそうな内容が、このセルビア=ボスニア合作では実にユニークに味付けされて俎上に上がっているからだろうか。お国柄を感じさせる「笑える、笑えない」のラインには多少ヒヤヒヤ。でも決して人の生死を安易に持ち出しているわけでなく、映画の重要な柱として用いているので、嫌な後味が残ることはない。

これは少年の通過儀礼の物語だ。血は繋がってなくても、それ以上の絆で繋がった父と子がいる。初老の鉄道運転士は子どもに対して「恐れるな。きちんと前を見て、経験を重ねて、進んでいけ」と遺言にも近い意志を伝えようとする。かくも親から子へ「人生の踏み出し方」を伝授する意味では、レトリックはどうあれ、万国共通の普遍的なテーマとして受け取ることができた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.0ブラックなのにほのぼの

Scottさん
2019年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

血のつながらない息子が「運転士になりたい!」っていう夢を叶えようとして、それで人間関係が変化してく話なのね。

「運転士とは人を轢くものだ」っていう定義になってて、そこを軸に物語が動くからブラックなんだよね。なのに、家族愛を中心としたほのぼのとした映画に観える。

そこが面白かったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

4.0ダークで奇妙でハートフル

しずるさん
2019年9月5日
Androidアプリから投稿

笑える

怖い

知的

タイトルだけ見て、『ぽっぽや』みたいなハートフル映画かと思っていた。あらすじ確認してから見に行って良かった!危ない所だった。
強烈なブラックユーモア。運転士と轢死の話である。

冒頭からガツンと殴られる。主人公の老運転士が、轢殺事故後のカウンセリングを受ける。カウンセラーが気に食わない運転士は、殊更グロテスクに事故死体の様子を語る。反対にカウンセラーがパニック発作を起こし、主人公が介抱する羽目になる。外連味たっぷりに投げつけられる『死』と『殺人』の衝撃と、にも関わらず、専門家と患者の反転という滑稽な事態に誘われる苦笑。分類し辛い思考状態に追いやられ、あれあれ、これは胸糞悪いか面白がれるか、紙一重かも知れないぞ?と、少し身構える。
『死』と『殺人』は常につきまとう。運転士達はそれを笑いに紛らして心の傷と折り合いをつけ、職務をつづける。車庫に並んだ廃車両に住む隣人達。皆が互いの身内を轢き、轢かれているという異常事態。中盤加速度的に病んでいく登場人物。恐怖と不安、後悔と喪失の痛み。
ところが一方、人々の愛情は深く、逞しく豊かに人生を生き抜いている。気難しく頑固な老運転士の拾い子への愛情、孤児の少年の主人公への憧憬。家族のように集い思いやる隣人達、老いらくの恋心。
線路の上で出会った老運転士と少年は、最後に再び逆さ絵のように線路上で向き合い、円環は閉じらる。
数刻前までの不穏さを忘れ去ったかのように、暖かく寄り添い列車に揺られ、つかの間の休養に向かう人々。
…あれ?終わってみれば、思いの外ホッコリと悪くない気分に…?

切り口も、感触も、大変不思議な作品である。
ブラック極まりないネタなのに、あまり陰惨さはない。現実の容赦なさと併せ、人間の弱さ、強さ、哀しさ、いとおしさも描かれている。老人達は趣深く、お洒落で可愛く格好いい。極めて狭いコミュニティー内の話だが、1時間半とコンパクトに纏まっているのも丁度のボリュームだ。犬、ワイン、花、車両改造住宅…、小道具も効いている。

この映画のテーマとは何だろう。線路や列車は人生や宿命の比喩、避けられない困難も苦しみも、時には少しの幸せも、消化し折り合いをつけて人は生きるしかない。そんな表現なんだろうか。
ちょっと頭を捻ってみたりもしたけれど、今回はあまり論理的な答えを求めずに、あーあーと嘆息しながら、どこかホッと救われるような不思議な心持ちを、ただ味わっていたいと思った。

しかしながら、かように不謹慎なネタでもあり、台詞もシチュエーションも、ギリギリ紙一重、人によってはアウトな場合もあろう。受け止め方はピンキリかもしれない。
地雷回避は自己責任でどうぞよろしく。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
しずる

5.0めっちゃおもしろい!

2019年8月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

評価は、好みも加味されて、大きく別れるだろう。
存在感を持てずに育った人間が強く生きていく?
成長ドラマ?強くなるって不条理を生きるってこと?
不条理を超えるには不条理に生きなければいけない?
変な世界を変わった描き方をしているという見方もできるけど、今生きている世界がこんなものという素直な見方もある。そう見れば、この作品は〜普通のブラックユーモアというより〜不条理作品の秀作のひとつ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん
すべての映画レビューを見る(全13件)