劇場公開日 2019年8月17日

「独特のブラックさと、ほのぼの系ハートウォーミングの谷間をゆく」鉄道運転士の花束 ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0独特のブラックさと、ほのぼの系ハートウォーミングの谷間をゆく

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

大感動できたり、大笑いできたり、というわけでもないのだが、何だか妙に心をくすぐるものがある。それはひとえに、日本ならばブラックジョークの度合いが過ぎるとコンプラに引っかかりそうな内容が、このセルビア=ボスニア合作では実にユニークに味付けされて俎上に上がっているからだろうか。お国柄を感じさせる「笑える、笑えない」のラインには多少ヒヤヒヤ。でも決して人の生死を安易に持ち出しているわけでなく、映画の重要な柱として用いているので、嫌な後味が残ることはない。

これは少年の通過儀礼の物語だ。血は繋がってなくても、それ以上の絆で繋がった父と子がいる。初老の鉄道運転士は子どもに対して「恐れるな。きちんと前を見て、経験を重ねて、進んでいけ」と遺言にも近い意志を伝えようとする。かくも親から子へ「人生の踏み出し方」を伝授する意味では、レトリックはどうあれ、万国共通の普遍的なテーマとして受け取ることができた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら
「鉄道運転士の花束」のレビューを書く 「鉄道運転士の花束」のレビュー一覧へ(全12件)
「鉄道運転士の花束」の作品トップへ