風の電話

劇場公開日

風の電話

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ライオンは今夜死ぬ」の諏訪敦彦監督が、震災で家族を失った少女の再生の旅を描いた人間ドラマ。今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話として、岩手県大槌町に実在する「風の電話」をモチーフに映画化した。8年前の東日本大震災で家族を失い、広島の叔母のもとで暮らす17歳の少女ハル。ある日、叔母が突然倒れ、自分の周りの人が誰もいなくなってしまう不安にかられた彼女は、震災以来一度も帰っていなかった故郷・大槌町へ向かう。豪雨被害にあった広島で年老いた母と暮らす公平や、かつての福島の景色に思いを馳せる今田ら様々な人たちとの交流を通し、ハルは次第に光を取り戻していく。道中で出会った福島の元原発作業員・森尾とともに旅を続けるハルは、「もう一度、話したい」という強い思いに導かれ、故郷にある「風の電話」にたどり着く。主人公ハルを「少女邂逅」のモトーラ世理奈、森尾を西島秀俊が演じる。

2020年製作/139分/G/日本
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2020 映画「風の電話」製作委員会

映画レビュー

4.5モトーラ世理奈は早くも邦画界でかけがえのない存在に

AuVisさん
2020年1月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

知的

NHKドラマ「透明のゆりかご」(現在4Kで再放送中)で初めてモトーラ世理奈を知り、その圧倒的な個性に驚かされた。そして昨年から今年にかけて「少女邂逅」「おいしい家族」そして本作と、主役や重要な役で起用され、異なる物語の中にもある種共通した空気感を醸し出している。

東日本大震災で家族を失った17歳のハルが、多くの人に助けられながら故郷を目指す旅を描く。道中で出会う人々の経験や思いや優しさに触れ、彼女は喪失を自覚し、再生のきっかけをつかんでいく。演技巧者の共演陣を相手に、モトーラ世理奈は常に自然体に見える。泰然ではなく、はかなげで、頼りなさげで、自らを持て余すかのような。そんな脆弱さを演技という鎧で隠すのではなく、そのままさらけ出す逆説的な“強さ”がある。それを引き出した諏訪敦彦監督の演出も大きい。

どうかこの魅力を失わないまま、邦画界で順調にキャリアを積み上げてほしい、と心から願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
AuVis

5.0一つだけ惜しいのが

2020年2月15日
Androidアプリから投稿

素晴らしい作品だと思う。一つ惜しいのは、モトーラ世理奈さん演じるヒロインが、呉線の駅で「あえて自宅最寄駅とは反対方向ゆき(「糸崎」と読めた)の電車に乗った」ことが、地元の方or旅好きにしかたぶん分からないこと。ヒロインはすっと電車に乗ったのではなく、躊躇しながら発車間際に乗ったことで、東(大槌の方向)へ向かおうということを示そうとしたのだろうが、この場面はヒロインにとってターニングポイントとなるので、もうひと工夫欲しかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よっきゅん

3.0静寂の女優に尽きる

隣組さん
2020年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ロードムービーとは予想外でした。風の電話をモチーフにしている点は良いと思うが途中の展開が今一つで心に伝わる物は無し。同じような経験者ならかなり感情移入し素晴らしい作品と感じるのではなかろうか。
それでも静寂の女優と言われるモトーラ世里奈の演技は素晴らしい。彼女の今後の活躍に期待したい。
2020-26

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
隣組

3.5新人女優の一人芝居の様な力作

2020年2月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

モトローラさんの演技は本当に実体験してるような、荒いかもしれないが胸に響く演技ですね!周りを固める西島さん三浦友和さん西田さんは話しをつなげる役割をしてる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高桑 ムツ子
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る