一粒の麦 荻野吟子の生涯

劇場公開日

  • 予告編を見る
一粒の麦 荻野吟子の生涯
一粒の麦 荻野吟子の生涯
25%
25%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

明治時代、近代日本で初めて女性で医師として認められた荻野吟子の生涯を描いた伝記ドラマ。嘉永4年(1851年)、武蔵国幡羅郡俵瀬村(現在の埼玉県熊谷市)に生まれ、幼い頃から兄たちよりも聡明で周囲を感嘆させた吟子。しかし、女に学問はいらないと隣村の名主の家に嫁に出され、そこで夫から病気を移されると、今度は子どもの産めない嫁はいらないと実家に帰されてしまう。この無情な現実に泣いた吟子は、自分と同じように涙を飲む女性たちのために医者になることを決意する。まだ女性に医者の認可を与える制度がない時代、吟子は男性社会の中で道なき道を歩んでいく。監督・脚本は「母 小林多喜二の母の物語」「エンジェルがとんだ日」の山田火砂子。吟子役で若村麻由美が主演し、山本耕史、賀来千香子、佐野史郎、柄本明らが共演。

2019年製作/110分/G/日本
配給:現代ぷろだくしょん

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0女医第一号女性の波乱に満ちた生涯

2020年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作の山田火砂子監督は、現時点で日本最高齢の女性映画監督である。

監督の作品を初めて見たのは、松平健が石井十次役を主演の「石井のお父さん」からだ。
一人の生涯を2時間にまとめる技量に感銘を受けました。
常盤貴子主演の「筆子その愛」や寺島しのぶ主演の「母 小林多喜二の母の物語」も素晴らしい作品であった。

ご高齢であるためか、監督の新作は数年に一度あるかないかだ。
今回の「一粒の麦 荻野吟子の生涯」も楽しみにしていた。
男尊女卑と闘い、隣人愛に生涯を捧げた吟子の生涯を、主演の若村麻由美さんが巧みに演じられていた。
劇中に流れるジャズ調の音楽も物語によく合っていた。
あっと言う間の2時間であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スーパーサック

3.0偉大な女性の自伝的映画

2019年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

新宿KScinémaで鑑賞したが、冒頭開始5分で突然に上映中断。音声と映像がズレたので再起動するので10分後に再開、長い間の映画人生でもこんなの初めてです。とても貴重な体験を楽しみました。若い時だと映画が台無しだとブチ切れたかも(^^)
作品は明治の男尊女卑の時代における日本最初の女性医師の誕生のお話です。女性の地位向上、男女平等、キリスト教、貧困と人身売買、北海道開拓民等々の多くのテーマを取り上げており、それぞれが消化不良の感はありますが荻野吟子さんという素晴らしい女性の伝記映画を見られて良かったです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナカネム

3.0女医1号誕生のご苦労はよくわかったけど

2019年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

女性◯◯1号誕生の裏には、いろんな障害、ご苦労があったとは思うが、女医の場合については今回初めて知った。どの道でも、こういった無謀とも言える信念の一人が切り開いてきているんだろうな。
とはいえ、本作はエピソードが多く感動している暇がないくらい。それほど波瀾万丈な人生を歩んだということなんだろうから、荻野吟子さんの人生に拍手ってところかな!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

3.02時間で生涯を描くという無謀

Imperatorさん
2019年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

1本の映画で、偉人の生涯をなぞるという“無謀”が出てしまった残念作だった。
ロマンチックな誇張を排する、実直な描き方は好印象だが、あるテーマを持って掘り下げたドラマとは言えない。
例えば先日観た映画「二宮金次郎」では、時期が限定されていたので、テーマが絞られた、まとまりのある作品になっていた。

山田監督は、舞台挨拶で「(高踏的な)“芸術”なんて要らない」と語っていたが、分かりやすい作品であることは間違いない。
性感染症にかかって、男子医学生が見つめる中で、衣服を脱がざるをえないシーンなどは、短いが見ごたえがあった。
しかし全体的に、一つのシーンと次のシーンとの連続性が乏しく、また、ベテラン俳優で固めたわりには、ぎこちない印象が拭えない。

それらの理由は、あまりに展開が早いためだろう。
主人公の医師としての仕事の姿や、信仰に至るまでの心の動き、若き夫との恋愛、そしてそもそも、子供が産めなくなった若き頃の苦悩さえ、満足に描かれることはなかった。
文献資料の大幅な不足は想像できる。しかし、“誇張”は不要だが、作り手の人物解釈に基づく“創作”こそが、伝記映画の醍醐味だし、腕の見せ所のはず。

舞台挨拶では、作品に対する思いが伝わってきて感動的であった。(ついでに言えば、女優とは何と美しいものかと改めて驚いた。)
ただ、“偉人伝”として、全生涯を描きたかったのは理解できるが、たった2時間では不可能であり、やはり何らかの切り口が必要だったと思う。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Imperator
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「一粒の麦 荻野吟子の生涯」以外にこんな作品をCheck-inしています。