エンテベ空港の7日間

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
エンテベ空港の7日間
エンテベ空港の7日間
6%
45%
38%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「エンテベの勝利」「特攻サンダーボルト作戦」「サンダーボルト救出作戦」とこれまでに3度映画化されたハイジャック事件を、「エリート・スクワッド」でベルリン映画祭金熊賞を受賞したジョゼ・パジーリャ監督がハイジャック犯目線の要素や新事実などを盛り込んで描いた政治群像劇。1976年、イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機が乗っ取られるハイジャック事件が発生した。500万ドルと50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求する犯人に、多数の国民を人質にとられたイスラエル首相は交渉の道を探りながらも態度を保留する。犯人との交渉に反対の意向を示す国防大臣は、士官らとともに秘密裏に人質奪還計画を進めていくが……。「ラッシュ プライドと友情」のダニエル・ブリュール、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクのほか、エディ・マーサン、リオル・アシュケナージらが脇を固める。

2018年製作/107分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:7 Days in Entebbe
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2017 STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0歴史的事件を多角的に描く筆致、高まりゆくボルテージは必見

2019年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

序盤から天井を突き破るようなボルテージに度肝を抜かれた。まずもって作品の随所にイスラエルの現代舞踏を効果的に盛り込んでみせたところが面白い。一見、ミスマッチにも思える技だが、徐々にその抽象的な表現性が、世界の中で孤立する国家、そして集団の中における個人を様々な形で投影していることに気づかされる。

なおかつ、このハイジャック事件を、犯行メンバー、機内乗務員、イスラエル政府、特殊部隊といった様々な視点から多角的に描き、それぞれの抱える葛藤を「これでもか」というほど炙り出してみせたところがなんとも圧巻。主演のダニエル・ブリュールとロザムンド・パイクの心の揺れ具合も見せ場がたっぷりだ。

監督のジョゼ・パジーリャは、『エリート・スクワッド』を始め、臨場感みなぎるアクションやサスペンスにおいて事件の最前線にいるようなダイナミズムを感じさせる逸材。やはり彼の作品にハズレなし。見て損はない秀作である。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

2.0憎しみの負の連鎖…

ケイさん
2021年3月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ケイ

3.5サンダーボルト

2020年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1976年に起きたハイジャック事件、エアフランス機はウガンダのエンテベ空港に着陸する。
イスラエル政府は人質解放のサンダーボルト作戦を発動する。
犯人一味にはドイツ人2名がいて、ドイツ人がユダヤ人を、という構図になる。
成功裡に終わった作戦だが、イスラエルとパレスチナに平和は来ていない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5死者25人以下なら成功?

kossyさん
2020年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 個人的に最も記憶に残るハイジャック事件は過激派の犯行によるものが多い中、1979年の日本航空ハイジャック事件。犯人は単独で、所持金数10円。思想的背景無し。ニュースを聞いた途端に笑ってしまい、それをもとに曲まで作ったという楽しい思い出。犯人は今何をしてるのだろう・・・?

 このエンテベ事件についてはほとんど記憶にないけど、ハイジャックが頻発していた70年代だから、ふーんといった感じで聞き逃していたに違いない幼い俺。イスラエルとパレスチナの対立にしても、難しいので知ることを拒否っていたに違いない。試験に出ないし・・・

 珍しく、テロリストたちと対応する政府の両側の心理描写を描いていたことに好感が持てる。また、ドイツ人がテロ犯に加わっていたこと。ダニエル・ブリュールとロザムンド・バイクは意識の差こそあれ、なぜパレスチナに加担しているかがわからなくなっている点がいい。まぁ、作者の想像の域を越えないのではあるが。

 死者数が少なく、軍事制圧成功例として国威高揚させるだけではなく、永遠に続きそうな中東問題に喝を入れるような描き方も興味深い。制圧したところで国家間の紛争は止まらないのだから。

 ダンスは面白かった。サンダーボルト作戦に参加する兵士の恋人サラが一人だけ突っ伏してしまう演技は色んな解釈が出来そう。また、細かいところだけど、ラビン首相一人だけが挙手するときにナチス式ではなかったのも興味深いところ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る