ティーンスピリット

劇場公開日:

ティーンスピリット

解説

「マレフィセント」「20センチュリー・ウーマン」のエル・ファニングが主演し、本格的な歌唱シーンにも挑戦した青春音楽ドラマ。イギリスのワイト島で、移民として母子家庭で育った内気な少女ヴァイオレット・バレンスキは、現実の世界から自分を解き放ってくれる音楽を心のよりどころに生きていた。ある時、国際的に有名な人気オーディション番組「ティーンスピリット」の予選が地元で行われることを知ったヴァイオレットは、退屈な田舎町を抜け出して歌手になる夢をつかむため、オーディションに挑む決意をするが……。監督・脚本は、名匠アンソニー・ミンゲラを父に持ち俳優としても活躍するマックス・ミンゲラ。製作に「ロケットマン」「リトル・ダンサー」の俳優ジェイミー・ベル。

2019年製作/94分/PG12/イギリス・アメリカ合作
原題:Teen Spirit
配給:KADOKAWA

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 VIOLET DREAMS LIMITED.

映画レビュー

4.0説明セリフに頼らない新鋭マックス・ミンゲラの演出の冴え

2020年1月30日
PCから投稿

誰かに噛みつきたいわけではないので、ほかの方のレビューを一切見ずに書きます。一番言いたいのは、本作が「MTVっぽい編集の中身の薄い映画ではない!」ということ。確かに、オーディション番組がモチーフということもあり、音楽合わせの編集が多く、歌の場面になるとミュージックビデオっぽい演出も増える。しかし、そういうカットの積み重ねの中に、実にさりげなく、登場人物の心情や背景が想像できる情報が仕込まれていて、流れるように観られるのに、気持ちがちゃんと伝わってくる演出がなされているのだ。

プロットは極めてシンプルだし、オチも決してヒネったものじゃないが、一見ミュージックビデオ的な語り口を、物語や人物を伝えるツールとして洗練&進化させた映画だと思っている。その証拠として挙げたいのが、この映画の説明セリフの少なさ。心情をべらべら喋ったりしないのに、実に饒舌なのだ。「ミュージックビデオ風のアイドル映画」みたいな評価に落ち着くのだとしたらあまりにももったいないので、本作の過小評価の波には少しでも抗いたいと思っています。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
村山章

3.5ありふれた筋書きながら、ファニングの歌声やディテールは見応えあり!

2020年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作の受け止め方は人によって大きく差が出るはずだ。そもそも、このタイプのシンデレラストーリーはありふれている。それにオーディション番組のパフォーマンスや楽曲、それに衣装や番組演出のダサには思わず苦笑してしまう。が、実際の番組のクオリティなんて意外とこんなものだ。

むしろ、私が心打たれたのは前半だった。イギリスのワイト島という特別な場所をフィーチャーし、しかも主人公はポーランド移民で、彼女に救いの手を差し伸べる老人はロシア移民。それだけでもこの国の多様性の現状が伝わってくる。さらにマックス・ミンゲラ監督の父は、高名な映画監督でもともとは音楽家志望。母は香港出身の振り付け師。つまり両親ともに夢を掴もうと必死に努力してきた人で、その生き様がエル・ファニングの体に乗り移ったかのように情熱がスパークする様が美しい。ファニングの歌声も透き通っていて力強い。思いがけない「拾いもの作品」といった印象だ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

2.5物語部分が薄味。バックボーン説明してよ

2022年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ティーンスピリットという架空の番組を通じて、成長し輝いていく主人公の姿を追ったサクセスストーリー。エル・ファニング自身が成長途上の若手女優で、まだ確固たる評価をものにしていないだけに、はまり役と言っていい。むしろ彼女の頑張りを、演出で生かし切れていない印象が強い。吹き替えじゃないとすれば歌唱力だけでもものすごい実力がある。ストーリーもいたってシンプルで、この内容で失敗するほうが難しいと思うのだが、いろいろと残念な失敗が目に付く。

その最大の失敗が、師匠であるブラドと、ヴァイオレットの出会いと絆の描き込みの弱さ。ふたりの俳優の相性も最悪と言っていい。元有名オペラ歌手というなら、その片鱗ぐらいは見せてほしかったし、主人公の危機を救うほどの強いリーダーシップもなかった。たまたま少女の横に居合わせただけの存在にしか見えない。

誰もが共感できるストーリーにするなら、もっと少女の日常を分かりやすくみじめに描けばいいのに、適当に断片的に農場で馬の世話をしたり、野原に寝転んで音楽に浸ったり、「自分はまだ何物でもない」状態を象徴的に映しているだけ。退屈なクリップをずっと見せられている展開が延々続く。

そこに分かりやすい堕落と妥協、誘惑が押し寄せ、それに負けそうになる様子が描かれるが、どれも弱い。例えば契約さえとってしまえば奴隷同然にスターの卵を食い物に商売していく悪辣プロデューサーのような、強烈なキャラクターも出てこないし、主人公が進むべき正しい道筋もはっきりしない。

家族に回帰していく映画なら、名声よりも愛に生きる道をとる生き方が共感を呼ぶし、成功して大衆に愛されるアイドル誕生のサクセスストーリーならもっと大きなステージで輝く彼女をクライマックスに持ってくるはずで、オーディション番組で勝ち残るストーリーだけでは何とも弱い。

そして、すでにそんな番組は今までさんざん見てきたし、番組の中で何人もの少女たちが羽ばたいていくのだ。なぜ、彼女が特別なのかを丁寧に証明する義務があり、それができていない以上、この映画は失敗と言わざるを得ない。

2020.1.14

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

3.53.5

2022年3月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
さあああん
すべての映画レビューを見る(全50件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ティーンスピリット」以外にこんな作品をCheck-inしています。