ティーンスピリット

劇場公開日

ティーンスピリット
8%
42%
36%
12%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マレフィセント」「20センチュリー・ウーマン」のエル・ファニングが主演し、本格的な歌唱シーンにも挑戦した青春音楽ドラマ。イギリスのワイト島で、移民として母子家庭で育った内気な少女ヴァイオレット・バレンスキは、現実の世界から自分を解き放ってくれる音楽を心のよりどころに生きていた。ある時、国際的に有名な人気オーディション番組「ティーンスピリット」の予選が地元で行われることを知ったヴァイオレットは、退屈な田舎町を抜け出して歌手になる夢をつかむため、オーディションに挑む決意をするが……。監督・脚本は、名匠アンソニー・ミンゲラを父に持ち俳優としても活躍するマックス・ミンゲラ。製作に「ロケットマン」「リトル・ダンサー」の俳優ジェイミー・ベル。

2019年製作/94分/PG12/イギリス・アメリカ合作
原題:Teen Spirit
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 VIOLET DREAMS LIMITED.

映画レビュー

4.0説明セリフに頼らない新鋭マックス・ミンゲラの演出の冴え

村山章さん
2020年1月30日
PCから投稿

誰かに噛みつきたいわけではないので、ほかの方のレビューを一切見ずに書きます。一番言いたいのは、本作が「MTVっぽい編集の中身の薄い映画ではない!」ということ。確かに、オーディション番組がモチーフということもあり、音楽合わせの編集が多く、歌の場面になるとミュージックビデオっぽい演出も増える。しかし、そういうカットの積み重ねの中に、実にさりげなく、登場人物の心情や背景が想像できる情報が仕込まれていて、流れるように観られるのに、気持ちがちゃんと伝わってくる演出がなされているのだ。

プロットは極めてシンプルだし、オチも決してヒネったものじゃないが、一見ミュージックビデオ的な語り口を、物語や人物を伝えるツールとして洗練&進化させた映画だと思っている。その証拠として挙げたいのが、この映画の説明セリフの少なさ。心情をべらべら喋ったりしないのに、実に饒舌なのだ。「ミュージックビデオ風のアイドル映画」みたいな評価に落ち着くのだとしたらあまりにももったいないので、本作の過小評価の波には少しでも抗いたいと思っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

3.5ありふれた筋書きながら、ファニングの歌声やディテールは見応えあり!

2020年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作の受け止め方は人によって大きく差が出るはずだ。そもそも、このタイプのシンデレラストーリーはありふれている。それにオーディション番組のパフォーマンスや楽曲、それに衣装や番組演出のダサには思わず苦笑してしまう。が、実際の番組のクオリティなんて意外とこんなものだ。

むしろ、私が心打たれたのは前半だった。イギリスのワイト島という特別な場所をフィーチャーし、しかも主人公はポーランド移民で、彼女に救いの手を差し伸べる老人はロシア移民。それだけでもこの国の多様性の現状が伝わってくる。さらにマックス・ミンゲラ監督の父は、高名な映画監督でもともとは音楽家志望。母は香港出身の振り付け師。つまり両親ともに夢を掴もうと必死に努力してきた人で、その生き様がエル・ファニングの体に乗り移ったかのように情熱がスパークする様が美しい。ファニングの歌声も透き通っていて力強い。思いがけない「拾いもの作品」といった印象だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.0エル過剰説

津次郎さん
2021年4月11日
PCから投稿

個人てきには、どっちかというとダコタである。
が、なにしろエルの出演作が目白押しである。またエルか、これもエルか、あれもエルかみたいな、エル供給過多な気配は、正直なところ、ある。
ただ、ぜんぶ網羅したわけじゃないが、エルの出演作は、どれもなんかいまいち。な気がしている。
とはいえエルファニングには文句はない。

日本とちがって、かわいいだけの役者は、ハリウッドにはいない。エルの出演作をごらんになった方はだれもが認めるだろうが、演技力があり、役作りもする。かのじょ自身にはもんだいがないけれど、作品に、これという決定打がない。のである。

決定打がないことは(成人してからの)ダコタにもいえる。
似てない姉妹だなと、しばしば思う。が、父母は同じ。
だけど、顔のつくりも、演じる役どころも、けっこう違う。
しかし、ふたりとも可憐な見た目に反して、芯がある。伊達に女優やってるわけじゃない。
そもそも子役スタートゆえ、その若さに反して既に20年のキャリアがある。「かわいい」ってのも、あんがい失礼なハナシ、かもしれない。
(2021年時22歳。『2歳8か月のときに芸能活動をスタートする。』とwikiに書いてあった)

わるくない映画だった。
わたしもユーチューブで海外の「スター誕生系」動画を眺めるのが好きだが、あれらのステージでは、出演者たちの事情や内的葛藤は、ほとんど見えない。この映画は謂わばそれを描いている。グレートヴォイスを持っている市井の娘がコンペティションにうち勝って、スターになる。わたしが敬愛するAdeleだって、あるいは他の多数のスターたちも、必ずしも恵まれた家庭環境に育ったわけじゃない。番組の挑戦者たちは陽気に見えるけれど、とうぜん彼/彼女が背負っているものはあるだろう。その内幕を、映画は描いていた。
エルファニングは、きらびやかなスターオーラを出せる一方、そこらへんの娘にもなれる。軽くも重くもなれる。その演技力がいかんなく発揮されていた。と思う。

ところで日本で「スター誕生系」(この言い方がどうしようもなく古いことは承知しています)番組が流行らない理由をご存知ですか?理由は、謙虚な審査員がいないから。日本でスタ誕番組を設定し、著名なミュージシャンまたは業界人を審査役に据えると、そいつは必ずマウントをとってきます。マネーの虎ってご存知ですよね。あれは出資するという前提があったからHarshな審査だったわけですが、日本での芸道事では才能よりも先に「俺/私のがキャリアが上」という上下関係が前提です。つまり先輩貴兄たちは、有望な新人が芽を出そうとしていたら、まずそれを潰しにかかります、その芽潰しを乗り越えてこい──を基本育成スタンスにしているわけ。そんな不遜な輩しかいない業界で、スタ誕が成立するはずがありません。イカ天(これも古いけど)でもM1でも、重鎮とか大先輩とかのHarshな否定発言が、つねに紛糾しますよね。日本にスター誕生番組がない理由はそこに尽きます。

それはともかく。わるくないけど映画はまあまあ。というところ。
ですが、imdb見たら俳優の初回監督作となっていました。あちら(ハリウッド)では俳優が監督業へ回って、じっさい監督をこなせてしまう──という日本じゃ絶対にありえない現象が多々あります。とはいえ凡打なのは、エルはいい演技だけど、映画の性質上、勝ち抜けるほどの歌唱力を感じないwところに課題があるんじゃなかろうか。また、どの画も暗いのはやや気になりました。

個人てきに、もっとも楽しかったエルの主演作は、映画ではないけれどElle Fanning's Fan FantasyというVogue主宰のショートフィルム。ランニングタイム2分。YouTubeで簡単に見られます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0息子のミンゲラ監督

2021年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

イギリス南部の島で暮らす主人公(エル・ファニング)は友達も少なく、目立ないように生活していた。
人気のオーディション番組の収録があるとのことで、予選に参加する。
スター誕生物語だが、エル・ファニングなので見て聴いてしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全48件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ティーンスピリット」以外にこんな作品をCheck-inしています。