エル・ファニング主演の青春音楽映画、20年1月公開!「ラ・ラ・ランド」スタッフが再結集

2019年9月24日 12:00

本格的な歌唱シーンに初挑戦した エル・ファニング
本格的な歌唱シーンに初挑戦した エル・ファニング

[映画.com ニュース] 女優のエル・ファニングが主演を務め、「ラ・ラ・ランド」のスタッフが再結集した青春音楽映画「ティーン・スピリット(原題)」が、「ティーンスピリット」の邦題で、2020年1月10日に公開されることがわかった。ファニングは劇中で力強い歌声を披露しており、ケイティ・ペリーアリアナ・グランデらのヒットソングが物語を彩っている。

物語の舞台は、イギリスの田舎町・ワイト島。移民として母子家庭で育った内気な少女バイオレット・バレンスキは音楽を愛し、現実の世界から自分を解き放ってくれる心の拠り所にしていた。ある日、国際的に有名な人気オーディション番組「ティーンスピリット」の予選が行われることを知る。バイオレットは町を抜け出し、歌手になる夢をつかむため、自らの歌声ひとつでオーディションに挑んでいく。

主人公バイオレットを演じるのは、「ネオン・デーモン」「メアリーの総て」に出演し、「マレフィセント2」の公開が控える若手実力派のファニング。Instagramはフォロワー数314万人を誇り、ファッショニスタとしても若者から絶大な人気を集めている。脚本に惚れこみ出演を熱望した本作では、猛特訓を重ね、本格的な歌唱シーンに初挑戦した。渾身のパフォーマンスで挑むのは、ミレニアル世代のポップスター・シグリッドの楽曲「Don’t Kill My Vibe」。そのほかペリー、グランデ、カーリー・レイ・ジェプセン、エリー・ゴールディングという豪華アーティストの楽曲がちりばめられている。

メガホンをとったマックス・ミンゲラ監督は、「子どもの頃は俳優か歌手になりたかった」と語るファニングの歌唱力を、「劇中のパフォーマンスシーンは彼女の実際の歌声を収録しているのだけど、これがとてつもなく貴重な素材になった。映画を見るみんなはきっと彼女の歌声に驚愕すると思う」と期待をあおっている。

あわせてお披露目されたポスターには、髪を振り乱し熱唱するバイオレットの姿が切り取られ、魂のこもった歌声が聞こえてくるかのようなビジュアル。タイトルがネオンのように鮮やかに輝き、「この声で、未来を変える」というコピーは、バイオレットの成長と覚醒を予感させる。

「ティーンスピリット」には、レベッカ・ホールも出演。20年1月10日から東京の角川シネマ有楽町、新宿ピカデリーほか全国で公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com