ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
ホーム > 作品情報 > 映画「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」
メニュー

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

劇場公開日

解説

ニューヨーク、ブルックリンの街並みを背景に、元バンドマンの父と医大を目指す娘がそれぞれの人生へ踏み出そうとする姿を描き、サンダンス映画祭やサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で話題を集めたヒューマンドラマ。ブルックリンの海辺の街レッドフックでレコード店を営む元ミュージシャンのフランクは、17年間続けてきた店を閉めることに。フランクが男手ひとつで育ててきた娘サムは、ロサンゼルスにある医大への進学が決まっていた。ある夜、フランクは勉強中のサムの邪魔をして一緒に曲をレコーディングする。その曲をSpotifyにアップロードすると瞬く間に拡散され、多くの反響を得る。予想外の出来事に舞い上がるフランクだったが、サムには恋愛や進学など向き合うべき人生の課題が山積みで……。父フランクを「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のニック・オファーマン、娘サムを「さよなら、僕のマンハッタン」のカーシー・クレモンズが演じる。共演に「ヘレディタリー 継承」のトニ・コレット。

作品データ

原題 Hearts Beat Loud
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 カルチャヴィル
上映時間 97分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

【見つけたッ!! 「シング・ストリート」監督ファンに“絶対オススメ”の1本】…

「シング・ストリート 未来へのうた」「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」……耳に残る“音楽”と、心に残る“ドラマ”が詰まった素敵な映画が、もう一つ生まれた。親子バンドのきずなを描く「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

音楽映画好きに刺さる“成長”賛歌。今様のアレンジも心に響く
ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうたの映画評論・批評

「シング・ストリート 未来へのうた」「君が生きた証」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、歌を歌い楽器を弾く喜びと、家族や仲間のドラマが絶妙のハーモニーを奏でる近年の傑作音楽映画のリストに、ブレット・ヘイリー監督作「ハーツ・ビート...ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうたの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全26件)
  • 映画っぽい映画 ネタバレ! 妻/母の死を受け入れる夫/父と娘の成長のベクトルが交わっていく展開が,いかにも映画っぽい.さりげなく敷かれた伏線があり,最後のシーンが,二重のどんでん返しになっている(ように見える).父にとって... ...続きを読む

    augnish augnishさん  2019年7月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • レコード店が懐かしい ネタバレ! 店はアナログなのに音楽はバリバリのデジタルだった…ついでに言うと、お父ちゃんが親指ベース… それは良いとして。 娘と一緒にバンドを組むと言うのが夢だと言う、元ミュージシャンのフランク。 もしも私... ...続きを読む

    bloodtrail bloodtrailさん  2019年7月14日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • SHOW ネタバレ! MUST GO ON. HEARTS BEAT LOUD. ...続きを読む

    K Kさん  2019年7月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報