ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた : 映画評論・批評

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

劇場公開日 2019年6月7日
2019年5月21日更新 2019年6月7日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ ほかにてロードショー

音楽映画好きに刺さる“成長”賛歌。今様のアレンジも心に響く

シング・ストリート 未来へのうた」「君が生きた証」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、歌を歌い楽器を弾く喜びと、家族や仲間のドラマが絶妙のハーモニーを奏でる近年の傑作音楽映画のリストに、ブレット・ヘイリー監督作「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」も加えたい。

ヘイリーが共同脚本も手がけた物語はシンプルで、ある夏に父と娘が経験する数日間の出来事が描かれる。元バンドマンで男やもめ、NY・ブルックリンのレッドフック地区で17年間営んできたレコード店に見切りをつけるフランク(ニック・オファーマン)。秋からUCLAの医学部に進学が決まっている娘のサム(カーシー・クレモンズ)。2人が一夜のジャムセッションで完成させた曲「Hearts Beat Loud(鼓動は激しく響く)」を、サムに無断でフランクがSpotifyにアップロードすると、それがたちまち反響を呼んで――という展開だ。

画像1

Macの音楽制作ソフトとサンプラーを活用した多重録音の描写や、ネット配信サービスを通じたインスタントな成功は現代的だが、ほかにも今様のひねりが随所で光る。旧来の保守的な親と夢見がちな子という定番の関係を反転させたかのように、医者を志す堅実な娘に対し、父はバンドで成功する夢をにわかに再燃させる(つまり、本作で精神的な成長が求められるのはむしろ父親のほう)。また、サムとローズ(サッシャ・レイン)が女性同士で恋に落ちる瞬間も、特にエクスキューズもなく自然なこととして描かれ、父親もその事実をさらりと受け入れる。

そしてもちろん、楽曲そのものの魅力も格別だ。劇中曲を書き下ろしたのは、「ザ・ヒーロー」などヘイリー監督の長編3作でもコラボしたキーガン・デウィット。自身も東海岸を拠点に音楽活動するミュージシャンだが、タイトル曲を含め父娘がセッションする3曲はむしろ、ポリス、U2、コールドプレイといったブリティッシュ/アイリッシュ系のポップロックを思わせる曲調なのが興味深い。歌と演奏のトラックを重ねていき、音楽が生まれ完成する過程を、次第に厚みを増すアレンジに合わせて描写する演出も効果的だ。そして何より、カーシー・クレモンズによる歌の表現力が圧巻で、しかも(別録りのボーカルトラックではなく)撮影セットで歌った歌声がそのまま本編に使われたというからさらに驚かされる。クレモンズの“本物の歌唱”こそが、この愛すべき佳作に命を吹き込み、リアルな鼓動を響かせることを可能にした最大の要因と言えるだろう。

高森郁哉

関連コンテンツ

特集

【見つけたッ!! 「シング・ストリート」監督ファンに“絶対オススメ”の1本】…
特集

「シング・ストリート 未来へのうた」「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」……耳に残る“音楽”と、心に残る“ドラマ”が詰まった素敵な映画が、もう一つ生まれた。親子バンドのきずなを描く「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ぼくとアールと彼女のさよなら<特別編>[DVD] なんちゃって家族[Blu-ray/ブルーレイ] キングス・オブ・サマー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ[Blu-ray/ブルーレイ]
ぼくとアールと彼女のさよなら<特別編>[DVD] なんちゃって家族[Blu-ray/ブルーレイ] キングス・オブ・サマー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2017年2月22日 最安価格: ¥1,000 発売日:2015年2月4日 最安価格: ¥1,500 発売日:2018年11月30日 最安価格: ¥3,123 発売日:2018年2月9日 最安価格: ¥3,809
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全19件)
  • 2019年ベストムービー!⭐️✨ タイトルにもなっているオリジナル・ソングがいい! そして、"ロック"な物語に静かに感動しました!(笑) *父娘で音楽を演ってるって、ちょっと気恥ずかしい物語なのかと思ったら、そんなことなかっ... ...続きを読む

    stoneage stoneageさん  2019年6月19日 22:41  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • レコードショップでのライブ最高 2000年のハイフィデリティが大好きな自分としては、アップデートした類似作品という感じがして最高だった。ストーリーどうこうより、劇中の歌のクオリティが全て高すぎて、歌唱力も含めて、フェスで優良バ... ...続きを読む

    トニー トニーさん  2019年6月17日 23:06  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 曲だけでも観る価値あり 大学に進学する娘、17年間経営してきたレコード店を閉めようとする父。そんな2人のジャムセッションから曲が生まれ、2人の未来にどう影響を与えるのかって話。 取り立てて大きなアクシデントは起こらない... ...続きを読む

    kenshuchu kenshuchuさん  2019年6月16日 20:34  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報