君が生きた証

劇場公開日

君が生きた証
27%
58%
12%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ファーゴ」「マグノリア」などで知られる名優ウィリアム・H・メイシーが初監督を務め、死んだ息子が残した楽曲を歌い継ぐ父親と、その歌に魅了されたミュージシャン志望の青年が、音楽を通じて再生し、成長していく姿を描いたドラマ。やり手の広告宣伝マンだったサムは、大学生の息子ジョシュを銃乱射事件で亡くしてしまう。会社を辞め、荒んだ生活を送っていたサムは、別れた妻から音楽好きだったジョシュが残したという歌の歌詞とデモテープを受け取る。その曲を聴き、息子のことを何も知らなかったことに気付いたサムは、ジョシュの遺品でもあるギターを手に、場末のライブバーでステージに飛び入り参加する。そんなサムの演奏を聴き、感銘を受けたロック青年のクエンティンはサムを説得し、親子ほど年の離れた2人はバンドを結成することになる。

2014年製作/105分/G/アメリカ
原題:Rudderless
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2014 Rudderless Productions LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

0.5唐突などんでん返し!

2021年10月23日
Androidアプリから投稿

旧作ではあるが何かのオススメみたいので出ていたので鑑賞、、、
途中まではハートウォーミングな再生物語として観ていた、、、うーん、子供を亡くした親が立ち上がる物語、、、確かに「ありきたり」なストーリーか!?ところがところが終盤で「ん!?」

若さの激情の発露は親の知らないところで起きるものかも知れない、、、でも、「そこに」持っていくのは余りにも唐突で強引すぎる!!監督は最初からこの流れを作っていたのか!?衝動的にメッセージ性を加えたくなっただけなのでは、、、

ただ加害者側の視点ってありそうで無かったから画期的とも言えなくもない、、、
ただ息子の描写が無さすぎて唐突感だけが残り観客を置き去り、、、(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Superlativeness

3.5ミスリード

marさん
2021年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

音楽が良いし、ストーリーも含蓄がありながら普遍的。
でもすごく重大なミスリードのせいで、後半からあんまり頭に入らなくなっちゃった。

つまり「そんな大事なことに気づかなかったって、俺が何か見落としてたの!?」って
気もそぞろになっちゃうっていう。

このミスリードって、よりセンセーショナルな演出ではあると思うんだけど
僕の場合に限っては逆効果だった。
他が良かっただけに、この1点だけが残念。

クエンティン役の人がすごく良い感じだったけど
調べてみたら若くして亡くなったらしい。
遺作も見てみようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mar

5.0君が生きた証

2020年8月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みのむし

3.5役者さんが凄い

かさしさん
2020年1月18日
Androidアプリから投稿

見終えた頃お父さんを応援したくなりました!
序盤は何でという気持ち「必要以上にメディアに追い掛けられたりとか」
中盤ぐらいに理由が分かった時、ほんとに驚いたし考えされられた。ネタバレはしないが。

事件のことでお父さんは息子のことを理解出来ないまま終わりほんとに辛かったと思う。
ただサムとの出会いで息子と向き合いサムとの別れで新たな一歩歩き出す。

人間って気持ちを隠せるからほんとに難しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かさし
すべての映画レビューを見る(全69件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「君が生きた証」以外にこんな作品をCheck-inしています。