窮鼠はチーズの夢を見る

劇場公開日

窮鼠はチーズの夢を見る
27%
47%
17%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

恋に溺れていく2人の男性を描いた水城せとなの人気漫画「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を、行定勲監督のメガホンにより実写映画化。主人公の大伴恭一役を「関ジャニ∞」の大倉忠義、恭一に思いを寄せる今ヶ瀬渉役を成田凌が演じる。優柔不断な性格から不倫を重ねてきた広告代理店勤務の大伴恭一の前に、卒業以来会う機会のなかった大学の後輩・今ヶ瀬渉が現れる。今ヶ瀬は妻から派遣された浮気調査員として、恭一の不倫を追っていた。不倫の事実を恭一に突きつけた今ヶ瀬は、その事実を隠す条件を提示する。それは「カラダと引き換えに」という耳を疑うものだった。恭一は当然のように拒絶するが、7年間一途に恭一を思い続けてきたという今ヶ瀬のペースに乗せられてしまう。そして、恭一は今ヶ瀬との2人の時間が次第に心地よくなっていく。

2020年製作/130分/R15+/日本
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 日本アカデミー賞(2021年)

ノミネート

最優秀助演男優賞 成田凌
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

映画レビュー

4.0大倉忠義と成田凌のラブシーンには想定外の付加価値が

2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

生来が流されやすい性格で、頼まれたら断れないサラリーマンの恭一が、以前から彼のことが好きだったという渉から、「あなたの体が欲しい」と言われ、承諾する。そんな風に始まったセックスが回数を重ねるうちに違う何かに転嫁して行く工程や、それでも人間は生まれ持った性格と性分からは脱却できない宿命等、描かれるのはすべて、ゲイという形を取りながら、セクシュアリティに関係ない人間本来の生々しい姿だ。人はなぜ誰かを好きになるのか?またはなれないのか?誰かを愛することは同時に自分を愛することではないのか?そんな思いに至らせる本作は、行定勲監督が「劇場」でも試みた、結果が見えない恋愛の魅力的な停滞感を描いて、観客を終始幻惑する。大倉忠義と成田凌が互いに贅肉のない肉体をぶつけ合う様子は、人と人との距離が開いてしまった今観ると、想定外の付加価値が付くことは言うまでもない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
清藤秀人

4.0曝け出した大倉忠義、いじらしさ全開の成田凌に感服

2020年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

表題の通り。本能を曝け出してみせた大倉忠義、7年も一途に思い続けていた役どころを見事に演じ切った成田凌、それを見事なまでのラブストーリーとして130分にまとめあげた行定勲監督に喝采をおくりたい。
「BLもの」と分類してしまうのは、浅薄な考えではないだろうか。相手が誰であろうが、好きになってしまったらどうしようもない、理屈じゃないんだということを、キャスト陣が生々しく、そして説得力をもって体現している。
また、この2人の恋路を際立たせているのが、吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、小原徳子ら女優陣。彼女たちの時にいじらしく、時に激情にかられた眼差しが、今作をよりリアリティ溢れるものにしている。

コメントする
共感した! (共感した人 44 件)
大塚史貴

4.5とても出来の良い本格的な恋愛映画。大倉忠義と成田凌の演技はかなり良い。

2020年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

私の認識では、行定勲監督作品は、興行収入や作品の完成度においても「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「北の零年」(2005年)がこれまでのピークでした。
当時は、かなりのヒットメーカーで期待も大きかったのですが、なぜか作風が独特なものになって行き、それ以降は残念ながら、たまにしか「見て良かった」と思える作品に出会えない状況でした。
そんな行定勲監督が瞑想期間を経てようやく「答え」が熟成されてきたようで、本作では、かなり人間描写や映像表現もしっかりしていて、(15年前とはまた違った形で)行定勲監督が復活してきたように感じました。
本作では、主演の大倉忠義と成田凌の演技が特に良く、切なくも愛おしい恋愛模様をリアルに表現しています。
しかも、覚醒した行定勲監督も容赦なく巧みに描写し続けています。
それに応えるように、大倉忠義は自然体ながらも、ある種の色気のようなもので空気感を醸し出し、成田凌はこれまでに見たことのないような可愛らしい仕草などを見せていました。
2人の他に4人の女性陣も登場し、通常の恋愛映画よりも人間模様が興味深くなっています。
最初の2人の再会のシーンから自然で、最後まで無理のない上質な完成度の作品でした。
題材から万人受けする作品とも思いませんが、出来の良い映画であることは間違いないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 41 件)
細野真宏

5.0クールなようで、せつなくて、心の機微が伝わる音楽と映像で、見たあと...

to kobiさん
2021年2月24日
スマートフォンから投稿

クールなようで、せつなくて、心の機微が伝わる音楽と映像で、見たあとも深い余韻が残りました

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
to kobi
すべての映画レビューを見る(全190件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「窮鼠はチーズの夢を見る」以外にこんな作品をCheck-inしています。