劇場公開日 2020年9月11日

「とても出来の良い本格的な恋愛映画。大倉忠義と成田凌の演技はかなり良い。」窮鼠はチーズの夢を見る 細野真宏さんの映画レビュー(感想・評価)

3.8121
32%
49%
13%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5とても出来の良い本格的な恋愛映画。大倉忠義と成田凌の演技はかなり良い。

2020年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

私の認識では、行定勲監督作品は、興行収入や作品の完成度においても「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「北の零年」(2005年)がこれまでのピークでした。
当時は、かなりのヒットメーカーで期待も大きかったのですが、なぜか作風が独特なものになって行き、それ以降は残念ながら、たまにしか「見て良かった」と思える作品に出会えない状況でした。
そんな行定勲監督が瞑想期間を経てようやく「答え」が熟成されてきたようで、本作では、かなり人間描写や映像表現もしっかりしていて、(15年前とはまた違った形で)行定勲監督が復活してきたように感じました。
本作では、主演の大倉忠義と成田凌の演技が特に良く、切なくも愛おしい恋愛模様をリアルに表現しています。
しかも、覚醒した行定勲監督も容赦なく巧みに描写し続けています。
それに応えるように、大倉忠義は自然体ながらも、ある種の色気のようなもので空気感を醸し出し、成田凌はこれまでに見たことのないような可愛らしい仕草などを見せていました。
2人の他に4人の女性陣も登場し、通常の恋愛映画よりも人間模様が興味深くなっています。
最初の2人の再会のシーンから自然で、最後まで無理のない上質な完成度の作品でした。
題材から万人受けする作品とも思いませんが、出来の良い映画であることは間違いないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 30 件)
細野真宏
「窮鼠はチーズの夢を見る」のレビューを書く 「窮鼠はチーズの夢を見る」のレビュー一覧へ(全121件)
「窮鼠はチーズの夢を見る」の作品トップへ