嘘八百 京町ロワイヤル

劇場公開日

嘘八百 京町ロワイヤル
14%
48%
32%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

幻のお宝をめぐり、中井貴一と佐々木蔵之介扮する古物商と陶芸家がだまし合いの大騒動を繰り広げるコメディのシリーズ第2作。大阪・堺で幻の利休の茶器をめぐって大勝負を仕掛けた古物商の則夫と陶芸家の佐輔が、ひょんなことから京都で再会を果たす。そこで出会った着物美人の志野にほだされた2人は、利休の茶の湯を継承し、天下一と称された武将茶人・古田織部の幻の茶器にまつわる人助けに乗り出すが……。古物商の則夫役を中井、陶芸家の佐輔役を佐々木がそれぞれ演じ、志野役で新たに広末涼子が参加。友近、森川葵ら前作からのキャスト陣に加え、加藤雅也、竜雷太、山田裕貴らも新キャストとして顔をそろえる。監督の武正晴、脚本の足立紳と「百円の恋」コンビが前作から続投。

2020年製作/106分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

映画レビュー

4.5骨董趣味+義賊の喜劇。日本らしい垢ぬけなさも○

AuVisさん
2020年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

犯罪映画の中でも軽めのケイパー・フィルム、また巧みな話術や贋物を使い金品を騙し取るコンゲームものは、欧米で根強い人気を保つサブジャンルだが、日本ではさほどコンスタントに作られているわけではない。今回で2作目の「嘘八百」シリーズは、そうした洋画のサブジャンルの型を借りつつも、茶器を中心とする骨董趣味を加え、鼠小僧に代表される義賊の伝統も受け継ぎ、日本ならではの“コンゲーム・コメディ”を確立しつつある。

「スティング」や「オーシャンズ」シリーズなどの賊たちはたいてい伊達者で洗練されているのに対し、中井貴一と佐々木蔵之介の垢抜けない、やぼったい感じが邦画の喜劇に似合い、親近感がわく。1作目の成功を受けてか、広末涼子を筆頭に新顔の俳優陣も多彩に。主役2人と広末の恋のさや当てで娯楽色が増した。居酒屋「土竜」に集う贋作師3人組(坂田利夫、木下ほうか、宇野祥平)が今回もいい味を添えている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

4.0タイプなんだもん

yonda?さん
2020年5月28日
スマートフォンから投稿

嘘八百のパート2 。1作目より楽しい。大人数使って悪い奴懲らしめるみたいな展開になり、けっこう大掛かりなラストだった。広末涼子も序盤から美貌を使って騙しにくる。息子がいてオムライス食いたいよーみたいな段階で詐欺師親子臭すげぇあって、そういう終わり方する。
中井貴一娘のツッコミ、友近芝居は安定で面白かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.0コン・ゲーム?

keithKHさん
2020年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

堺を舞台にした千利休所縁の幻の茶器を巡る、骨董焼き物の裏の世界を描いてヒットした前作(『嘘八百』(2017年))を受けて制作された続編が本作です。
いわゆる騙し騙される“コン・ゲーム”映画ですが、続編ながら、冒頭イントロのカットが細かく割られ、次々とシーンが展開し、息つく間がなく小気味よいテンポで物語に導かれる処は、大いに期待を抱かせます。
サブタイトルにあるように今回は京都が舞台で、千利休の後継者である、武人にして茶人の古田織部の幻の茶器を巡る虚々実々の駆け引きが見もののはずですが、登場人物と舞台設定の全容が明らかになって以降は、騙す仕掛けやその来歴の説明カットの長回しが多く映像が饒舌になり、徐々にテンポが弛緩して間怠くなってしまいます。

コン・ゲームの核心は、相手を如何に手際よく鮮やかに騙すか、もさることながら、それ以上に観客を如何に出し抜き、アッと驚かせるかの手練手管の巧みな痛快さにあります。
本作は、前作同様に、詐欺グループメンバーの家族描写が多く、また騙す相手の狡猾さと辣腕ぶりによって醸し出される嫌悪感、即ち極悪ぶりの表現がやや不十分で、また騙す手口も切れ味が鈍く意外性も弱いため、勧善懲悪のカタルシスによる痛快感や爽快感も満足いくものではありません。
茶器を巡る口上と会話が多くなるため、寄せカットが多くなるのは已む無いながら、緊迫感が欠けるカット回しが多かったように思います。

京都の彼方此方でロケが行われており、京都の持つ妖しき怪しさが本編を通じて映像に漂っているのは評価できます。中でも東本願寺飛地境内・渉成園での庭遠景・室内各々のシーンは圧巻でした。ただ騙す仕掛けが決まる、この渉成園でのクライマックスは極めて冗長で、且つスマートなオチではなく情緒的な長回しのために、折角のこのシーンが辛気臭く退屈にも感じてしまいます。

また中井貴一、佐々木蔵ノ介の主役二人以外の登場人物のキャラ立てが弱く見えます。コン・ゲームという映画の性格上、極端にエッジを効かせても良いのではないかと思います。特に騙され役の悪党役二人(加藤雅也・龍雷太)は、もっと厭らしいワル設定が望ましいのではないかと思うしだいです。

尚、ラストで登場した豪華クルーズ船が、何と奇しくも例の「ダイヤモンド・プリンセス」であったのは、撮影時には予測も出来なかった因縁であり、本作にとってケチの始まりにして儚き運命であったといえましょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keithKH

3.0鰌(ドジョウ)って・・・彼は獺(カワウソ)。某首相が好きなのは「獺祭(だっさい)」

kossyさん
2020年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 残念なところは坂田利夫師匠が手と足を交互に動かすギャグがカウンターに隠れてしまって見えなかったこと。嬉しかったのは前作に続き田宮兄弟コンビが復活(一緒には映ってないが)していたことだろうか。タミヤのプラモデルってのも伏線の一つか??

 前作もTV向けというか、スケールがそれほど大スクリーン向けではないと感じていたのですが、今作での大画面臨場感は最後に出てくるクルーズ船だけだったかもしれません。京都にも行きたいし、クルーズ船にも乗ってみたい。終わってみればスッキリはするものの、やっぱりこじんまりとした印象が残ります。その地味さ加減はスタッフたちの報酬が1万円と飲み食べ放題だけだったというところにも表れてたでしょうか。

 今作では最初から贋作感がいっぱい。広末涼子は嫌いというほどの女優さんではないのですが、和服が似合わなすぎる気がします。一転して、クラブのホステスを演じているところでは凄く似合ってました。まぁ、和服も詐欺師っぽい演技の一つだと言われれば文句のつけどころもなくなるのですが・・・。

 そんな地味さの中で、出番は少なかったものの佐輔の息子がメイクアップ・アーティストになっていたところに映画愛を感じることができます。「トム・サヴィーニを超えてやる!」という言葉。実際にはオスカーを二度獲得している辻一弘(現カズ・ヒロ)もいることですし、もっとゾンビメイクを打ち出しても良かったかと思います。これも贋作の一つ!日本映画の誇るべきジャンルになることを願いつつ、帰路の車中では「ダイアモンドだね~♪」byプリプリを思いっきり歌っている自分がいました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 12 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全54件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「嘘八百」シリーズ関連作品

他のユーザーは「嘘八百 京町ロワイヤル」以外にこんな作品をCheck-inしています。