イン・ザ・ハイツ

劇場公開日

23%
55%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ミュージカル「ハミルトン」でも注目を集めるリン=マニュエル・ミランダによるブロードウェイミュージカルで、トニー賞4冠とグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞した「イン・ザ・ハイツ」を映画化。変わりゆくニューヨークの片隅に取り残された街ワシントンハイツ。祖国を遠く離れた人々が多く暮らすこの街は、いつも歌とダンスであふれている。そこで育ったウスナビ、ヴァネッサ、ニーナ、ベニーの4人の若者たちは、それぞれ厳しい現実に直面しながらも夢を追っていた。真夏に起きた大停電の夜、彼ら4人の運命は大きく動き出す。「クレイジー・リッチ」のジョン・M・チュウ監督がメガホンをとり、「アリー スター誕生」のアンソニー・ラモス、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライターのレスリー・グレイスらが出演。

2021年製作/143分/G/アメリカ
原題:In the Heights
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

4.0ラテンとヒップホップと言う移民音楽のミュージカル!…の本当の姿。

しん。さん
2021年10月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

日本ではあまりピンと来ない移民差別と貧困。
この映画では、橋を渡れば憧れのニューヨークなのに、自分達の日常は小銭を稼ぐだけのなにも変わらない日々を過ごす若者4人が主人公。その日常でさえ、高騰する家賃やチェーン店の進出、移民差別で未来が見えない状態。
だからこそ、歌うし踊る。
明るい色彩と笑顔には、今を楽しむと言う刹那的な悲しさも感じる。
ちょっとだけ出てくる差別をなくすデモや集会は未来を変えるのか。
日々の葛藤の中でも、今を楽しく生きる、ラテンのノリだけに救われる気もする。
「忍耐と信仰」。
耐え忍び、信じるだけしか希望はないのか…
ミュージカルで、楽しい、明るいだけで済ましてはいけない映画だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しん。

5.0DACAがミュージカルのテーマの一つに。

2021年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

このミュージカルは大変深い物語に出来上がっていて、ここで全てのポイントを書き表せない。一言に、ドミニカ、キューバ、プエルトリコなどからの移民や不法移民やラテン系アメリカ人などの民族の人生における挑戦だと言えない。これはコミュニティを通じての個人の挑戦のように思える。主に2世と言えるラテン系のアメリカ人のそれぞれが米国社会の中でどう一歩を踏み出すか?どう決断を下していくがよくわかる。音楽についてはかなりの人がレビューを書いているようなので、私は
私が感じたベストシーンと題して説明を加えて書きたい。

その前に、リン マニュエルミランダに感謝する。この映画で、手押し車のかき氷(Piragua)やで現れるが、原作、作詞、作曲などのヒーローであり、特にニューヨークのラテン系のコミュニティに息吹を与えた。

まず、ブエルトリコからの移民で、タクシー会社を経営しているケヴィン(ジミースミツ)と娘ニナ(レスリー・グレイス)の親子関係。ニナがスタンフォード大学から夏休みで戻ってきた。以前のボーイフレンドベニー(コーリー・ホーキンズ)も町の人々もニナに対する期待感が高くニナは特別な存在でヒーロー扱い。父親は娘のためになんでもするタイプそして娘と会うが娘は授業料が払えないと。父親は心配するなと言って完全に会社を手放す。
ニナは父親にスタンフォードのダイバーシティの食事会に行ったら給仕と間違えられるし、自分と同じ顔の色の人は給仕だけで、自分は給仕のグループなのかそれとも主催側のゲストなのかと自分のアイデンティティに自信がなくなったと父に言う。(私はこれを聞いてこの映画の背景は何年まえか気になった。今じゃないよ!なん年前?) その後、学内で盗難の濡れ衣を着せられて、調べられたと、でも、実はなくしたと思っているパールのネックレスがルームメートのバングの中にあったと。ルームメートに責任があり問題があったのにニナは誤ったと。ニナ自身もなぜと自問自答する。(私にとってみれば、なぜ謝るのと思うが、こういう時謝る日本人を知っている)ニナ自身ラテン系のコミュニティしか知らないという狭い世界から別世界き飛び出ると、マイクロアグレションや差別を受けたりするがそれは時々自分が狭い世界にいるから自分の目が自分の人種にだけ行って、そう感じてしまうこともある。そうでない、差別もある。

父親はベニーに自分がニューヨークに移民した時の話をして高等学校を中退したことを話す。ケビンにとって、ニナは自慢の娘なのだ。ベニーは米国で成功するにはまず学歴をと考えているケヴィンの気持ちを理解する。ベニーにとってニナが好きという自分自身の気持ちとケビンの娘の成功を祈る気持ちに複雑な心境になる。
ここでDACA(Deferred Action for Childhood Arrivals ) 問題が出てきている。ソニー(ウスナビの店で働いているいとこ、彼の父親(歌手のマークアンソニーが出演)はなんとも煮え切らない不法移民のアル中)とニナはDACAのラリーに参加する。、リーダー( メキシコ生まれのNPR のジャーナリスト、 マリア・イノホサMaria Hinojosa)の話を聴きながら(姪はドリーマーで大学に入ったけど、国の奨学金が受けられず、大学に行けなくなったと)ソニー(グレゴリー・ディアス4世)は一言『大学に行けない?』。この言動で、ニナはソニーがDACAだと感じとる。 ソニーはDACA だから、運転免許は取れるが、 大学にはいけないと思っている。私の理解だが、ニナはソニーがDACAだと初めて知ったようで、大学にいけないソニーに気づく。そして、スタンフォードに戻る決心をしたと私は思う。ここの二人の静かな会話のシーンが泣けた。そして、父親に移民のために働くと告げる。
最高だ。

ニナの言葉で、『Listen to my Block(s?』が好き!目を閉じて、耳で感じる通りの音。スタンフォードから戻ってきたばかりのニナはこの通りが懐かしく、目を瞑って聞いた。スタンフォードの戻る決心をしたニナは『Listen to my block(s?)』とベニーに言う。ここをすぐ去っていくから、この通りで起きたこと臭い、など全て、自分に納めておきたいんだと思う。

*DACA(Deferred Action for Childhood Arrivals ) とドリーマーズが字幕では説明なしに使われているから、ここに簡単に書くのでもっと知りたければ調べてみてください。

DACA:家族が未成年(16歳まで)の子供を米国に連れてきて、様々な理由で、子供(ドリーマーズ)は不法移民扱いになってしまっている。ソニーがドリーマーで、現在では大学には行けるが、就職先がないに等しくなる。そして、大学にいくのに国の奨学金は出ない。それに、聖域とされる地域に住んでいればいいが、テキサス州やジョージ州に足を踏み入れると、強制送還になると聞く。この映画ではNPR(ラティノUSA)のマリア・イノホサがドリーマーズの人権擁護のスピーチをしている。

面倒見のいいロテリーおばさん、はキューバからきた、苦労人で、小さいことにも感謝するスピリットを持っている皆から慕われる人。小さいパワーの大切さ。 ワシントンハイツで3日(?)も停電(パワーがない)していたシーンがあったけど、非現実的に思えたが、これが、ここの住人のパワーに結びついていく終わり方をしている。 停電でパワーがないのを住民のパワー(尊厳) がなと言う掛け言葉にしているがここで、個々のパワーが伺える。

ウスナビ役で登場するラモスはプエルトリコ(アメリカ) の両親を持つ、ブルックリン育ちのアメリカ人である。アメリカのラテン系の俳優。若手のラテン系の俳優はいるが独断と偏見で申し訳ないが、、彼はちょっと近所にいる176センチの背が低めの20代。 また、ステレオタイプであるスターでなく、こういう人がスターダムに乗って、ニューヨークのブロードウェイの舞台に立ったりする。いや、ハミルトンで2役こなす主役的存在で、稀である。
個人的に、ブロードウェーで芝居の特訓を受けるワークションプを観察したことがある。夜はブロードウェーの演劇を見るだけでなく、その周りの喫茶店やレストランで歌っている歌手の卵の歌を聞いたことがある。こんなに才能があるのになぜブロードウィーの舞台に出られないのか不思議に思った。しかし、驚異的な競争率。ラモスはミランダの目に留まったほどのカリスマ性がある。ブロードウェーで活躍できるだけでなく、歌、詩、踊り、でもと、全てが揃っている。それにスペイン語のアクセントで堂々とインタビューに答える。チャーミング。 こういう人が、ラテン系の、また、若者のヒーローになる。
ラモスとミランダの存在で、このニューヨーク、ワシントンハイツが舞台のミュージカルに興味を持った。
P.S. ニナとベニーだけがスペイン語を話してないかも??

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Socialjustice

4.5根深い人種差別や貧困も、歌って踊って乗り越える。

アルさん
2021年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

元々ミュージカル映画はあまり得意ではないが、[グレイテスト・ショーマン]は大好き。今回も身体でビートを刻んでしまう様な耳に残る曲が多い。ラテン系の音楽、ラップ調な進行がどこまで趣味に合うか、好みによっても評価はだいぶ変わってしまうか。

ほぼ全編がミュージカルの舞台の様に進む。魅力的な登場人物達の心情と背景、そしてセリフを、素晴らしい音楽とダンスで表現してくれる。ラップがメインなので台詞回しが早く、字幕を読むのに苦労して映像に集中出来ない場面もあるが、鑑賞しているうちにワシントンハイツの住人になりきれる。強いて挙げるとすれば、、、口ずさめる簡単なフレーズが少なく、サビも速いので日本人には難しい所か。

要所要所のミュージカル"無し"のシーンが、物凄い良いアクセントになっており、その演出による没入感が凄い。起承転結の"転"が予想外に大きく衝撃的。そして絶妙な間。伏線はほとんど無く、素直に世界に入って楽しむ"作品"であり、"娯楽"としてもこれ程のクオリティーで楽しめるものは少ない。

ウスナビ役アンソニー・ラモスの人を惹きつける柔らかな笑顔、バネッサ役メリッサ・バレラの凛とした雰囲気と吸い込まれる様な瞳が魅力的。そして主要キャスト達の温かい優しさと歌声に酔いしれる2時間超。

冒頭から予想通りのラスト、、、と見せかけて予想外な結末も楽しい。最後にワンシーン有るので席は立たずに。エンドロールで余韻に浸れるオススメの一本。

※109シネマズ湘南がIMAXデジタルからIMAXレーザーへ進化。そのプレオープン特別上映にて鑑賞。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
アル

3.5日本人ならあまり何も考えずに見れる

mikyoさん
2021年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アメリカ人、特にニューヨーク暮らしだともうちょっと身近で色々考えてしまうかもしれないが。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
mikyo
すべての映画レビューを見る(全195件)