劇場公開日 2021年7月30日

  • 予告編を見る

イン・ザ・ハイツのレビュー・感想・評価

3.7223
23%
54%
20%
2%
1%
採点

全223件中、1~20件目を表示

3.5カリプソ最高。スエニートとか独特な思想がロマンチックで良い。

2022年11月25日
iPhoneアプリから投稿

カリプソ最高。スエニートとか独特な思想がロマンチックで良い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
NORI

5.0音楽から物語が入ってくる最高体験。

2022年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

幸せ

なんてったって、音楽が最高すぎ。
最高の曲が、ストレートに心情をぶつけてくるので、観てるコッチもジェットコースター感覚。
ラテン調のリズムとラップがこんなにも音楽劇に適しているなんて、感動もの。私に関して言えばこれまで観てきたミュージカル映画で、最も入ってきた。
何度も言うけど、サイコー。
過去を糧に未来を開くから、未来を糧に未来を拓く話に進んで行く、彼の決断もサイコー。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
neko

4.5ラテンミュージカルは楽しい

2022年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自分でも良く街を歩いていたり、電車に乗っていると、ここで皆が踊りだしたら気分が良いのになぁ、と変な妄想をすることがある。これ多分ミュージックビデオ大好きなこととも関係していると思う。まあ、それを具現化したような映画なのでツボにはまりました!

コメントする (0件)
共感した! 1件)
にこにこどり

3.5ハイテンションな長編MV

2022年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
葵須

3.0移民というアイデンティティが無いと全然入ってこない。

2022年8月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

音楽やダンス、ロケーションなんかは素敵だと思う。

ミュージカルとして映画館や舞台で観たらもっと良かったのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
キムラ

0.5俺には合わなかった

2022年7月25日
スマートフォンから投稿

始まってすぐ、違和感。
「この人主人公?何だこの歌!」
まったくワクワクしない、
でももしかしたらという思いで
頑張って見てた。でも盛り上がって
こない。あーもうだめだと思ったのが
30分過ぎた頃。むしろよく30分
頑張ったなって思った。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
うるけん

3.5故郷って

2022年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

音楽は良いんだけどストーリーがね…。
不法移民にも権利をって、そりゃ不法だしねって感じがしちゃった。
人それぞれ事情もドラマもあるのは重々承知だし
なんなら移民じゃなくたって悲喜こもごもあるわけで。
マイノリティに光を当てるのはいいけど、ちょっと内輪ノリみたいな感じがした。
音楽は良いんだけどねぇ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
mar

4.5それぞれの

2022年7月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
ハンバーグ

4.0小間切れのミュージックビデオの様になっている。

2022年6月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

踊りはキレキレだし、歌も口パクじゃないし、迫力のあるミュージカルだと思った。しかし、カットが多すぎると思った。連続して踊っていると思うが、小間切れのミュージックビデオの様になっている。一気に踊っているのだから、長回しを使ってもらいたかった。
マニラ行きの飛行機の中で見たので、日本語の吹替版を見た。字幕版が無かった。さて、この映画、セリフが歌になっているので、英語が分からない僕には、最初はチンプンカンプンだった。
しかし、二度目の鑑賞だったので、英語でも分かったと思う。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
マサシ

5.0一言「劇場で見なきゃ、ダメなやつじゃんこれ!」。

2022年6月22日
iPhoneアプリから投稿

「ラップミュージック」なんですね。
ドミニカからの移民である主人公たちの、「自分の本当の故郷ってどこ?」。
ストーリーはざっくりこれだけなので、わかりやすい。
若いって悩むよねえ、いろんなこと。

そして何より、圧巻の「マスゲーム的群衆ダンス」。
町中が歌いながら、キレッキレに躍る。
思い出すのが「ラ・ラ・ランド」の、冒頭ハイウエイダンスシーン。
あれが1.3倍速になって、延々と続くという凄さ。
劇場の大音量で、観たかった・聞きたかったなあ。

街の親世代・祖母世代も出ていて。
若者の夢をアシストをしたり。
随所に「にくいなー、そうくるってさ」な、粋な展開もありました。

140分の若干長めですが、元気になれる快作。エンドロール最後におまけあり。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「この界隈じゃ、少し歩けば誰かの大きな愛に当たる」

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ゆき@おうちの中の人

3.0部分的に良い。悪くない。エンディングは良い。脚本がもう一歩という感...

2022年5月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
Kumiko

4.5居場所

2022年5月12日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 2件)
U-3153

3.5明るい毎日でありたいと思える映画

2022年5月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
PANDA Film

4.5輝く町並

2022年4月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

今はどん底で見渡す街並みも沈んで見えるかもしれない、
いつかその町並みは輝く日が来るに違いない。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
上みちる

4.596000

2022年4月20日
iPhoneアプリから投稿

当たり前に皆さん歌も踊りも上手い、素晴らしい!ラテンの音楽が耳障り良く、辛い生活を描きながらも活き活きと弾む世界。
街の皆んながお互いを思いやり、お互いの夢を尊重するラテン系アメリカ移民の人々。本来なら移民せず、自国で夢を叶えられれば良いのだが、低賃金で迫害を受けながらでもアメリカに住む意味。映画なので勿論それが全てではないのだろうが、安穏と日本に生まれ育ちそれが普通の自分にとっては想像し難い世界。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
GAB I

5.0移民とアメリカのラップの話

2022年4月20日
Androidアプリから投稿

なんでラップのミュージカルって今までなかったのか。

アメリカはあれだけヒスパニック系がいて、文化もあって社会的な地位もあったのにまだまだ差別や格差がある。

そんな感情をラップという形で表現する。
素晴らしい映画だった。ヒップホップとも合ってる。

これからもいいラップのミュージカルを期待してます。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Rei

4.0中米からの移民

2022年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ドミニカやプエルトリコからの移民でニューヨークで暮らしている人たちを描く、ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。
4人の若者が自分たちを取り巻く環境の変化に、立ち向かう姿は感動的。
ラップ系の音楽が多いものの、ラテンのリズムはウキウキする。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
いやよセブン

3.085点

2022年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
コウセイ

「生まれ」に問題があると、その解決だったり受け入れだったりに時間や...

2022年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
ナスビーム

4.0「ヌエバヨ−ク」で生きていく、これからも 再レビュー

2022年2月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

前のアカウントがわからなくなったので、履歴管理のため、再レビューします
1 ニュ−ヨ−クの一隅にあるワシントンハイツ。そこで暮らすヒスパニック系の移民たちの夢と苦悩、成長を圧倒的な群舞とともに描いたミュージカル映画。

2 映画は、食品雑貨を営むドミニカの青年を主人公に、移民の子としてアメリカで育った若者と若い頃新天地を求めアメリカに渡り、言葉や生活に苦労を重ねてきた親の世代に焦点をあてる。若者たちの夢は、大学進学、ダウンタウンへの引っ越し、デザイナーへの転身、地位の向上・・。そして親は子供に自分の夢を託す。しかし、市民権を持てなければいずれも儚い夢。また、白人の色眼鏡や差別意識が障壁となる。 皆がもう一歩踏み出せない中、大規模な停電が起こり、それが明けたとき物事が動き出す。

3 そのきっかけを生み出したのは二人。一人は主人公の世話をしてきた老婦人。故国を離れお屋敷の床を磨き続けてきた半生。皆に忍耐と信仰を説き、尊厳や誇りを見失わない生き方や佇まいが主人公や街の人々の精神的支柱となる。そして、とびっきりのプレゼントをもたらしてくれた。もう一人は、美容院の女主人。街の淀んだ空気をかき混ぜ、湿った人心に火を付ける。

4 群舞が圧倒的に素晴らしい。筋肉が暴れまくる動きは動物的。ダンサーが必ずしも美男美女でなく踊りも洗練されていないが精気が溢れ出している。また、美容院の女主人が扇動して始まる、旗を掲げろのナンバーが国の違いはどうあれ、自我と故国を見つめ直し、連帯の強さを示すメッセージを力強く伝えてくれた。終局では、この地で生きていくこととした主人公から子供たちへの魂の伝承が見て取れた。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
コショワイ
「イン・ザ・ハイツ」の作品トップへ