THE UPSIDE 最強のふたり

劇場公開日

THE UPSIDE 最強のふたり
13%
60%
26%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本でも大ヒットを記録したフランス映画「最強のふたり」のハリウッドリメイク版。スラム街出身で職もなく、妻子にも見放されたデルは、全身麻痺で車椅子生活を送る大富豪フィリップの介護人として働くことになる。秘書のイヴォンヌをはじめフィリップの周囲の人々は、キャリアも教養もなく、お調子者のデルを雇うことに否定的だったが、周囲の反対をよそに、フィリップとデルは互いにひとりの人間として接し、充実した日々を送る。しかし、フィリップは誰にも言えない秘密を抱えており、ある日、ふたりの友情を揺るがす出来事が起こる。主人公デルを「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のケビン・ハート、フィリップを「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストンが演じたほか、秘書イヴォンヌ役でニコール・キッドマンが共演。監督は「それぞれの空に」「ダイバージェント」のニール・バーガー。Amazon Prime Videoでは「人生の動かし方」のタイトルで配信。

2019年製作/125分/G/アメリカ
原題:The Upside
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5文化の翻訳可能性と不可能性

AuVisさん
2019年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

元の仏映画「最強のふたり」の原題はIntouchables。仏語で「触れ合わない、触れられない」の意味だそう。全身麻痺で外の世界との接触をほぼ断っている富豪フィリップと、底辺のアフリカ系移民で疎外された存在のドリス。そんな二人が出会い、壁を乗り越えて心が触れ合う関係になるという反転が面白さと感動の核になっていた。

リメイク版の「The Upside」はどうか。介護人役のケヴィン・ハートは、成功した黒人コメディアンというパブリックイメージがあり、触れられない、疎外された存在からは離れてしまった印象だ。米仏の社会における黒人の立ち位置の違いがあり、単純に置き換えただけではニュアンスが変わってしまう。仏映画で米国の黒人バンドであるEW&Fの曲が流れて踊るという文化的ギャップで楽しめる要素も、やはり翻訳しづらい要素だっただろう。

丁寧なリメイクだが、魅力の核があいまいになったように感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

3.02人の間に芽生えるケミストリーは。。。

MPさん
2019年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

最近のフランス映画で興行的に最も成功した作品を、果たして、ハリウッドがどう作り直したか?全身麻痺の富豪と、介護人に選ばれた貧しいけれど、型破りな青年の間に育まれる友情は、舞台をパリからニューヨークへ、介護人役をオマール・シーからケビン・ハートに変えたことで、移民問題という世知辛さはほぼ消滅。また、秘書役に大女優ニコール・キッドマンを迎えたことで、後半の展開が大きく変わった。しかし、つくづく実話の力は大きいと思う。ともすると出来過ぎにも思える感動物語が、国籍が変わっても観客の心を繋ぎ止めるのは、友情はどこにでも芽生えることを身を以て証明した男たちが現に実在しているからだ。惜しむらくは、ハートと富豪役のブライアン・クランストンの間に、オマールとフランソワ・クリュゼが育んだようなケミストリーが、最後まで漂ってこないこと。これはもしかして、俳優の個性や演出の問題ではなく、今のアメリカの空気を図らずも映した結果なのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
MP

4.0人の繋がり

Umiさん
2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

職場の人に勧められた作品

私に人の繋がりを伝えたかったのかもしれない。

初見が大事と言うが、
同じ人を見ても初見で何を思うかは見る側によって違う。

よく見られようとするより、
自分に合った人を見つける力をつけると、
人は強くなれると感じた作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Umi

2.0リメイクの意味&必要性なし。オリジナルを何度も見るべし

みっくさん
2020年2月7日
Androidアプリから投稿

オリジナルの仏映画を、米国でリメイクした意味は、
単に米国人が他言語の映画を見ない、だから英語で作ってしまえ、というだけ。
日本人としては、仏映画の字幕でOKなので、本当に意味なし。

内容としても、オリジナルを超えていない。
仕方ないんだけどね。オリジナルはスゴイ映画だから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みっく
すべての映画レビューを見る(全49件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る