劇場公開日 2019年11月22日

決算!忠臣蔵のレビュー・感想・評価

3.3137
12%
46%
27%
8%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全137件中、1~20件目を表示

4.0かなり思い切った忠臣蔵

AuVisさん
2019年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

年の瀬に第九と忠臣蔵、という日本の風物詩は昭和の時代に確立したのだろうか。ともあれ、お茶の間のテレビで流れる時代劇のドラマや映画を中心に、赤穂浪士らによる雪の中の吉良邸討ち入りを眺めては、押し迫った暮れをしみじみ思うのが定番の過ごし方ではなかったか。

本作の大胆な挑戦は、大抵の人が忠臣蔵に期待する二大ハイライト、浅野内匠頭の刃傷事件と赤穂浪士の討ち入りをほぼ割愛したこと。大石内蔵助が遺した勘定書を分析した新書を原作に、脚本も兼ねた中村義洋監督は往年の時代劇ファンが物足りなく思うのを承知の上で、元藩士たちの仇討ちまでの日々を費用のやり繰りという切り口で描く喜劇映画を目指したのだろう。吉本興業が制作に参画し、お笑い芸人が大挙出演しているのも集客に貢献しそうだ。松竹が先導する新感覚の時代劇映画の流れに沿う一本だが、個人的には同じ中村監督作の「殿、利息でござる!」のほうが楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
AuVis

4.0新しい切り口

2019年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

瑤泉院に送った「預置候金銀請払帳」から
忠臣蔵を紐解く作品。
主君への忠義とお金との間に揺れ動く
内蔵助の気持ちは案外、この作品のほうがリアルなのかも…。
赤穂の話でありながら、関西弁で作られた作品って
今までなかったのでは…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しげぼん

4.0斬新!忠臣蔵

光陽さん
2019年12月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
光陽

3.5これやから番方はあかん。銭の使い方が分かっとらん。

栗太郎さん
2019年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

浄瑠璃仮名手本忠臣蔵から古今東西、赤穂浪士事件にまつわる戯作は数あれど、これは異色。すでに数年前から世間では忠臣蔵物に飽きて、年末ドラマでもとんと見かけなくなった。たまにでてきた義士ものがこれ。まあ、監督の名前とキャスティングをみれば当然の内容。個人的には満足。なにせ、赤穂浪士たちに対する手放しの賞賛には眉をひそめる人間なので。浪士たちはけして潔癖でもなく、純粋な忠義のものばかりでもなく、そして事件のために振り回された人も多く、いろんな人がいたわけで。けっこう人間臭い演出が気に入りました。話の流れは忠実に、キャラはデフォルメし、いままで皆が見逃してた部分(特に金)をクローズアップ。内蔵助は女好きで妾を数人囲ってるとか、容姿よきと伝わる安兵衛を荒川良々が演じたり、監督の遊び心がふんだん。火消しの浅野と世に名だたるその姿もあり。お取り潰しに憤り籠城を騒ぐが、金の額を聞いて心が揺れる人の性。見事だと思う。

なお、お金にまつわる筋立てのこの映画、劇中、基本的に1文=30円で計算してました。個人的感覚は1文=20円、1両=8~10万円なので、現在の金額に直した際の額はやはりやや高いなあと感じます。
例)
1文=30円
1両=12万円
そば16文=480円
江戸⇔赤穂往復旅費 87万円/ひとり
大石内蔵助年俸1500石=6900万円/年
矢頭20石+アルファ=185万円/年

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
栗太郎

4.0いや、せぇへんのかい!

massiさん
2019年12月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
massi

3.5ちゃんとした忠臣蔵とセットでこれは観るべき

2019年12月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

一応忠臣蔵だが1番の見せ場ともいえる松の廊下の件がほんのちょこっと
しかもこの映画は吉良上野介が登場しない
浅野がとことん虐められるところをしっかり描かなけば本当の忠臣蔵とはいえない
討ち入りのシーンも前振りだけでメインディッシュはほとんど描かれていない
そのくせ敵を欺くため大石内蔵助が遊ぶシーンはしっかり描いている
コメディーとはいえ忠臣蔵ファンとしては物足りない
オードブルの忠臣蔵だ
着眼点を変えればまだまだ掘れば出てくる忠臣蔵なのだがこれ正統派ではなく邪道だ

忠臣蔵が関西弁ではカッコ悪い
たしかに赤穂藩は関西弁だろう
だがそこをリアルにしては台無しだ

吉本芸人がたくさん出てくる
吉本以外に上島竜兵も出てくる
でも笑い一つ無し
コメディーなのに普通に役者している

大石内蔵助が堤真一なのはいい
だが浅野内匠頭がなんで阿部サダヲなの?
あのテンションが高いだけの雑な演技をする俳優がなぜ演じているの?
高田馬場の決闘でも有名な堀部安兵衛がなんで荒川良々なの?
あんな間抜けづらが剣豪なわけないでしょ
ギャグ漫画日和じゃあるまいし歴史上の人物をコケにするのもいい加減にしてほしい
堀部安兵衛に荒川良々は明らかに悪意を感じる
お戯れが過ぎますぞ

自分のなかで浅野内匠頭といえば大川橋蔵
堀部安兵衛といえば大友柳太朗
吉良上野介といえば月形龍之介
それなのにそれなのにコメディーとはいえ日本人の魂を具現化した忠臣蔵を冒涜するとは不届き千万!

でも作品としては面白かった
それは間違いない
頭にはきたけどコメディーとしてはよくできてるしためにもなった
頭にきたからと言って星1つとか2つとかはありえない
1800円なら微妙だが1100円ならいいんじゃないか
娯楽作品としては佳作
劇場でお金を出してもう一度観たいかといえば絶対に観たくないが

あと時代劇にピー音いらない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.5時代劇

2019年12月9日
iPhoneアプリから投稿

時代劇は見ないし忠臣蔵は知らないが観賞。話についていくのが少々大変でした

有名な人がたくさん出演していたし、音楽も合っていた。クライマックスは面白かった

中盤が同じようなことをしていて間延びしていた気がするので、もっとテンポよく作って欲しかった
もっとカッコいいシーンも観たかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Daiki Sugiyama

2.5豪華キャスト

2019年12月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

豪華キャストなキャストが沢山出演しており
都度俳優を探す楽しみもあります。
吉本興業が入っているため、お笑いを全面に出しているのかと期待してましたが、案外真面目な映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
津藤健吾

3.0役者が豪華

2019年12月9日
iPhoneアプリから投稿

吉本芸人が多いけれど、にしても豪華である。
最後の妻夫木くんが畳み掛けるとこはとても面白かった。
映画館で終盤前にぐっすり寝てしまったので、星は3

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽほぞん

3.5討ち入りが……

ムロンさん
2019年12月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

まさかの討ち入りない忠臣蔵にビックリ
でもこれはアリですね❗こういう視点の映画増えてますね⁉️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ムロン

3.0#決算!忠臣蔵

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

いつの時代もお金はかかりますなー
後半のお金(数字)が減っていくところが、
おもしろかったです。
あと、吉本の芸人さんがたくさん出てて、
新喜劇みたいでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
梅雨蜜柑

4.0「忠臣蔵」の裏事情

クララさん
2019年12月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

いや~なかなか面白かった。

「忠臣蔵」の話だが、仇討ち(討ち入り)するまでの予算の話。限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディ。なぜ討ち入りまでに時間がかかったのか?なぜ12月だったのか?という裏事情が良くわかる。
忠臣蔵といえば、12月14日に筆頭家老大石内蔵助を中心に赤穂浪士達が、藩主・浅野内匠頭の仇討ちのため、吉良上野介邸に討ち入り、見事に吉良を打ち取る!あっぱれ!という12月の人気風物詩だったが、この映画はそうではなかった。討ち入りシーンまでのお金の話で、浅野内匠頭の刃傷事件と赤穂浪士の討ち入りシーンはほぼ無し。
吉本興業が制作に参画し、お笑い芸人達が多数出演していて、討ち入りまでの裏事情を面白おかしく演出されている。
涙と笑いの予算達成エンターテイメント、こんな年末の楽しみ(忠臣蔵)もありだと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クララ

4.0久々に映画で涙が出るほど笑った

まやさん
2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿

忠臣蔵の肝である、殿中でござるの部分と討ち入りの部分を削ぎ、お城引き渡し辺りから準備までを現代の感覚に合わせ描かれているところにセンスを感じた。
ホロリとさせられる部分もあったが八割笑っていた。
頭を空っぽにできる。
俳優陣が豪華すぎて、端役であろう人物が妻夫木だったり西川清だったりして驚く

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まや

3.0切り口は面白いが…

tom900さん
2019年12月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

吉本が関わっているのでお笑い芸人が多数出演しているので、全体的に軽くコメディではあるが、兎に角、登場人物が多いので忙しない感じ。
お家断絶時の財産整理から余剰金計算などは面白い切り口だが、最後に残金0になるように調整した感じは否めない。
赤穂から江戸に上京する際の旅費などをもう少し詳しく描写しても良かったのでは無いかと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tom900

4.0時代劇の中でのある意味のリアル

2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿

物語りにおいての人の生活に欠かせないお金
今作はソレをコミカルに表していて当時、人がどれくらいで生活をしていたのかと言うのかを考えました。

江戸に立ちで終わる話も一人、いくらかかるのかと、そして現代がどれほどありがたいのか改めて思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
munegawa64

3.5気楽には観れました

ずんださん
2019年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

すみっコぐらしをリピートしようと映画館に行ったついでに、時間あったのでふらっと期待せずに鑑賞。会計目線からの忠臣蔵。なるほどこんな角度からの忠臣蔵もありかもね、なんて時々くすっと笑いながら観てました。ただ昭和人間の私の中では堀部安兵衛は阿部寛のイメージ。この映画では荒川良々であまりにビジュアルが違ってて戸惑い(笑)。あとラスト、やっと討ち入りかと思ったら、討ち入りシーンは無くナレーションのみで盛り上がらずに終了したのは、ちょっと残念でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ずんだ

4.0ちょっと違った忠臣蔵

2019年12月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

勇ましい忠臣蔵を違った視点で見ることができました。岡村隆史を筆頭に普段の時代劇とは違う役者さんが多くいたので驚きました。
西川きよし師匠が短い時間でしたが出演していたのが嬉しいかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ギャンブラー

3.5心痛い

2019年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

自分はどちらかと云えば番方の方なので、心痛いかも?(笑)実際の切ったはったはほとんど無いけど、面白い時代劇です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ごっとん

2.0中途半端

2019年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

西川きよしは居なくなって終わりだし
岡村さんは中盤で殺されてあとは何もなし
決算忠臣蔵なら最後まで岡村さんはいないと。

ダメでしたね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
西国くん

2.0期待し過ぎたのかな?

myuwmyuwさん
2019年12月6日
スマートフォンから投稿

面白いとは思えなかった。
岡村隆史さんが真面目に演じていると聞いて、どれだけ絡んでくるのかと思ったら、こんな感じか。
しかも突然あんな風に終わるなんて。
いくら資金面から忠臣蔵を映画にしたとはいえ、まるでドラマに出てくる現代のおっさん上司みたいで、あんな大石蔵之介はないだろう。
もう少し武士らしい威厳みたいな物が欲しかった。
コメディーとしても全く笑えなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
myuwmyuw
「決算!忠臣蔵」の作品トップへ