劇場公開日 2019年11月22日

決算!忠臣蔵のレビュー・感想・評価

3.3166
11%
46%
28%
8%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全166件中、21~40件目を表示

4.0結構シリアス

adamsmithさん
2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿

関西弁のやりとりもあって笑えるが、全体的にシリアスな印象。理由は、やはりカネの計算が絡んでくる以上は、現実そのものだから。一例を挙げると、堤真一家老の年俸が6900万円で、同年の岡村隆史勘定方の年俸180万円。今の会社より所得格差著しい。また、藩士達が吉良を討つかどうかの意思決定も、それぞれの家庭の事情が窺える。他方で、行かなくてもいい江戸への出張をして往復72万円を使うのも、今で言えば半分観光の海外出張みたいなものか。やっぱりサラリーマンって感じがする。よくできた脚本。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
adamsmith

2.0ワザとらしいっす

2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sue Cat Boy

3.5赤穂の赤は赤字の赤とちゃうで!(笑)

syu32さん
2019年12月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
syu32

5.0経済から見た忠臣蔵

irukaさん
2019年12月14日
Androidアプリから投稿

江戸時代の経済から討ち入りを描いた経済痛快活劇でした!笑いたい人にはオススメです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
iruka

4.0切ない

ハクさん
2019年12月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ハク

3.5お金の管理って、思ったより大変だわ

2019年12月14日
iPhoneアプリから投稿

笑える

楽しい

難しい

ムビチケが当たったんで、行ってみることに。
堤真一が出ているし期待を胸に張り切って劇場へ

歴史についてあまり知らない人は、難しいな...
昔の言葉がたくさん出てきて分からないまま話が進んでいくことが多々あった。

好きな俳優さん、たっぷり出演。
みんなその役にピッタリ。
濱田岳と石原さとみが個人的にはお気に入り
2人ともどんな映画やドラマでも同じようなキャラだけど、やっぱり好きなんだよなぁ〜

決算!忠臣蔵ということもあって、
戦いではなくお金のお話。
どんどんどんどん減っていくお金。
現代のお金を字幕で表してくれるから、
今どんだけ使ってどんな状況かっていうのが
ひと目でわかる親切設計。

切り替えが早く、思わずクスッと笑ってしまう。
そして演技が下手な役者さんがいない。
荻野なんちゃらってひとがいるから見に行きませんというレビューを公開前から3つほど見かけたが、
あれ?出てた?ってぐらい。全然気にしなくていい。

コメディ映画としてはいい映画だったが、
内容を理解しようとすると知識が必要かなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
サプライズ

3.0振り切って欲しい

2019年12月14日
スマートフォンから投稿

期待値としては、コメディ色強くやって欲しいというのがあったが、
序盤から少し違う印象を受ける映画

それならそう言うつもりで見るかと気持ちを変えれば、物足りない演出と物足りないコメディが入る

本当にどっちかに振り切ってほしい映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タイヤキ

2.5もうちょっと振り切って欲しかった!!

2019年12月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

若い人はほとんど知らないだろうけど

60代以上の人なら大抵知ってる忠臣蔵を

お金から観た視点で再構築された今作。

「武士の家計簿」とか「殿、利息でござる」など
お金というものを通して時代劇を描くことで

リアルにその時代の人々の
悲喜こもごもが伝わってくるので
私は結構好きな分野の映画です。

吉本タレントも多数出ているので

忠臣蔵を知らなくても気楽に観られます。


で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

コメディー色を出すところがちょっとズレてる気がする。

ちょっと今回の大石蔵之助がボンクラ過ぎね?
重大事の討ち入りを決心する要因が

まるで〇〇倶楽部の「聞いてないよ!」的な話になっていて

ここまで気がつかないのはボンクラ過ぎて逆に笑えない〜

それと予告篇にあったお金が掛かる表現の時に

肝心のあの人がいないのは、
折角の笑いどころが半減してる気がするな〜

同じ中村義洋監督の「殿、利息でござる」は
泣かせどころもあってなかなか良い出来だったので

私的には今回は滑った感が強い。

この映画のキモである、
お金を使う側とお金を工面する側のお金に対する意識の差。

前面に出る武士の見栄やカッコ付けの無駄使いではなく、
ここぞというところで正しく使って欲しいと思っている
いわゆる経理を担当する裏方の侍たち。

お互いのお金に使い方に対する意識差は

良く伝わったかな〜と思います。

「松の廊下の刃傷事件」の原因については
殿様が生真面目過ぎて賄賂を渡す事を嫌ったから。
賄賂も一つのお金の使い方として有りと言う時代、
賄賂は良く無いけど、そこでお金を使わずに
全藩士を路頭に迷わすこととは
どっちが正しいお金の使い方なのか?
難しいところよね〜

@お勧めの鑑賞方法は?
今後の時代劇のためには映画館で見て欲しいけど〜〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
星のナターシャ

4.5全体を通して、クスクス系の軽い笑い。 全てがお金に換算されて、現実...

2019年12月12日
スマートフォンから投稿

全体を通して、クスクス系の軽い笑い。

全てがお金に換算されて、現実的。

大まかには、忠臣蔵のストーリーになっている。

まあ、これからの年末に向けての娯楽映画としては良いかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ナガグツ

4.0予想外に面白かった!けど…

2019年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
プリズナーN0.6

4.0新しい切り口

2019年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

瑤泉院に送った「預置候金銀請払帳」から
忠臣蔵を紐解く作品。
主君への忠義とお金との間に揺れ動く
内蔵助の気持ちは案外、この作品のほうがリアルなのかも…。
赤穂の話でありながら、関西弁で作られた作品って
今までなかったのでは…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しげぼん

4.0斬新!忠臣蔵

光陽さん
2019年12月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
光陽

3.5これやから番方はあかん。銭の使い方が分かっとらん。

栗太郎さん
2019年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

浄瑠璃仮名手本忠臣蔵から古今東西、赤穂浪士事件にまつわる戯作は数あれど、これは異色。すでに数年前から世間では忠臣蔵物に飽きて、年末ドラマでもとんと見かけなくなった。たまにでてきた義士ものがこれ。まあ、監督の名前とキャスティングをみれば当然の内容。個人的には満足。なにせ、赤穂浪士たちに対する手放しの賞賛には眉をひそめる人間なので。浪士たちはけして潔癖でもなく、純粋な忠義のものばかりでもなく、そして事件のために振り回された人も多く、いろんな人がいたわけで。けっこう人間臭い演出が気に入りました。話の流れは忠実に、キャラはデフォルメし、いままで皆が見逃してた部分(特に金)をクローズアップ。内蔵助は女好きで妾を数人囲ってるとか、容姿よきと伝わる安兵衛を荒川良々が演じたり、監督の遊び心がふんだん。火消しの浅野と世に名だたるその姿もあり。お取り潰しに憤り籠城を騒ぐが、金の額を聞いて心が揺れる人の性。見事だと思う。

なお、お金にまつわる筋立てのこの映画、劇中、基本的に1文=30円で計算してました。個人的感覚は1文=20円、1両=8~10万円なので、現在の金額に直した際の額はやはりやや高いなあと感じます。
例)
1文=30円
1両=12万円
そば16文=480円
江戸⇔赤穂往復旅費 87万円/ひとり
大石内蔵助年俸1500石=6900万円/年
矢頭20石+アルファ=185万円/年

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
栗太郎

4.0いや、せぇへんのかい!

massiさん
2019年12月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
massi

3.5ちゃんとした忠臣蔵とセットでこれは観るべき

2019年12月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

一応忠臣蔵だが1番の見せ場ともいえる松の廊下の件がほんのちょこっと
しかもこの映画は吉良上野介が登場しない
浅野がとことん虐められるところをしっかり描かなけば本当の忠臣蔵とはいえない
討ち入りのシーンも前振りだけでメインディッシュはほとんど描かれていない
そのくせ敵を欺くため大石内蔵助が遊ぶシーンはしっかり描いている
コメディーとはいえ忠臣蔵ファンとしては物足りない
オードブルの忠臣蔵だ
着眼点を変えればまだまだ掘れば出てくる忠臣蔵なのだがこれ正統派ではなく邪道だ

忠臣蔵が関西弁ではカッコ悪い
たしかに赤穂藩は関西弁だろう
だがそこをリアルにしては台無しだ

吉本芸人がたくさん出てくる
吉本以外に上島竜兵も出てくる
でも笑い一つ無し
コメディーなのに普通に役者している

大石内蔵助が堤真一なのはいい
だが浅野内匠頭がなんで阿部サダヲなの?
あのテンションが高いだけの雑な演技をする俳優がなぜ演じているの?
高田馬場の決闘でも有名な堀部安兵衛がなんで荒川良々なの?
あんな間抜けづらが剣豪なわけないでしょ
ギャグ漫画日和じゃあるまいし歴史上の人物をコケにするのもいい加減にしてほしい
堀部安兵衛に荒川良々は明らかに悪意を感じる
お戯れが過ぎますぞ

自分のなかで浅野内匠頭といえば大川橋蔵
堀部安兵衛といえば大友柳太朗
吉良上野介といえば月形龍之介
それなのにそれなのにコメディーとはいえ日本人の魂を具現化した忠臣蔵を冒涜するとは不届き千万!

でも作品としては面白かった
それは間違いない
頭にはきたけどコメディーとしてはよくできてるしためにもなった
頭にきたからと言って星1つとか2つとかはありえない
1800円なら微妙だが1100円ならいいんじゃないか
娯楽作品としては佳作
劇場でお金を出してもう一度観たいかといえば絶対に観たくないが

あと時代劇にピー音いらない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野川新栄

3.5時代劇

2019年12月9日
iPhoneアプリから投稿

時代劇は見ないし忠臣蔵は知らないが観賞。話についていくのが少々大変でした

有名な人がたくさん出演していたし、音楽も合っていた。クライマックスは面白かった

中盤が同じようなことをしていて間延びしていた気がするので、もっとテンポよく作って欲しかった
もっとカッコいいシーンも観たかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Daiki Sugiyama

2.5豪華キャスト

2019年12月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

豪華キャストなキャストが沢山出演しており
都度俳優を探す楽しみもあります。
吉本興業が入っているため、お笑いを全面に出しているのかと期待してましたが、案外真面目な映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
津藤健吾

3.0役者が豪華

2019年12月9日
iPhoneアプリから投稿

吉本芸人が多いけれど、にしても豪華である。
最後の妻夫木くんが畳み掛けるとこはとても面白かった。
映画館で終盤前にぐっすり寝てしまったので、星は3

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽほぞん

3.5討ち入りが……

ムロンさん
2019年12月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

まさかの討ち入りない忠臣蔵にビックリ
でもこれはアリですね❗こういう視点の映画増えてますね⁉️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ムロン

3.0#決算!忠臣蔵

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

いつの時代もお金はかかりますなー
後半のお金(数字)が減っていくところが、
おもしろかったです。
あと、吉本の芸人さんがたくさん出てて、
新喜劇みたいでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
梅雨蜜柑
「決算!忠臣蔵」の作品トップへ