夜と昼

夜と昼
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ポーランド映画祭2018」(18年11月10~23日/東京都写真美術館ホール)上映作品。

1975年製作/170分/ポーランド
原題:Noce i dnie

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
マリア・ドンブロフスカ
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 アカデミー賞(1977年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0絵巻物がポーランドで大戦前は女の一生

2019年4月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

いや、のっけの一時間近くは、断片的な小エピソードを時系列ぐしゃぐしゃに並べてます。分からん。文法が無いですもん、多分。しかも台詞が殆ど無い。フランスの中世貴族風な出で立ちの人々が、飲んで踊ってはしゃいでいる様を眺めてるだけ。

二人が結婚した理由も、暫く考えないと分からない。封建的家長制度、と言うより、一族の長なのか「本家」なのかは不明ですが、そういう立場のワダ家の勧めには逆らえなかった、逆らうほどの理由も無かったのだと理解するのに1時間半掛かる映画。

逆らえなかった縁談を受けた時、誰も愛さないと自分自身に誓った女。愛されていないと知りながらも、女を愛し土を愛し、農業に身を捧げた男。を、3時間近い絵巻物にしてます。原作は4部構成のマリア・ドンブロフスカの4部構成の大作との事。図書館行ったけど、「マリア・ドンブロフスカ」なんてかすりもしない。4部作の2部くらいまでを映画にした感じなのかなぁ。終わり方が、やや雑だったから。

大作らしく、焼き払われる街から人々が逃げて行く様子は大仕掛け。金は使ってるんだろうなぁ、って思うが、主役女性の息子に対する溺愛ぶりが異様で、ドン引きしてしまう。場面場面でのセリフは文学的で、そこだけ見れば「痺れる」けれど....

感動には程遠い。正直、長くて長くて....まだ終わらんのか?と、スクリーン右斜め上の時計が気になる2時間40分でした。アベンジャーズ・エンドゲームの3時間は、あっと言う間だったぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bloodtrail
すべての映画レビューを見る(全1件)