ザ・バニシング 消失

劇場公開日

  • 予告編を見る
ザ・バニシング 消失
ザ・バニシング 消失
17%
43%
29%
10%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ある日突然消えた恋人を捜す執念と亡霊にとり憑かれたかのような男が、次第に精神的に追い詰められていく姿を描いたサイコサスペンス。1988年に製作され、93年には監督のジョルジュ・シュルイツァー自身のメガホンにより、「失踪 妄想は究極の凶器」(ジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック出演)としてハリウッドリメイクもされている。日本では長らく劇場未公開だったが、2019年4月に劇場公開が実現。オランダからフランスへ車で小旅行に出がけたレックスとサスキアだったが、立ち寄ったドライブインで、サスキアがこつ然と姿を消してしまう。レックスは必死に彼女を捜すが手がかりは得られず、3年の月日が流れる。それでもなお捜索を続けていたレックスのもとへ、犯人らしき人物からの手紙が何通も届き始める。

1988年製作/106分/オランダ・フランス合作
原題:Spoorloos
配給:アンプラグド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.5 《狂気!殺人ドライブイン / 怨念の巣窟!死者たちの集い》
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.6 《巨大 怨霊ホテル / 御霊が眠る、迷宮洞窟》
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 北野誠のぼくらは心霊探偵団 事故物件を鑑定せよ!
  • 北野誠のぼくらは心霊探偵団 怪異ミッション『ミステリースポットを体験せよ!』
  • ビーチ・シャーク
  • ゾンビシャーク 感染鮫
  • パニック・マーケット
  • シャークネード
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)1988 Published by Productionfund for Dutch Films

映画レビュー

4.0迫り来る飄々とした恐怖。真相を知らずにいられなくなる心理的作用に震撼。

2019年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

この映画の噂はずっと前から聞いていたが、なかなか見る勇気がなかった。なにしろあのキューブリックが絶賛するほどなので、うっかり足を踏み入れると、何か邪悪なものが心の中に入り込まれそうな気がしていたからだ。が、公開から30年もの月日が流れ、ようやく意を決して観た本作は、私の予想を大きく覆すものだった。バイオレンス場面は皆無だし、表立って恐ろしいことが起こるわけではない。

むしろ「忽然と恋人が消えた」という心の穴を突きつけられ、そこに「何らかの事情を知る男」のコミカルにさえ思えるほどの飄々とした日常と思考を対比していくことで、本作は実に不気味な手触りと陰影を生み出していく。冒頭のトンネル内の映像は実に象徴的だ。

気付かぬうちに徐々に引き込まれていく流れ、真相を知らずにいられなる心理的作用に、唸らせられる。もしかすると『セブン』などの後続のサスペンス作はこの影響を多少なりとも受けているのかも。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0犯行の一部始終

2020年5月11日
Androidアプリから投稿

変態男が女を連れ去る事件をリアルに描いている。
カップルの女が連れ去られ男が3年にも渡って探し出し、ついに犯人を特定し、真相を探ろうとする。
真相を探る過程で犯人の回想による犯行の一部始終がリアルに描かれる。
間違って知り合いの女に声をかけて気まずい思いをしたり、声をかけた女の男に難癖をつけられたり、やっと車に乗せることができたかと思えば、くしゃみをして台無しになったりと成功するまでの紆余曲折をリアルに描いている。
そんな経緯をえてついには成功する訳だが、数々の失敗の描写があるゆえに成功したときのリアルさがより一層強化されている。
犯行の回想のシーンは徹頭徹尾犯人の主観で描かれていて思わず感情移入してしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お前の頭はただの飾りか

3.5「予感」のコントロール

cokeman_2さん
2020年5月10日
PCから投稿

キューブリックに「すべての映画の中で最も恐ろしい」と言わしめた作品。
冒頭のトンネル内ガス欠のシーンのトラウマを最後までうまく形容してて、物語の行方を予感させるのがまじでうまい。例えば二人が一時でも離れ離れになる恐怖。例えば暗い空間に閉じ込められる恐怖。そして視聴者の予感が外れても当たっても地獄という…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cokeman_2

4.5愛と悪は無限大

everglazeさん
2020年2月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
everglaze
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る