ザ・バニシング 消失

劇場公開日

ザ・バニシング 消失

解説

ある日突然消えた恋人を捜す執念と亡霊にとり憑かれたかのような男が、次第に精神的に追い詰められていく姿を描いたサイコサスペンス。1988年に製作され、93年には監督のジョルジュ・シュルイツァー自身のメガホンにより、「失踪 妄想は究極の凶器」(ジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック出演)としてハリウッドリメイクもされている。日本では長らく劇場未公開だったが、2019年4月に劇場公開が実現。オランダからフランスへ車で小旅行に出がけたレックスとサスキアだったが、立ち寄ったドライブインで、サスキアがこつ然と姿を消してしまう。レックスは必死に彼女を捜すが手がかりは得られず、3年の月日が流れる。それでもなお捜索を続けていたレックスのもとへ、犯人らしき人物からの手紙が何通も届き始める。

1988年製作/106分/オランダ・フランス合作
原題:Spoorloos
配給:アンプラグド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)1988 Published by Productionfund for Dutch Films

映画レビュー

4.0迫り来る飄々とした恐怖。真相を知らずにいられなくなる心理的作用に震撼。

2019年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

この映画の噂はずっと前から聞いていたが、なかなか見る勇気がなかった。なにしろあのキューブリックが絶賛するほどなので、うっかり足を踏み入れると、何か邪悪なものが心の中に入り込まれそうな気がしていたからだ。が、公開から30年もの月日が流れ、ようやく意を決して観た本作は、私の予想を大きく覆すものだった。バイオレンス場面は皆無だし、表立って恐ろしいことが起こるわけではない。

むしろ「忽然と恋人が消えた」という心の穴を突きつけられ、そこに「何らかの事情を知る男」のコミカルにさえ思えるほどの飄々とした日常と思考を対比していくことで、本作は実に不気味な手触りと陰影を生み出していく。冒頭のトンネル内の映像は実に象徴的だ。

気付かぬうちに徐々に引き込まれていく流れ、真相を知らずにいられなる心理的作用に、唸らせられる。もしかすると『セブン』などの後続のサスペンス作はこの影響を多少なりとも受けているのかも。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5吉良吉影の雰囲気あり

2022年6月21日
iPhoneアプリから投稿

しっかりと誘拐の練習してまぁまぁ失敗したりする犯人。茶目っ気あるのに埋めまくってて怖すぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ChapmanShoji

4.0サスキア‼︎

2021年12月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

知的

88年のオランダ、フランスの合作映画。
監督はジョルジュ・シュルイツァー。
オランダからフランスへドライブ旅行に来たレックスとサスキア。しかし途中で立ち寄ったドライブインでサスキアは忽然と姿を消した。
そして3年の月日が流れるが、レックスは新しい恋人がいてもサスキアを忘れられず捜し続けていた。やがてそれも限界に達し半狂乱に陥るレックス。ついにテレビ番組にて見えない相手に「真実が知りたい」と問いかける。結局新しい恋人はレックスの元を去るのだが、同時にサスキアの消息を知っていると語るレイモンという男が現れた。
知りたければフランスまで一緒に来いとの誘いにレックスは仕方なく乗り、レイモンに同行する。
道中、レイモンはある動機を語り始める。
26年前に思いついた実験。
悪事を働くには悪の心が必要ではない、という証拠であるということ。
殺人には「殺したい」という感情が働いているが、生き埋めにするならば「穴掘り」と「埋める」という単純作業で事足りる。つまり感情は必要なく、そうする事でレイモン自身に悪は存在せず、それが自身の正しさを証明する証拠にもなる、という理論。
レックスは「狂ってる」というしかなかった。
そして、レイモンはレックスに一杯のコーヒーを差し出し「これを飲めば真実が分かる」と告げる。
あまりにも怪しすぎる展開。
眠らされると分かっていて睡眠薬入りのコーヒーを飲むなんて愚の骨頂としか言いようがない。
真相を知らずに死ぬか。
真相を知ってから死ぬか。
いつしかレックスの人生はこの二者択一にのみの思考にしか従えなくなっていた。
ある意味、レックスもサスキアの末路に取り憑かれた結果、レイモンと同様の反社会性パーソナリティ障害に陥っていたのかも知れない。
目が覚めたレックス。
言うまでもないが暗闇の中。
かろうじてライターを照らすと狭い箱の中らしい。
いくら叫んでもどこにも届かない。
結局サスキアの最後がどうなったのかが描かれることはなかったが、レックスの末路を見れば一目瞭然と言わざるを得ない。
ラストカットはレイモンの無表情な顔、そして新聞に載ったレックスとサスキアの顔写真と行方不明の文字だった…。

スタンリー・キューブリックが大絶賛した本作。
近年まで日本未公開だったが2019年に満を辞して日本での劇場公開に至る。
サイコサスペンスの金字塔とも言うべき数々のキャッチコピーがつけられる名作であるが、あくまでも88年の作品でありハリウッドのような派手な演出は一切ない。

ソファに寝っ転がって観たが、途中で寝落ちしなかった。何か惹きつけられるものがあったんだとは思うが、一体なんだったのだろう。
そして、それ以上に不思議だったのは、予約録画をセットした記憶は一切ないのに、この映画が突然録画されていたことだ。

何故だろう?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒックス伍長

3.0キューブリックが

こなさん
2021年12月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こな
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る