“地獄の映画体験”にようこそ… 史上最恐クラスの絶望映画「ヘンリー」特別上映決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月25日 > “地獄の映画体験”にようこそ… 史上最恐クラスの絶望映画「ヘンリー」特別上映決定
メニュー

“地獄の映画体験”にようこそ… 史上最恐クラスの絶望映画「ヘンリー」特別上映決定

2019年3月25日 17:00

全米で300人以上を殺害したシリアルキラーを描く「ヘンリー」

全米で300人以上を殺害したシリアルキラーを描く
(C)1986 MALJACK PRODUCTIONS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 300人以上の女性を殺害した実在のシリアルキラー、ヘンリー・リー・ルーカスを描いた映画「ヘンリー」(1986)が、大阪・シネマート心斎橋や東京・シネマート新宿などで4月13日から特別上映されることが決定した。サイコサスペンスの金字塔「ザ・バニシング 消失」(88)の日本初公開(4月12日)を記念し、同作の封切り館で限定上映。心が深く凍りつくような余韻を残す“地獄の映画体験”へと、観客を誘う。

86年にアメリカで製作された「ヘンリー」は、全米で300人以上を殺害したとされる連続殺人鬼、ヘンリー・リー・ルーカスの日常を、淡々と冷徹に描いた犯罪スリラー。流血や残虐シーンはほとんどないにもかかわらず、放たれる空気感と徹底したドキュメンタリータッチにより“史上最も恐ろしい映画”のひとつとして記憶されている。

完成した86年当時、「13日の金曜日」のようなホラーを望んでいた出資会社は、「ヘンリー」の一切の感情を寄せつけない内容に唖然。さらにはMPAA(アメリカ映画協会)により“X指定”を受けたことにより、数年間、正式な劇場公開が見送られていた。90年、封印が解かれアメリカで上映が始まり、92年には日本上陸も果たしている。

監督・製作・脚本・音楽は、「ワイルドシングス」「恋に落ちたら…」などのジョン・マクノートン。ヘンリー役は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のヨンドゥ役で知られるマイケル・ルーカーが担っている。「ヘンリー」は、シネマート心斎橋で4月13日と19日、シネマート新宿で23日と28日、愛知・名古屋シネマテークと石川・シネモンドで5月4日~10日に上映。時期は未定だが、京都・出町座と愛媛・シネマルナティックでも決定している。

(映画.com速報)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,125 全員が犯罪歴をもつお尋ね者たちがチームを組み、銀河滅亡の危機を阻止する戦いに巻き込まれていく姿を描いたマーベルコミックの映画化作。
ワイルドシングス エロティック・バージョン[DVD] ワイルドシングス エロティック・バージョン[DVD] 最安価格: ¥991 フロリダを舞台にスリリングな男女の駆け引きが展開するサスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報