米ディズニーの公開作が倍増 21世紀フォックス買収完了により : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月25日 > 米ディズニーの公開作が倍増 21世紀フォックス買収完了により
メニュー

米ディズニーの公開作が倍増 21世紀フォックス買収完了により

2019年3月25日 16:00

人気フランチャイズ作品も手中に「フォード vs. フェラーリ(仮題)」

人気フランチャイズ作品も手中に
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーによる21世紀フォックスの買収が3月20日(現地時間)、完了した。

2006年にピクサー(74億ドル)、10年にマーベル(40億ドル)、12年にルーカスフィルム(40億ドル)と拡大路線を展開してきたディズニーにとっても、21世紀フォックスの買収額は713億ドルとケタ違いだ。映画に関しては、20世紀フォックス、FOX2000、フォックス・サーチライトという3つの会社を獲得。ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」シリーズ、「キングスマン」シリーズ、「デッドプール」を含む「X-MEN」シリーズといったフランチャイズ作品を手に入れたことになる。

フォックス作品には、ディズニーが手がけていない大人向けのドラマも数多くある。クリスチャン・ベールマット・デイモン共演の「フォード vs. フェラーリ(仮題)」(ジェームズ・マンゴールド監督)、エイミー・アダムスジュリアン・ムーアが共演する「The Woman in the Window(原題)」(ジョー・ライト監督)などが公開を控えている。

現在から20年1月1日までにディズニーが公開を予定している作品は10本あるが、フォックス作品(フォックス・サーチライト作品は除く)も10本のため、年間を通じて新作を供給することができるようになった。ただし、ディズニーの実写映画版「アラジン」(ガイ・リッチー監督)の全米公開日5月24日には、ブラッド・ピット主演のフォックス映画「アド・アストラ(原題)」(ジェームズ・グレイ監督)が重複するなど、配給や宣伝で調整が今後必要となりそうだ。

昨年の北米映画興行におけるディズニーのシェアは26%だったが、フォックスの買収により独走態勢に入りそうだ。

(映画.com速報)
キングスマン[Blu-ray/ブルーレイ] キングスマン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,375 コリン・ファース主演、「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。
デッドプール[DVD] デッドプール[DVD] 最安価格: ¥899 マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報