蜜蜂と遠雷

劇場公開日:

蜜蜂と遠雷

解説

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4人のピアニストたち。母の死をきっかけにピアノが弾けなくなったかつての天才少女・栄伝亜夜は、7年の時を経て再びコンクールへの出場を決意する。音大出身だが現在は楽器店で働くコンクール年齢制限ギリギリの高島明石は、家族の応援を背に最後の挑戦に臨む。名門ジュリアード音楽院在籍中で完璧な演奏技術と感性を併せ持つマサル・C・レビ=アナトールは、優勝候補として注目されている。そして、パリで行われたオーディションに突如現れた謎の少年・風間塵は、先ごろ亡くなった世界最高峰のピアニストからの「推薦状」を持っており、そのすさまじい演奏で見る者すべてを圧倒していく。熱い戦いの中で互いに刺激しあい、それぞれ葛藤しながらも成長していく4人だったが……。松岡が亜夜を演じるほか、松坂桃李が明石、森崎がマサルに扮し、映画初出演の新星・鈴鹿央士が塵に抜てきされた。監督・脚本は「愚行録」の石川慶。

2019年製作/119分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀主演女優賞 松岡茉優
新人俳優賞 鈴鹿央士
新人俳優賞 森崎ウィン
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

映画レビュー

3.5偉大な原作に挑んだ作り手に敬意

2020年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

恩田陸氏の原作があまりにも傑作のため、映画化と聞いた際には「なんと無謀な!」と思ったが、とにもかくにも作り手たちに祝福の喝さいをおくりたい。
ピアノ経験のある松岡茉優は、きっと現場でのたうち回るほど悪戦苦闘したはずだし、松坂桃李をはじめとする他キャストも然り。膨大なページ数を誇った原作をまとめ上げたのだから、多少ダイジェスト感は否めなかったし、石川慶監督であればもっと出来たはずという思いもあるが、音楽の波にどっぷりと浸かることのできる119分であることは保証する。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
大塚史貴

5.0天才から見える世界

2019年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

天才とはどんな生き物であるのか、凡人の我々にこうもわかりやすく理解させてくれる作品はなかなかないのではないか。天才ピアニストたちの音楽がどこからやって来て、どんな世界とつながっているのか、彼ら・彼女らが観ている地平を凡人にも見せてくれる。「天才たちの見える世界」という、普段体験できない世界を見せてくれるという点で、平凡なファンタジー映画よりもよほど未知の体験を与えてくれる作品だ。海の向こうに見える遠雷に天才たちは何を見たのか。映像でそれをわからせる手腕が見事。
主要な役者はみな素晴らしいが、やはり新人の鈴鹿央士の存在感が素晴らしい。本当にこんな生まれながらの天才に見える少年がいることに驚いた。石川監督の役者を見抜く力を実感した。今年最も心を揺さぶられた日本映画の一本だった。

コメントする (0件)
共感した! 27件)
杉本穂高

2.0音楽芸術門外漢の私には、ため息をつくばかりの世界で…

2022年11月9日
スマートフォンから投稿

たまたま、TV放映されて間もない
「旅立ちの時」と「蜜蜂と遠雷」を
続けて観たら、2作品共に
音の出ない鍵盤で練習するシーンが
描かれていてその偶然性にまず驚いた。

音楽感性に秀でた人は
空鍵盤でも音を頭の中で奏でることの出来る
ことは、音楽芸術門外漢の私には
創造性を超える驚くべき世界で、
この作品のコンクールシステム等々、
音楽芸術の世界に全く理解が及ばない結果、
ただただ縁遠い場所に足を踏み入れたような
気がして、ため息をつくばかりで
鑑賞を終えてしまった。

それにしても、この作品に登場する人々は
超一流とは言えないのかも知れないが、
でもこの世界の頂点の一角。
その裾野には、他の分野以上に
優劣を突き付けられ一流に成りきれなかった
数え切れない関係者がいるのかと思うと、
複雑な気持ちも湧いた。
そこに想いを寄せる存在として登場させて
いるのが、妻子ある楽器店勤めの
サラリーマンだとしても。

全く理解の及ばない物語ではあったが、
原作者が触れているのは、
あえて、こんなことなのかなと想像すると、
“音楽と家族”と“音楽と自然”的な描写や
“世界は音楽に溢れている”との台詞もあり、
登場人物の成長を通じての
音楽芸術賛歌の作品に思えた。

ただ、原作の題名に使われている
“蜜蜂”と“遠雷”の意味については、
少なくともこの映画の範囲の中では
理解が及ばなかったし、
原作に有る無しの関係は分からないが、
意味不明の描写を多く感じたり、
キネマ旬報邦画第5位の作品にしては、
まとまりの悪い編集には感じた。

コメントする 1件)
共感した! 4件)
KENZO一級建築士事務所

3.5人生をかけている演奏

2022年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

松岡茉優扮する栄伝亜夜は、国際ピアノコンクールの予選に臨んだ。亜夜はかつてコンクールをドタキャンした事があった。
コンクールで完璧を目指すのか、生活者に根ざした音楽か、即興で楽しむのか、演奏者それぞれなんだね。素人では分からないところだが、緊張感は伝わってくるね。人生をかけている演奏を聞き比べられる耳があるといいね。題名の由来がわからなかったな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
重
すべての映画レビューを見る(全402件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る