麻雀放浪記2020

劇場公開日

麻雀放浪記2020
麻雀放浪記2020
5%
19%
39%
20%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、主人公が1945年から2020年にタイムスリップするという大胆なアレンジを加え、斎藤工主演&白石和彌監督で再映画化。新たな世界大戦の勃発により、東京オリンピックが中止となった2020年の東京。人口は大幅に減少し、AIに労働が取って代わられた結果、失業者と老人が街にあふれていた。そんな荒廃した東京に、坊や哲が1945年の戦後復興期の時代からタイムスリップしてやってくる。坊や哲が目にしたのは75年の時を経た、驚がくの世界だった。坊や哲は思わぬ状況で立ちはだかるゲーム「麻雀」で死闘を繰り広げていくが……。斎藤が主人公・坊や哲を演じるほか、竹中直人、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫らが顔をそろえる。

2019年製作/118分/PG12/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

映画レビュー

4.0白石和彌監督の毒気は今の日本で貴重

2019年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

第三次世界大戦で2020年の東京五輪が開催中止になった日本、という設定が“不謹慎”と批判されるのを懸念してか、公開前にマスコミ試写が行われなかった本作。ひょっとして3月中旬のピエール瀧逮捕を事前に察知していた?というのは考えすぎか。

30代後半イケメンながら学ラン・ふんどし姿の童貞「坊や哲」を喜々として演じる斎藤工も、思えば奇特な俳優だ。映画オタクとして知られる彼の熱望により、このリメイクが決まったという。将来斎藤が製作や監督に活躍の場を広げる可能性もありそうだ。

そして、暴力とエロでエッジの効いた映画を撮り続けている白石監督。本作では大いに羽目を外しつつ、テレビ業界の軽薄さやアイドルの枕営業といった毒のある風刺をしっかり盛り込んだ。あのベッキーを起用して艶っぽい演技をさせるなど、忖度も自粛も無縁な姿勢に感服する。変に丸くなったりせず、このまま尖った映画を作り続けてほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

0.5斎藤工には悪いが

Kyonさん
2020年10月10日
iPhoneアプリから投稿

斎藤工はかっこいいが
斎藤工には悪いが、終始下品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kyon

1.5麻雀がわからない💦

2020年8月24日
iPhoneアプリから投稿

 麻雀は全くわからない。当然出来ない。結婚した頃、ダンナの家族はみんな麻雀をやるので、お盆正月集まった時に出来ると楽しめるからと、覚えれば?と勧められたけど、、、無理だった。あまり気乗りせず、頭にも入らず🤣麻雀が出来たらこの映画をもっと楽しめたんだろうなぁ、それともそれ以前の問題か?
 映画の中では戦争によって2020年のオリンピックが中止になったけど、コロナでオリンピックが延期になった現在、シャレにならない。
 ピエール瀧の件でお蔵入りにせず公開を決めたことは出演者はじめ制作に関わった人達にとっては良かったし、勇気ある決断だったと思う。ただ個人的な感想として「凶悪」「孤狼の血」「彼女がその名を知らない鳥たち」これらの映画が好きなので、勝手にかなり期待してしまった為、路線の違う映画だったので少し残念😞(好みではないというだけですが)

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
アンディぴっと

1.5ビックリ!

2020年8月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

和田誠監督作のモノクロによるせつなさから一変、タイムスリップコメディには驚いた。
主人公(斎藤工)は気が付いたら1945年から2020年の東京にタイムスリップしていた。
コメディだが失笑止まり、ヒロインのチャラン・ポ・ランタンのももちゃんが拾い物。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全91件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る