麻雀放浪記2020

劇場公開日

麻雀放浪記2020
4%
20%
39%
21%
16%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、主人公が1945年から2020年にタイムスリップするという大胆なアレンジを加え、斎藤工主演&白石和彌監督で再映画化。新たな世界大戦の勃発により、東京オリンピックが中止となった2020年の東京。人口は大幅に減少し、AIに労働が取って代わられた結果、失業者と老人が街にあふれていた。そんな荒廃した東京に、坊や哲が1945年の戦後復興期の時代からタイムスリップしてやってくる。坊や哲が目にしたのは75年の時を経た、驚がくの世界だった。坊や哲は思わぬ状況で立ちはだかるゲーム「麻雀」で死闘を繰り広げていくが……。斎藤が主人公・坊や哲を演じるほか、竹中直人、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫らが顔をそろえる。

2019年製作/118分/PG12/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

映画レビュー

4.0白石和彌監督の毒気は今の日本で貴重

2019年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

第三次世界大戦で2020年の東京五輪が開催中止になった日本、という設定が“不謹慎”と批判されるのを懸念してか、公開前にマスコミ試写が行われなかった本作。ひょっとして3月中旬のピエール瀧逮捕を事前に察知していた?というのは考えすぎか。

30代後半イケメンながら学ラン・ふんどし姿の童貞「坊や哲」を喜々として演じる斎藤工も、思えば奇特な俳優だ。映画オタクとして知られる彼の熱望により、このリメイクが決まったという。将来斎藤が製作や監督に活躍の場を広げる可能性もありそうだ。

そして、暴力とエロでエッジの効いた映画を撮り続けている白石監督。本作では大いに羽目を外しつつ、テレビ業界の軽薄さやアイドルの枕営業といった毒のある風刺をしっかり盛り込んだ。あのベッキーを起用して艶っぽい演技をさせるなど、忖度も自粛も無縁な姿勢に感服する。変に丸くなったりせず、このまま尖った映画を作り続けてほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
高森 郁哉

3.0薦める人を見かけたら…

CINE LADAさん
2021年10月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

難しい

一連の騒動を受け、野次馬的に観てきたわけではないのです。仕事終わりのレイトショーで観たのは「麻雀放浪記2020」。ピエール瀧は、いや、電気グルーヴは相当好きですが、「作品に罪はない」との英断のもと瀧被告の登場シーンをノーカットで公開した作品にエールを!とか、そういうウェットなチョイスじゃないんです。単に白石和彌監督作品のファンなんです。

前作「止められるか、俺たちを」の舞台挨拶で、パンフレットにサインをもらい、握手とともに「次も期待してます!」と声がけ。「次は本当にバカでくだらないヤツですから」と自信満々にこたえてくれた白石監督。そりゃ楽しみにしますよね。

で、感想。本当にバカでくだらないヤツでした(笑)。社会を痛快にえぐるような切り口が得意だと思っていたのですが、とことんクレイジー。正直、この感覚についていけない人のほうが多いと思うので、人に奨めるのは憚ります。奨める人を見かけたら、騙されていると思ったほうがいいでしょう。

でも、個人的には大好きな作品。パンフレットに「いまこの国に欠けている映画を撮って、盛大に燃え尽きてやろうと思いました」という白石監督の言葉が載っています。瀧の件で悪目立ちした感は否めませんが、結果的にエンタメ業界の過剰な反応に一石を投じた本作。極めてパンクです。瀧被告のシーンをカットしたら、この作品に課された使命の80%は死んでしまうでしょう。ノーカットに納得。やりやがったぜ。

それにしても、薬物、逮捕、ワイドショー、謝罪会見、そして髪型。アレって壮大なプロモーション?と勘違いしてしまうこと間違いなしの怒涛の展開。音楽はagraphこと牛尾憲輔。電気ファンは、観て白石監督と東映さんに感謝の意を伝えましょう。薦める人のうち、多くは電気ファンかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CINE LADA

2.0u-next で鑑賞せいごくんありがとう

chicago80さん
2021年9月17日
Androidアプリから投稿

20210917
ピエール瀧が覚せい剤で捕まったことでお蔵入りになる恐れがあったが公開されたことで話題になった。チャランポランタンのももが斎藤工の恋人役で出ている。役者は斎藤工や竹中直人やベッキーとか話題の人が多いがストーリーが非常につまらなかった。ひどい脚本だったと思う。
役者もほぼ素人みたいな人が多く何で作ったのかなと不思議になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chicago80

0.5これ本当に劇場で公開してたの?

2021年6月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ここ数年観た中で最低の映画。適当に作ったVシネマかなんかかと思った。阿佐田哲也へのリスペクトとかパロディ云々とかいうレベルではなく、あえてくだらないモン作ってやろうというひねくれた熱情さえ全く感じられず。斎藤工は映画評論とかするならもう少し自分が出る映画も選ばんかい。
唯一の収穫は自己中心派のサブキャラ、タラコ唇のバビィが解説で出てたことくらいか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あっきー
すべての映画レビューを見る(全100件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る