麻雀放浪記2020

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
麻雀放浪記2020
5%
21%
38%
19%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、主人公が1945年から2020年にタイムスリップするという大胆なアレンジを加え、斎藤工主演&白石和彌監督で再映画化。新たな世界大戦の勃発により、東京オリンピックが中止となった2020年の東京。人口は大幅に減少し、AIに労働が取って代わられた結果、失業者と老人が街にあふれていた。そんな荒廃した東京に、坊や哲が1945年の戦後復興期の時代からタイムスリップしてやってくる。坊や哲が目にしたのは75年の時を経た、驚がくの世界だった。坊や哲は思わぬ状況で立ちはだかるゲーム「麻雀」で死闘を繰り広げていくが……。斎藤が主人公・坊や哲を演じるほか、竹中直人、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫らが顔をそろえる。

2019年製作/118分/PG12/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

映画レビュー

4.0白石和彌監督の毒気は今の日本で貴重

AuVisさん
2019年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

第三次世界大戦で2020年の東京五輪が開催中止になった日本、という設定が“不謹慎”と批判されるのを懸念してか、公開前にマスコミ試写が行われなかった本作。ひょっとして3月中旬のピエール瀧逮捕を事前に察知していた?というのは考えすぎか。

30代後半イケメンながら学ラン・ふんどし姿の童貞「坊や哲」を喜々として演じる斎藤工も、思えば奇特な俳優だ。映画オタクとして知られる彼の熱望により、このリメイクが決まったという。将来斎藤が製作や監督に活躍の場を広げる可能性もありそうだ。

そして、暴力とエロでエッジの効いた映画を撮り続けている白石監督。本作では大いに羽目を外しつつ、テレビ業界の軽薄さやアイドルの枕営業といった毒のある風刺をしっかり盛り込んだ。あのベッキーを起用して艶っぽい演技をさせるなど、忖度も自粛も無縁な姿勢に感服する。変に丸くなったりせず、このまま尖った映画を作り続けてほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
AuVis

0.5いわく付きなんで、一応観たけど

2019年10月16日
PCから投稿

想像どおりスカでした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

1.5白石監督の駄作打ち

近大さん
2019年9月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』…。
白石和彌監督は、今日本映画で最も好きな監督だ。
新作が発表されると必ずリストアップするほど気になり、実際見たらその年のMY BESTに選出する事もしばしば。
今年も『ひとよ』が非常に見たい!

…アレ? これって、いつぞやメチャ好きだったある監督に似ている。
園子温。
園子温の作品も見たらその年のMY BESTにしばしば選出したり、新作も必ず要チェックしていた。
が、売れっ子になって作品を乱打するようになってから、作品の質が落ち、次第に関心が…。

白石監督も今、年に2~3本ペースの売れっ子ぶり。
思えば、昨年の『サニー/32』が黄色信号だったのかもしれない。
そして、白石監督の今後のキャリアを心配させるような本作…。

白石監督があの『麻雀放浪記』を再映画化する!
当初はワクワク!
自分は麻雀についてはルールも知らなければ全く興味も無いが、その昔見た1984年のオリジナル版は非常に面白かった事を記憶している。
スリリングで、渋く、冷徹ですらあるハードボイルドな麻雀の世界とそれで食っていく者たちの闘い。
白石監督の『凶悪』『孤狼の血』の手腕を以てすれば、名作であるオリジナルにも負けない勝負に期待出来そう。
…が! 続報を聞いてびっくり仰天。

終戦間もない麻雀の世界で生きる若者・哲が、2020年の東京にタイムスリップし…。

…ハァ!?

アレ? オリジナルってそんな話…?
…いやいや! オリジナルは大分昔に見て詳細はほとんど忘れてしまっているが、そんな話じゃなかった事ははっきり断言出来る。
徐々に濃厚になっていく不安要素。
それは、出演者のトラブルやいざ公開されてからの酷評でさらに拍車。
で、実際に見てみたら…、
嗚呼、これはもう…。

まず、何故にタイムスリップ? SF要素?
オリジナルのままの設定じゃダメなの…?
そのカルチャー・ギャップが笑いを生むが、あの徹底したハードボイルドの世界がコメディ調に…。
セグウェイに乗って移動する東京五輪組織委員会のヘンな奴ら、麻雀メイドにフリフリコスプレ…。
不必要なエロやナンセンスな設定に笑い…。
果ては麻雀AIロボットまで!

何じゃこりゃ!?

少なからずハイテクや管理社会を皮肉ってもいる。
来る東京五輪後を想像させるような荒廃や貧困…。
でもそれらも、チープな近未来映画の劣化版。
極め付けは、麻雀に興味無い自分が言うのも何だが、麻雀の本気度や熱を全く感じられない。
一応所々麻雀シーンを挟み、クライマックスは最大見せ場の麻雀勝負が設けられているが…
スリリングな麻雀勝負というより、大袈裟な演出や音響でごまかしたゲーム感覚のペテン試合…。

主演・斎藤工の念願の企画だったらしいが、こんなのを望んでいたのか…?
本当は、『凶悪』や『孤狼の血』のようなタッチでの『麻雀放浪記』にしたかったに違いない。
別に白石監督一人だけが悪いんじゃなく、こんな話を書いた脚本家、こんな設定にOKを出したプロデューサー、そもそも企画を通した製作会社に問題あり。
キャストのバカげた珍演も言わずもがな。
“ベッキーママ”は百歩譲っても、“ベッキーロボ”は何なの、アレ!?
お蔵入りの危機にまでさせた某キャストのトラブルについては…、好きな役者だっただけに、心底反省して下さい!

これは、ふざけて作ったのか? だとしたら、オリジナルを侮辱している。
真面目に作ったのか? だとしたら、あまりにも残念過ぎる。
見てるこっちの方がポスターの斎藤工のようにパンクしてしまいそうな、トンデモ駄作!

白石監督は第2の園子温になってしまうのか…?
いや、まだまだ、『ひとよ』や意欲的な新作に期待したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

4.0娯楽作品の粗野な魅力が詰まっている

2019年9月7日
iPhoneアプリから投稿

くだらないを突き詰めた結果、よりくだらない作品となっている。
そのくだらなさは、この世の中の節操のなさ、利己的な人間の愚かしさを浮き彫りにする。
社会風刺的な要素もあるが、それ以上にいろんな方向にケンカを売っているようで危なっかしい。
でも、本来娯楽とはバカバカしいものだし、誰かの気分を損ねても気を使うことなくバカをやり抜くんだという意志のようなものを感じた。
泣かせる話、考えさせられる話、タメになる話、映画に限らずまるで正座しながら正しさを享受することが良しとされるような時代の空気に対して、そんな人達を怒らせて、呆れされて、その後に何故居心地が悪かったのか考えさせることが監督の意図なのか、と邪推してしまう。
それほどにこの映画は粗野な魅力が詰まっている。
あと、個人的にベッキーの艶やかさにやられた。
どん底を見た人間の底力も感じた。
ピエール瀧の演技もまた見たい。
その時はまた白石監督作品で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
grantorino
すべての映画レビューを見る(全84件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る