無限ファンデーション

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
無限ファンデーション
無限ファンデーション
8%
31%
50%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「お盆の弟」の大崎章監督が西山小雨の楽曲「未来へ」を原案に、未来へと向かう10代の少女たちの姿を即興芝居で紡いでいく青春映画。気鋭の映像作家とミュージシャンがコラボレーションした作品を輩出し、若手映画監督の登竜門にもなっている「MOOSIC LAB」の2018年度長編部門で女優賞、ベストミュージシャン賞を受賞。人付き合いが苦手な女子高生・未来はある日、リサイクル施設から聞こえてくる澄んだ歌声に導かれ、不思議な少女・小雨と出会う。そして、未来が描いた洋服のデザイン画を目にしたナノカたちに誘われて、演劇部に衣装スタッフとして入部することになる。未来は戸惑いながらも少しずつ小雨やナノカたちに心を開いていった。そんな彼女たちのひと夏は思いがけない方向へと走り出していく。「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の南沙良が主人公・未来役を演じるほか、「はらはらなのか。」の原菜乃華、「僕に、会いたかった」の小野花梨らが脇を固める。

2017年製作/102分/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0タイトルは素敵

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

萌える

無限ファンデーション。ベテラン大崎章監督からは想像つかないタイトルです。
インディに近い作品と割り切って観賞すれば南早良の魅力や西山小雨の心地良いメロディに気づくだけでも儲けもんでしょう。
全編即興劇という実験的試みをしてます。これはどうでしょうか。上手い人とそうでもない人がいるため、なんかちぐはぐ。放課後行くリサイクル施設がやけにポップですね。先生役が全く駄目。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

2.5夢への階段途中、広がる無限ファンデーション。

2020年3月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

人付き合いが苦手で尚且つ夏休みの補習を受けている未来は帰り際リサイクル場からある歌声が聴こえて、小雨と出会う。
彼女の出会いから趣味で服飾デザインを好む未来には、演劇部より服飾デザイナーの勧誘も来て人付き合いがよくなり、自分の道が開けて行くが、、、、。

即興劇だと知らなければ、しどろもどろ感、たらたら感があるので嫌がる鑑賞者もいるだろう。

「演劇部ネタを即興で演じる」設定には好感は持てる。
夢への階段途中生徒達映画にはピッタリな雰囲気でしたし。
しかし、メジャー作品が都合上作れない配給会社らしく、あくまでも「演劇部ウラ話」であり「演劇」には力は入っていない。(入れれない理由も役者で悟れる。)

即興感は「ワンテイクにもっと気持ちを込めて撮影出来なかったのかな?」と思うシーンがあり残念である。
(演劇部顧問の独り言シーン、小雨独り言シーン。言葉が詰まり、ギリギリで編集カットしているがそこは監督の見せ所では?)

スプレー事件はどうにもならんだろう💦
エンディングは志乃ちゃんですか?w

設定・即興劇は悪くない。しかし、演劇部ネタとすれば別映画「幕が上がる」の方が役者に心がこもっているし、やる気も上。
(少し映画の種は違いますが)

未来、小雨、ナノカ以外の役者どうにかならなかったか?
即興劇<素人役者であり残念。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
巫女雷男

4.0即興劇でしか出せない青春

andhyphenさん
2019年12月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

全編即興劇。7日間で撮影されたそうだ。
元々は西山小雨(本作で初めて知りました...すみません)のMVを撮る予定が膨らみに膨らみ、脚本も膨らみ、結局即興劇に落ち着いたそうだ。凄いな。
少女の鬱屈とか、諦めとか、夢とか、目標とか、恐れとか。即興劇だからなのか、出てくる言葉に飾りというか、遊びがない。特に部活のシーンなどは。
南沙良が演じる未来は、大変な奥手というか、自己表現が下手で、補習中も絵ばかり描いているような、どこか夢想的な女の子だ。だからこそ彼女は「小雨」と出会うことになるのだ。
上昇志向とプライドの高さに無自覚なナノカ(彼女は役名そのまんまなのね)、それを身を持って体感して複雑な思いを抱くユリ。そして未来。ちょっとした女子三角関係。あるよね、ああいう微妙な関係性。女子は特に。
高校1年生ってまだあまりにも未来があるしなんでも選べるのに、ああいう風に惑うんだよなあという気持ちになった。そして逆に、ものすごく自分を信じていたりもする。まだ見ぬ挫折を恐れたり、挫折というものを知らなかったり。
そういう女の子を見守る大人たち。母、先生、そして小雨(大人、ではないけど大人)。さりげなく写真で出演する渋川清彦も。
これから先も色々あるんだろうなあ、という終わり方だし、ひとつの結末で終わりでない人生、青春の物語かな、と。だから主題歌が「未来へ」なのがしみる。
ところで、先生と小雨が突然インタビューっぽくなるシーンは、あれは「2/デュオ」のオマージュなのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
andhyphen

3.0取り組みは面白いが…

2019年10月7日
iPhoneアプリから投稿

即興劇らしいセリフ回しや間があまり好きではなかったが、そこも緊張感があって良かったと思うべきなのだろう。
南沙良はこういう役が多すぎる。もっと明るい役を見てみたい。

カメラワークはよく分からなかった。
いくら即興劇とはいえ、ワンカットでは無いのでカメラは数台用意されていた。
全部回しながらセリフに合わせてカット割りをしたんだと思うけれど、それにしても役者と役者の被りが多すぎて見ていられないし、
1台のカメラはずーーーっとレンズに汚れがあってそればかり気になってしまった。
撮る側としてはカメラが多ければ映り込みを気にするのは分かるけれど、喋ってる俳優さんを撮るだけではなく次に誰が喋るかを予想したカメラ回しが必要なんだと感じたし、
それが難しいのであればもっと広角で撮ればよかったのではなかったろうか。(特に教室?でのシーン)

ただし、小雨さんの曲はそれはそれは最高でした。あの曲があって成り立つ映画でした。
本気で応援したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ちゃーるすとん
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「無限ファンデーション」以外にこんな作品をCheck-inしています。