37セカンズ

劇場公開日

37セカンズ
47%
46%
5%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

出生時に37秒間呼吸ができなかったために、手足が自由に動かない身体になってしまった女性の自己発見と成長を描き、第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で観客賞とCICAEアートシネマ賞を受賞した人間ドラマ。脳性麻痺の貴田夢馬(ユマ)は、異常なほどに過保護な母親のもとで車椅子生活を送りながら、漫画家のゴーストライターとして空想の世界を描き続けていた。自立するためアダルト漫画の執筆を望むユマだったが、リアルな性体験がないと良い漫画は描けないと言われてしまう。ユマの新しい友人で障がい者専門の娼婦である舞は、ユマに外の世界を見せる。しかし、それを知ったユマの母親が激怒してしまい……。主人公のユマと同じく出生時に数秒間呼吸が止まったことによる脳性麻痺を抱えながらも社会福祉士として活動していた佳山明が、オーディションで見いだされ主演に抜てき。母親役を神野三鈴、主人公の挑戦を支えるヘルパー・俊哉役を大東駿介、友人・舞役を渡辺真起子がそれぞれ演じる。ロサンゼルスを拠点に活動するHIKARI監督の長編デビュー作。

2019年製作/115分/PG12/日本・アメリカ合作
配給:エレファントハウス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)37Seconds filmpartners

映画レビュー

5.0アウトサイダーが偏見も因習も忖度もぶっ飛ばし、隠されがちな存在を可視化する

2020年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

革命は辺境より来たる。むかし歴史で習った言葉を思い出した。

本作は多くのアウトサイダーたち(マイノリティーと言い換えてもいい)が関わって生まれ、世に送り出された。若くして単身渡米し人生模索ののち、30歳で映画監督を志したHIKARI。脳性麻痺を抱えながら社会福祉士として働き、演技未経験ながら、ヌードや性的な場面もあるユマ役をオーディションで勝ち取った佳山明。脚本には佳山自身の人生や家族の要素に加え、障害者の性に関する支援をする介護士、野良猫のように何にも縛られず介護支援を行う「のらヘルパー」らとの出会いも反映されたという。常識や前例や同調圧力にとわられずに生きる彼女ら、彼らだからこそ、障害を持つ女性が勇気を出して人生の冒険に踏み出すストーリーを、普遍の成長物語に昇華できたのだろう。

始まってものの5分で心を鷲掴みにされる。4Kの映像は美麗で、時に残酷だ。日本社会では不可視の存在とされがちな障害者の、性的な要素を含む生活と内面に光を当てた功績は大きい。この傑作が偏見や差別を減らす力になると強く信じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高森 郁哉

4.0ボ〜っと生きてんじゃねーよ!!(笑)

2021年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

萌える

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
以前の投稿の削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」として

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============

ノーマークの作品でしたがTBSラジオの番組
ライムスター宇多丸の
「アフターシックスジャンクション」で
リスナー推薦枠で紹介されることになったので

興味を持って観に行きました。

よく言われることだけど
障碍が有っても無くても
頭の中で考える事はみんな同じで
嫉妬や反発もすれば性欲だってある。

ただ、ちゃんと行動に移すか移せないか〜

そういう意味では言い訳ばかりして
何もしようとしない健常者よりも

この映画の主人公の方が
よっぽど前向きで
傷つくことを恐れない強さがあって

ボ〜っと生きてんじゃねーよ! と、

ブン殴られた様な気恥ずかしさを感じました。
私も第二の人生への出会い系頑張ってみようかな〜(笑)
何かを変えたくても一歩踏み出せない方!
ぜひご覧下さい!!

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

いや〜〜頑張ったよね〜〜主演の佳山明さん!!
この映画のためにオーデションで選ばれた

本当に障碍を持って生まれた女性!
この映画の主人公も私から見れば
とても大胆な冒険に走るのだけど
それを演じた彼女も大冒険だったでしょう。
お疲れ様です!!

そして、出て来る中堅女優さんがみんないい仕事してる!!

母親役の神野三鈴(かみのみすず)さん!!
障碍者専門の売春婦を演じた渡辺真起子さん!
出版社の編集長役の板谷由夏さん!!

この辺りの女優さんが出て来ると画面が安心!!
みんな素敵!!

障碍者のセックスと自立を扱った映画として
1913年に日本公開された「セッションズ」を思い出すけど
この映画はそれほどセックスに絞った話では無く
障碍の無い人が、
障碍の有る人を
どこまで手伝えば良いのか?
みたいな話だと思いました。

駅などで障碍者をよく見かけしますが
何かを手伝ってもらうたび、
「ありがとう」「すいません」を連発してる。

障碍がなければわざわざ言う必要のない言葉を

健常者の自己満足のために言わされてる様に
見える時もある。

障碍者をよく見て、本当にできないことだけ、
お手伝いすれば良いのでは?といつも思います。

@お勧めの鑑賞方法は?
この新人監督HIKARIさんを応援する意味で
劇場で観て下さい!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

4.0障害者、その親、その兄弟姉妹、支援者、友人、仕事そして性。 障害者...

Yoshi Kさん
2021年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

障害者、その親、その兄弟姉妹、支援者、友人、仕事そして性。
障害者本人を取り巻く環境がとてもリアルに描かれており、それぞれの立場、それぞれ想いに観ている側も心が揺さぶられました。
佳山さんの演技がほんと自然体で、ドキュメンタリーを見ているようでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoshi K

3.0甲高い声の主人公が

Miya-nさん
2021年5月1日
iPhoneアプリから投稿

最初のか弱さから、最後は全てを包み込む優しさに変わっていく。
母、編集長、性介護士とそれぞれの女性が見せる芯の強さも魅力的だった。
ある意味、yukaもそうかも。
ディルドやゲイバーが出てくるのもマイノリティやの象徴だからかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Miya-n
すべての映画レビューを見る(全150件)